My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

家具裏話

レトロな顔してガチな空気循環。ボルネードのサーキュレーターを使ってみた

レトロでおしゃれなインテリアにもなるサーキュレーターボルネード。その見た目と裏腹に実はプロペラの研究で生まれたすごいやつ。何日か使ったメリットデメリットをレビュー。

ドイツのふきんBlitz(ブリッツ)で臭いもゴミもキッチンペーパーもバイバイ

台拭きを車用クロスからドイツのふきんブリッツにしてみたレビュー。吸水性が高く速乾で車用クロスに似た使い心地。でも大きく違うのは100%自然素材ということ。だからキッチンペーパーもやめることになりました。

お手入れ簡単洗剤ボトル。サラサデザインのスクィーズボトルを使ってみた

洗剤の詰め替えに悩んだ挙句あずっと使えそうなのもを発見。サラサデザインのスクイウィーズボトルに。しばらく使って見えてきたメリットデメリット。

断線知らず?楽しく変形サンワのiPhoneフレキシブルアームケーブル使ってみた

断線しにくく巻き取りもできて買いやすいiPhoneのライトニングケーブルないかな?発見!サンワダイレクトのフレキシブルアームケーブル。強くて変形できる実用も楽しさも兼ねたケーブルを使ったレビュー。ものにはメリットもデメリットもあり。

フレンステッドモビールでユラユラ。疲れたあなたも小さなお子さんも笑顔が生まれるプレゼント

姪っ子が生まれ出産祝いのプレゼントにモビールを。うちにも飾っているフレンステッドモビール。モビールはインテリア的に大きな効果がありそこに暮らす人にも笑顔をもたらす。デンマークの伝統モビールのお話。

デンマークの旅2019⑰名作チェアと泊まるHotel Alexandraのパントン部屋に宿泊

名作チェアと実際に戯れることができるコペンハーゲンのホテルアレキサンドラ。ウェグナー にフィンユールなど巨匠たちの家具がいっぱいの世界観を堪能できます。今回はヴェルナー・パントンの部屋に宿泊。彼の色使いは圧巻!

デンマークの旅2019⑭名作チェア豊富なデザインミュージアムで世界観に浸る

デザインとは見た目のだけでなく私たちの暮らしのためのもの。色や形は日常のためにあります。コペンハーゲンの美術館「デザインミュージアム・デンマーク」の展示でそれを体験しました。

<お出かけ>デンマークの旅2019⑦伝統×革新のリデザインなアルネ・ヤコブセンのホテル宿泊

コペンハーゲン旅行。偉大な建築家アルネヤコブセンのホテル宿泊記。伝統と新しさを同時に感じるデンマークらしさのある客室で家具を愛でよう。名作椅子祭りだよ!

<お出かけ>デンマークの旅2019⑦ヤコブセンホテルの憧れスイートルーム606号室へ

寝室の色をお手本にしたアルネ・ヤコブセンの名作ホテルラディソンコレクション(旧SASホテル )。憧れののスイートルーム606号室を訪ねるデンマーク旅行記6弾。

<雑貨裏話&DIY>丈夫でおしゃれなペール×ペールのゴミ箱をアイアンペイントでサビ塗装

見た目おしゃれなのに車に轢かれても平気なくらいマッチョなゴミ箱ペール×ペールのレビューとサビ塗装リメイク。アイアンペイントでインダストリアルなゴミ箱に変身。

<家電裏話>伊デザイン×日モノづくり。アリアフィーナの換気扇アリエッタ&重曹掃除に注意

イタリアのデザイン性と日本の技術が光る換気扇アリアフィーナのアリエッタレビューと換気扇掃除。アルミ素材には洗剤はいいけど重曹は注意しよう!

<設備裏話>グースネックが使い勝手も個性も。SANEI(三栄)の水栓suttoを一年使って

SANEI(三栄水栓)さんのグースネックの長いホースが特徴的な水栓sutto。ウッドワンフレームキッチンで個性的だけどシンプルな彼を一年使ってみた感想をブログでご紹介。インテリアは置くだけでなく溶け込めるかも大切です。

<雑貨裏話>使い分けで長く付き合う美しい道具。ドイツREDECKER(レデッカー)のブラシ

インテリアにも馴染むドイツのブラシレデッカー。木材やブラシ部分は用途に合わせて考えられクラフトマンシップを感じる道具です。掃除が楽しくなる道具ですが注意することもあります。

<雑貨裏話>花粉対策しつつインテリアな部屋干し。森田アルミ工業の物干しワイヤーpid 4M

花粉症が辛い時期、そして間も無く梅雨の時期。そんな時の部屋干しも楽しくしよう!お部屋に馴染み干すことが楽しくなる物干しロープpid 4Mを使ってみた感想。さあ家事を楽しくしよう。

<家具裏話>北欧漂うイギリスのアンティークやヴィンテージ家具たち。G-Planやネイサンは?

イギリスの家具というとクラシックなものを想像しますが実はそうとは限らない!G-Planやアーコールなど北欧テイストやシンプルなものもたくさん。さあ家具の歴史を覗いてみよう。

<家電裏話>セイコーC3フリップクロック②眺めて楽しいレトロ時計を使ってみたレビュー

SEIKOのレトロなデジタル時計C3フリップクロックを使ってみた感想。メリットデメリットあるけれど総合的にみて大満足です。時計を見るのが楽しくなる時計です!

<家電裏話>セイコーC3フリップクロック①確かな技術によるレトロ×デジタルの融合

新生活で時計やラジオを選ぶ方へ。セイコーC3はいかがでしょう?デジタルなのにレトロなパタパタ時計を再現した時計はあなたのお部屋を彩ってくれると思います。

<雑貨裏話>石みたいなのに軽い!機能的でリーズナブルな鉢。アマブロのアートストーン

軽くて不思議な質感の鉢amabroのart stoneにポインセチアを植え替え。リーズナブルなのに重厚感ある質感はお値段時以上。ただどんなものも完璧ではありません。

<文具裏話>デザインは問題解決のために。KOKUYOのデザイン文具GLOOを使ってみた

新商品KOKUYOの「貼る」文具シリーズGLOO。見た目はシンプルでスタイリッシュですがそのデザインは使いやすさを追求し文具を使うときの「問題解決」のためにありました。

<食器裏話>使い勝手が良くコスパ最強!ほっこりなボルミオリロッコのグラス「ボデガ」

丈夫でレンジもOKでいろんな用途に使えてシンプルでしかも安いグラスないかな。そんな願いを叶えるのがBormioli RoccoのBodega。フラットで手に馴染むフォルムは飲み物が美味しく感じる。

<車裏話>負荷はより少なく遊び心満載!Less is moreなミニクロスオーバー

BMWミニのクロスオーバーがやってきた。車に貼られた謎のステッカー「ミニマリズム Less is more」環境への負荷は少なく遊び心はよりたくさん。そんなMINIの思いが込められた車です。

<家具裏話>どん底から世界へ羽ばたくマルニ木工。山中社長のお話を聞いて。

今や世界で活躍する家具メーカーになりつつあるマルニ木工。その飛躍の前にどん底がありました。Apple本社に納品された名家具HIROSHIMAは一体どうやってできたのか?マルニの社長さんに聞いてみました。

<家具裏話>光の中ではまるで宝石。Kartellの魔法の椅子ストーンスツール

一見シンプルなプラスチックのスツール。でも光に当たるとあらびっくり。ダイヤモンドみたいに輝くカルテルのストーンスツール。暮らしの中の「綺麗だな」っていうものに感動する心を思い起こしましょう。マルセルワンダースおじ様に教えてもらいながら。

<雑貨裏話>ビニールが花瓶に変身!D-BROSの割れない不思議なフラワーベース

ビニルに水を入れると…あら不思議!花瓶に変身!使い勝手は考えれていますがそれ以上にこのフラワーベースは「楽しい」です。さあデザインを楽しもう

<家具裏話>時代を超えるマスターピースを作ったウェグナーのイージーチェアCH3

我が家の家族となったウェグナーの北欧家具CH3。北欧家具ながら無骨感とシンプルさの際立つイージーチェアです。この見た目実は機能と深い関わりがありました。

<家電裏話>一晩寝かせて確信へ。イェンセンに学ぶシンプルなアイディア術

家づくりの自分の決断に自信がない、仕事のアイディアに詰まったそんな時どうしますか?ここは一つデンマークのデザインの巨匠ヤコブイェンセン(Jacob Jensen)に教えてもらいましょう。

<ボードゲーム>暮らしがもっと好きになる。イームズのハウス・オブ・カード

ボタンに糸に石に野菜…日常にあふれるものって当たり前と思いがち。ありふれた暮らしをいいなと思えるそんなゲームがあります。イームズのHouse of Cardsをご紹介。

<家具裏話>華麗に舞うAlessiのジョウロ!アールニオのDivaがお部屋を明るくする

世の中には踊るジョウロがあります。使わず置いている時もダンス!電池が入っているのでなくデザインでそう思っちゃうのです。そんなジョウロを作ったのは86歳の現役バリバリおじいちゃん。

<家具裏話>イームズの愉快な壁面収納ハングイットオール

玄関にやってきたハーマンミラーの収納家具ハングイットオール。あれもこれも吊るして楽しく収納しよう。実はこの子は見た目とは裏腹に高い技術とデザイン性が潜んでいました…

<文具裏話>Bigな文房具BICのペンの愛され広告BIC BOY(ビックボーイ)

軽くて安くて書き味がよいフランスのペンBIC。小さなボディにものすごいテクノロジー。だけど商品だけでなく広告展開が人々に愛されるきっかけとなりました。それがサヴィニャックのビックボーイです。