My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

お出かけ(国内外)

親子でデザインを楽しめる社会科見学。池田市立図書館とカップヌードルミュージアム

デザインなんのため?皆の心地いい暮らしのため。デザインを知ると暮らしの向上に繋がります。今回は親子でデザインを楽しめる2つの無料の場所へ。池田市図書館とカップヌードルミュージアム。

コペンファクトリー見学で職人×機械が織りなす日本のものづくりを目撃

可愛らしく走りが楽しい軽自動車コペンは職人と機械の合同作業で生まれています。それをもっと知りたくて池田市のダイハツ本社コペン工場へ行ってきました。夏の大人の社会科見学へGO!

デンマークの旅。幸福は比較でなく自分で決める。ジャンテロウで暮らしを見つめる

デンマーク旅行を振り返りなぜ幸福度が高いのか考えた。彼らの考えの根底には「ヤンテの掟」がありそれが福祉国家やヒュッゲにも繋がっているのかと思います。

デンマークの旅。Irma(イヤマ)グッズはオススメのお土産。Irmaスーパーへ

日本でもグッズが人気のある北欧のイヤマちゃん。お土産としてもぴったり。デンマークのスーパーIrma(イヤマ)に行って中を探検。オーガニックのスーパーで人が生き生きと働いていました。

デンマークの旅。世界最古の遊園地チボリ公園で夜のお散歩

ディズニーが参考にしたという世界最古の遊園地コペンハーゲンのチボリ公園。夜の散歩を楽しもう。のほほん系?いや意外と絶叫系!デンマーク人たちの違う一面が覗けました。

デンマークの旅。名作チェアと泊まるHotel Alexandraのパントン部屋に宿泊

名作チェアと実際に戯れることができるコペンハーゲンのホテルアレキサンドラ。ウェグナー にフィンユールなど巨匠たちの家具がいっぱいの世界観を堪能できます。今回はヴェルナー・パントンの部屋に宿泊。彼の色使いは圧巻!

デンマークの旅。オタクを極めるデンマークの教育制度は職人の地位を高める

職人の地位が高いデンマーク。その秘密は教育制度とオタクにあった?!デザイン美術館を歩きながら日本の教育制度や大学無償化を考えてみた。

デンマークの旅。北欧家具はなぜ人気?デザイン美術館で探ってみる

Yチェアにセブンチェア、マリメッコ。すっかり定着した北欧インテリア。なぜ人気なのか?その秘密をデザインミュージアムデンマークで探ってみた。デンマーク旅行第15弾はデザイン美術館。

デンマークの旅。名作チェア豊富なデザインミュージアムで世界観に浸る

デザインとは見た目のだけでなく私たちの暮らしのためのもの。色や形は日常のためにあります。コペンハーゲンの美術館「デザインミュージアム・デンマーク」の展示でそれを体験しました。

デンマークの旅。ランドリーカフェLaundromat Cafeは地元のたまり場

最近注目を集めるカフェ併設のコインランドリー。いわゆるコインランドリーカフェ。コペンハーゲンのLaundromat Cafeはオサレ系というより地元系だった。洗濯をしつつお茶を飲みながら人間観察。

デンマークの旅。所得税半分&消費税25%で投票率80%。福祉国家は幸せ?

残業もなく医療費無料。でも消費税25%で所得税半分。デンマーク人は幸せなのか?コペンハーゲンを旅行し民泊で聞いてみた。

デンマークの旅。デンマーク人の暮らしって?家や家具事情を民泊で探る

素敵なデザインに溢れ古いものを大事にするデンマーク。実際の家や家具はどうなのか民泊で突撃取材。コペンハーゲン旅行第11弾は海外の暮らしのお話。

デンマークの旅。フリッツハンセン&HAYを聖地巡礼。お土産は安くない?

デンマーク旅行記。HAYにフリッツハンセン。コペンハーゲンで名作家具の本店探訪。デパートのイルムスで雑貨を物色。でもお土産は安くなかった!

デンマークの旅。公共交通機関は難しい?!乗り方を理解してサクッと観光

コペンハーゲン旅行記。デンマークの交通手段って便利だけど最初が難しい!バス電車メトロはゾーン制を理解すると乗りやすくなります。観光地をサクッと周り王立図書館ブラックダイアモンドへ。

デンマークの旅。物価高い!マックセット1000円超?!消費税25%だから家で料理

消費税25%の国デンマーク旅行の食レポ。マクドナルドや回転寿司などその物価の高さに驚愕。だから帰国して手作りデンマーク料理を作りました。デンマークの人たちも自炊が基本みたいですね。

デンマークの旅。伝統×革新のリデザインなアルネ・ヤコブセンのホテル宿泊

コペンハーゲン旅行。偉大な建築家アルネヤコブセンのホテル宿泊記。伝統と新しさを同時に感じるデンマークらしさのある客室で家具を愛でよう。名作椅子祭りだよ!

デンマークの旅。ヤコブセンホテルの憧れスイートルーム606号室へ

寝室の色をお手本にしたアルネ・ヤコブセンの名作ホテルラディソンコレクション(旧SASホテル )。憧れののスイートルーム606号室を訪ねるデンマーク旅行記6弾。

デンマークの旅。自転車大国デンマークの実際。暮らしも観光もエコに

エコな国デンマーク。コペンハーゲンの街を歩いて自転車大国の実態を探ってみた。自転車高速道路に専用レーン。 地形も国の政策も自転車利用を推奨しエコな環境を作ろうとしている様子。

デンマークの旅。コペンハーゲン中央駅への行き方。駅建築で歴史探訪

デンマーク旅行記。空港からコペンハーゲン中央駅へアクセス。天井や建物の造形から歴史を感じてきました。100年続く建物を直しつつ新しいものを取り入れるデンマーク。日本の建物にも長生きしてほしい。

デンマークの旅。コンパクトで美しいコペンハーゲンのカストラップ空港

コペンハーゲンのカストラップ空港に到着。コンパクトで美しい空港には広告がほとんどなく使いやすいユニバーサルデザインが。デザインと広告について考えてみた。

デンマークの旅。スカンジナビア航空搭乗記。国際線はリスクヘッジを

海外旅行の国際線ってワクワクするけど安心安全な旅のため事前にリスクを知って対処が必要。デンマークの旅第二弾。スカンジナビア航空の搭乗レビューもご一緒に。

デンマークの旅。出発!成田空港で家具を愛でる。空港でオフィス家具を堪能

デンマークの家具の旅始まり。ジェットスターとスカンジナビア航空で成田へ。成田空港で家具コーナー発見!フリースペースにはknollにUSMハラーにと家具のパラダイスが待っていました。

<お出かけ>大阪池田のハウス オブ トビアス・ヤコブセンで和×デンマークの空気感を感じる

大阪池田のデンマークの空気が漂う場所。HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN(ハウス オブ トビアス ヤコブセン)。日本の木造建築の懐かしさとデンマークの空気感漂うアルネヤコブセンの世界へGO!

<お出かけ>ノートルダム大聖堂火災後の議論「忠実?」「新デザイン?」から日本の城を考える

火災のあったノートルダム大聖堂。前に旅行で訪問。在りし日の写真を眺めていたら日本の城の天守閣の復元について色々思うことがあり考えてみました。

<お出かけ収納>海外旅行の持ち物の工夫。荷物最小限でロストバゲージや盗難対策

今年は最大10連休の大型ゴールデンウィーク(GW)。海外旅行で気になる持ち物や荷物。工夫することでロストバッゲージや盗難、紛失のリスクを減らすことができます。MS家流旅行荷物の収納。

<お出かけ>ヨドコウ迎賓館訪問②学校建築にも命をかけた遠藤新からデザイン教育を考える

ヨドコウ迎賓館は帝国ホテル設計者フランクロイドライト以外にも日本人建築家遠藤新の活躍もありました。彼の仕事から日本のデザイン教育について考えた。

<お出かけ>ヨドコウ迎賓館訪問①フランクロイドライトが今に伝える家の持続可能性と調和

久しぶりのお出かけは芦屋のヨドコウ迎賓館。建築の巨匠でうちの照明タリアセンのデザインをしたフランク・ロイド・ライトの設計した家。ここを見ると現代の住まいの持続可能性や調和ってどうなんだろうと考えます。

<お出かけ>ヴェルサイユ宮殿で窓に目覚める。パリも日本も窓は文化や暮らしを反映する

パリ旅行のヴェルサイユ宮殿で一番気になったのが窓。窓って奥深くて暮らしや文化とも密接な関わりがあります。パリの街を一緒に歩いて窓の面白さを発見しに行こう!

<お出かけ>名作椅子集合!アクタスで101脚のイスに会いに行く

イームズ、ウェグナー 、ヤコブセン、ブロイラー、深澤直人…そんな巨匠たちがデザインした101脚の椅子に会いにアクタスに行ってきました!椅子って面白いんだよ!

<お出かけ>お仕事は?→豪「スーパー店員です」日本「パートです」

オーストラリアで生活をしてみて働き方や仕事への理解の大きな違いを感じました。雇用形態の違いってステータスではないと思うのです。成人式を迎える若いみなさんが暮らしやすい社会になるように願って。