My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

家具コンシェルジュで椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

機能的で全方位美しい北欧の目覚まし時計。アルネヤコブセンのテーブルクロック

お義母さんからのプレゼント

「ピンポーン!お届けものです!」

 

ベア「はーい!ハンコっすよ!」

ポニ「何が来たの?」 

f:id:mashley_slt:20191216175741j:plain

 

おお!これはお義母さんからの

誕生日プレゼントだ!

f:id:mashley_slt:20191215231446j:plain

 

毎年希望を聞いてプレゼントを

くださるんだよ。

 

代わりにMS家は食事にお連れするんだ。

 

ベア「これ何スカ?」

f:id:mashley_slt:20191215231432j:plain

 

アルネヤコブセンの

テーブルクロック。

f:id:mashley_slt:20191215231537j:plain

 

機能的でどこからみて美しく見えるよう

設計された目覚まし時計だよ。

 

ポニ「この時計ボタンが少ない!」

f:id:mashley_slt:20191216175841j:plain

 

その理由はあとでわかるよ…

 

 

ヤコブっちという人

アルネヤコブセンはデンマークの巨匠。

f:id:mashley_slt:20191215233327j:plain

 

ヤコブっちと勝手に呼んで慕う

嫁氏が大好きな建築家。 


彼のデザインした椅子が

MS家には3脚ある。

 

セブンチェア。

f:id:mashley_slt:20191215233340j:plain


 

アントチェア 。 

f:id:mashley_slt:20191215233438j:plain

 

あまりに好きすぎて

彼のためならどこでも行く。

 

大阪のヤコブっちのお孫さんが

関わったお店にも行った。 


さらにはデンマークまで行き

彼のホテルにも泊まった。 

 

彼の仕事の特徴はトータルデザイン。

f:id:mashley_slt:20191215233537j:plain


建物を作ったらそこで使うものを

フォークから椅子までデザインする。

 

照明もそうだし

 

ウォールランプ AJ ウォール 60TH カラールイスポールセン正規販売店

 

文字までデザイン。

 

Architect Letters アーキテクト レターズ 

 

ヤコブっちのテーブルクロックも

その一つだ。

f:id:mashley_slt:20191216220124j:plain


 

時計作って!

1930年代のこと。

 

若きヤコブっちはある会社の取締役に

こう依頼された。

 

「うちに合う時計作ってくれないかな?」

 

当時30代のヤコブっち。

 

工業製品のデザインは初めてだったが

チャレンジ!と思い引き受けた。

 

そこでできたのがこの時計だった。

 

ROMAN TABLE CLOCK ローマン テーブルクロック 

 

その後見本市でも発表されたが

戦争の影響ですぐに販売終了。

 

美術館に寄贈され幻の時計となる。

 

ただこのデザインをきっかけに

彼は住宅以外のデザインを始める。

 

そういう意味で重要な時計だ。

f:id:mashley_slt:20191216220247j:plain

 

現代に蘇るヤコブっち時計

時を経て現代。

 

デンマークでローゼンダール という

メーカーが設立された。

Rosendahl.com

 

この会社は名デザインを版権を得て

復刻している会社。

 

カイボイスンのお猿さんも生産している。

 

カイボイスン デンマーク 

 

彼らはヤコブっちの時計に目をつけた。

 

「これはぜひ復刻させよう」

 

かくしてプロジェクトチームが組まれ

復刻が始まる。

 

でも簡単にはいかなかった。

 数が少なくサンプルが取れない。

 

 「素晴らしいデザインだから忠実に再現したい」

「その上で現代の生活に合うものにしたい」

 

そこで博物館から現物を入手し

時間をかけて研究開発。

f:id:mashley_slt:20191216203610j:plain


ヤコブっちの事務所にいた人も連れてくる。

 

製造過程で少しでも引っかかると

工場に躊躇せず突き返した。

 

それを何度も何度も繰り返しやっと復刻。

 

できたのがヤコブっち時計シリーズ。

 

基本は忠実に再現しているけど

文字盤には彼の様々なデザインを使用。

 

国立銀行で使われていたデザインの

バンカーズ。

 

ARNE JACOBSEN / アルネ・ヤコブセンBANKERS

 

市庁舎のために考えたデザインを使った

シティホール。

 

CITY HALL TABLE CLOCK シティホール 

 

ヤコブっちの字体や色を研究し

様々なバージョンが作られた。

 

そしてステーション。

 

ローゼンダール ROSENDAHL ステーション STATION 限定 

 

これは形だけでなく色にまで

こだわりを感じる時計だ。

  

見た目の半端ないこだわり

①ヤコブっちの色 

ステーションタイプは色がいくつかある。

 

テーブルクロック ステーション 43676 バーガンディ

 

色もこだわり抜かれて選ばれた。

 

この緑はヤコブセングリーン

言われる特別な色。 

f:id:mashley_slt:20191216182239j:plain

 

緑というと一見部屋に合わせるのが

難しく思われるかもしれない。

 

けれどこのグリーンは深みがあり

 ゴールドパーツとの組み合わせは品がある。 

f:id:mashley_slt:20191216182320j:plain

 

ヤコブっちは自分で選んだ色にこう言っていたそう。

「どの部屋でもナチュラルにマッチする色だ」

f:id:mashley_slt:20191216182342j:plain

 

②存在感あるツートーンの針

この時計針まで美しい。

f:id:mashley_slt:20191216211016j:plain

 

ゴールドとブラックの贅沢な2色使い。

 

普通針の形にこだわっても色まで

変えるのはなかなかない。 


③ボタンは?全方位美しい

ベア「電池入れとかボタンはどこっすか?」

f:id:mashley_slt:20191216182507j:plain

 

なんと全てカバーに隠れている!

 

裏をくるっと回して開けると…

f:id:mashley_slt:20191216182551j:plain

 

ボタンと電池入れが登場。

f:id:mashley_slt:20191216182630j:plain

 

電池を入れ時間を合わせたら

カバーをする。

f:id:mashley_slt:20191216182658j:plain

 

すると全方位どこから見ても美しい。

f:id:mashley_slt:20191216182737j:plain


ポニ「何でここまでするの?!」

f:id:mashley_slt:20191216203728j:plain


予想だけど嫁氏の考えを話すね。

 

本来この時計ってテーブルや

デスクに置くためのもの。

 

日本ではデスクというと壁づけも少なくない。

f:id:mashley_slt:20191216210541j:plain


でも海外では部屋の中央に向けて

置くこともある。

f:id:mashley_slt:20191216210441j:plain

(これは日本だけど設計はフランクロイドライト)

 

実際全方位見ても大丈夫なデスクも

北欧ヴィンテージにはたくさんある。

 

例えばこちらは北欧「風」だけど

実際デンマークの家具にはこんなのがある。

 

CHLOROSクロロス Foundation バックシェルフデスク

 

そして裏が棚になって見えてもOK。

 

【両袖デスク レセプションデスク 

 

 

さらに時計のデザインを依頼したのは

お偉いさん

 

ベア「なおさらデスクは対面で使う!」

f:id:mashley_slt:20191216220350j:plain


 

つまりデスクを対面で使った時

時計も後ろから見て美しい必要があるよね。

 

やっぱりヤコブっちって細部まで

考えてるなあって思うよ。

 

じゃあ次に機能面を見てみよう。

 

生活を考えた機能美

①電池が2つの理由

 ベア「普通時計は電池1つっすよね?2つ?」

f:id:mashley_slt:20191216211331j:plain

 

これライトアップするんだ。

 

手をかざすだけでほら。

f:id:mashley_slt:20191216211524j:plain

 

だから夜中に時間を見たい時も使える。

 

②聞き惚れる音を手でさっと

この時計はアラーム音も美しい。

 

実際に聞いてみてほしい。

↓クリックで再生(音出ます) 

 

クラシカルで心地いい音。

 

しかも

アラームは上に手をかざすだけで

止まりそのままスヌーズに。

 

完全に止めたい時は

後ろのボタンをポチッと。

f:id:mashley_slt:20191216211948j:plain

 

この辺も現代の技術を使い

使い勝手がよく考えられている。

 

デメリット
ポニ「使うほどすごい時計ってわかるけど
デメリットは?」

f:id:mashley_slt:20191216212202j:plain

 
アラーム設定時間を気軽に
変えにくいこと。
 
カバーを外す時はくるっと回すんだけど
ちょっと外しにくいんだ。
 
直す時もちゃんと溝に入れないと
綺麗にはまらない。

f:id:mashley_slt:20191216212414j:plain

 
だから起きる時間が変わる人には
ちょっと面倒かもしれないね。
 
全方位美しいデザインゆえだね…
 
デザイン=2つのバランス
ベア「確かにデメリットはあるけど
よく考えられてるっすね!」

f:id:mashley_slt:20191216215204j:plain

 
彼は
「実用的で機能的なら
その物は同時に美しいものだ」
と言ってたくらいだからね。
 
デンマークのデザインはそもそも
デザイン=機能と見た目両方
っていう考えなんだ。
↓デンマークのデザインの仕方 

 

だからって
完璧な機能完璧な見た目
という意味ではない。
 
だって使う人によって使いにくさって
違うでしょ?
 
つまり見た目と機能のバランス
取れるように考えられている。

f:id:mashley_slt:20191216215749j:plain

 
だからこそ復刻したローゼンダール さんは
忠実さと現代に合わせた機能の両方を大事にした。
 
70年以上もの時を超えて今も愛されるのは
この時計にそんなバランスがあるからだと思う。
 
ポニ「バランス?
嫁氏最近生活のバランス悪いよね!」

f:id:mashley_slt:20191216221338j:plain

 
え?
 
ベア「夜寝れないって言って前に
ベッドでスマホいじってたっす!」

f:id:mashley_slt:20191216215856j:plain

 
う!
 
それもあってスマホのベッド持ち込み禁止
のために目覚まし時計お願いしたんだよ。
 
ヤコブっちのおかげで
早寝早起きするようになった!
 
ポニ「でもこの前夜中に暗闇で時計を
ニヤニヤしながら見てるの見かけた…」

f:id:mashley_slt:20191216221932j:plain


そんなことばらさないで!

 

嫁氏も完璧じゃないよね!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

暮らしにいいなって思うものがあると嬉しい。

 

家づくり  

もうスマホは1階に置いてから寝ています。

 

みんなのWeb内覧会 

好きな時計だと朝は心地よい音で目覚められる。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。

 

この前日本の発酵食品についての本を読んだのですが

基本的にはきっちり密閉しないオープンな形の

ザルとかツボとかで干したり発酵したり

していたんだなあという印象を受けました

(もちろんそうでないものもあったでしょうが)。

 

だから元来日本でWECKを使うのって

馴染みがないのかなあなんて思いました。

 

日本って湿気が多いから昔の家は家の中は

風通しをよくするような仕組みがありますよね。

 

一方でヨーロッパの国って寒いし

乾燥しているところも多いですから

ドアが必ずありお部屋同士が分かれています。

そして瓶もきっちり蓋をすると。

 

家の作りと食文化って繋がりがあるので

その辺もまたいつか記事にしてみたいなあなんて思いました。

   

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain