My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

家具コンシェルジュで椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

金属の腐食を剥がして復活。ピカール×スチールたわしで排水口カバーが蘇る

ベランダのあるものをリペア

ベア「前回は排水口の掃除をしたっすよ」

f:id:mashley_slt:20191222194231j:plain 


ポニ「前回ベランダの掃除をしたけど

終わってなかったんだって?」

f:id:mashley_slt:20191222194305j:plain


 そうそうあるものがね…

 

住み始めた時にやらかした失敗で

悲惨なことになったんだ…

 

それが

ベランダの排水口カバー。

 

ベアポニ「ぎゃああ!ひどい!!」

f:id:mashley_slt:20191221221414j:plain

 

ぜひ嫁氏のような失敗をしないためにも

皆さんのお役に立てればと思い綴ります。

 

そしてこの子を蘇らせる!

 

※今回のリペアは危険性も伴います。

 

削る金属やパーツの腐食状態によっては

腐食しすぎて削らないほうがいいものもあります。

 

そこをご理解の上お読みください。

 

 

元汚部屋住み、今は掃除好き

 

「嫁氏さんはお掃除好きなんですね」

 

ブログをやっていて時々

そんなコメントを頂く。

 

はい、今は好きです。

 

今は。

 

ナチュラル系洗剤の

使い分けも楽しんでいる。 


でも元々はズボラな嫁氏。

 

そしてもっと遡ると

昔々汚部屋に住んでいた

 

掃除が好きになったのは

椅子、家具が好きになったから。

f:id:mashley_slt:20191221233905j:plain

 

彼らをインテリアとして

家の中で輝かせたかったから。

 

こうしてブログでお掃除の話題を書けるのは

全ては椅子好きのおかげだ。

f:id:mashley_slt:20191221233932j:plain

 

やっぱり椅子さん最高。

 

ただこの家に住み始めた時は

まだそうではなかった。

f:id:mashley_slt:20191221232543j:plain

  

ベランダの失態の2つのポイント

家具は自分でリペアしていた。

昔そういう仕事をしていたから。

f:id:mashley_slt:20191222003126j:plain


だけど掃除の知識はさっぱり。

 

住み始めて数ヶ月経った

ある日2Fベランダでやらかす。

 

ベランダの排水口に

塩素系洗剤を流し込んだ。

f:id:mashley_slt:20191221233218j:plain


今考えたら

なんてことを!

と思う。

 

これは2つの意味でアウトだ。

 

一つはベランダ排水口に塩素系を

入れてもほぼ無意味ということ。

f:id:mashley_slt:20191221233323j:plain


前回の記事でも触れたが

ベランダの汚れって土系が多い。

(洗濯物を干す人は髪の毛もあるかも)

 

漂白剤は土を分解しない。

よって無駄になる。

 

もう一つは

排水口カバーへのダメージ。 

f:id:mashley_slt:20191221233537j:plain

 

漂白剤はステンレス以外の

金属にはダメ。

 

腐食や黒ずみを引き起こす。

 

特に塩素系は強力な力を及ぼす。

f:id:mashley_slt:20191221233404j:plain

 

言い訳そして反省

 ポニ「じゃあなぜやったの?!」

f:id:mashley_slt:20191221182751j:plain

 

塩素系→金属危険くらいは

なんとなく知っていたよ。

 

でもね今更言い訳だけど

このカバー表面がシールだった。

f:id:mashley_slt:20191221233623j:plain

 

つるっとしてるからステンレス?

じゃあいっか!てへっ!

 

ってやってしまった。

 

その証拠に前回の写真を見てごらん。 

f:id:mashley_slt:20191221233502j:plain

 

ほら腐食が見えないでしょ?

 

ベア「じゃあいつ気づいたっすか?」

f:id:mashley_slt:20191221233752j:plain

 

あれは数ヶ月前のこと。

ベランダの掃除をしていた。


ふとカバーに目をやると

なんかペラペラしたものが…

 

そしてペリッとめくると

中が腐食していた…

 

嫁氏が悪い。

 

ステンレスって勝手に勘違いして

塩素をぶちまけた。

 

そして気づいても数ヶ月

見ないふりをした。

 

だからそんな自分を反省して

今こそ直そう!

f:id:mashley_slt:20191222004140j:plain

 

レッツリペア!

 

活躍する道具はこんな子たち

今回は金属の腐食を削って

リペアしていこう。

 

ただ金属の腐食は程度により

削ってはいけない場合がある。

 

今回はまだ腐食が薄いので削って対応するけど

あまりにひどい時は取り換えも必要。

 

使う道具

・ピカール

・スチールたわし

・クレ556

・ウエス数枚(いらないタオルなど)

f:id:mashley_slt:20191222004119j:plain

 

そのほか色々削り系揃えたけど

結果的に使ったのはこの4つ。

 

あ、あと手袋ね。

f:id:mashley_slt:20191222005451j:plain


 

じゃあ始める前に軽く道具の説明。

 

<ピカール>

本来の使い方はお仏壇磨き。

 

Amazon:ピカール 液

 

でも家具のサビ落としにも使える。

嫁氏はよく椅子のリペアに使う。

 

セブンチェアやアントチェアの裏とか。

f:id:mashley_slt:20191222003308j:plain

 

(このリペア記事はこちら

 

ヴィンテージのイームズチェアのワイヤーとか。

f:id:mashley_slt:20191222003527j:plain

(このリペアの記事はこちら

 

これはそもそも研磨剤なので

布やたわしにつけて磨くもの。

 

今回は近所のホームセンターに

いつも使うものがなかった。

 

そのため初めてだけどペースト状の

ピカールを買ってみた。

 

Amazon:ピカールネリ 250G

 

やたらパッケージがかっこいい。

f:id:mashley_slt:20191222003746j:plain

 

<スチールたわし>

これもピカールと共によく使う。

 

ボンスター ロールパッド (12個入)

 

粗めや細めいろんなタイプがあるけど

細めが使いやすい。

 

細めの方が粗めより傷つけにくく

細かいところまで磨きやすいから。 

 

<クレ556>

クレもリペアでよく使う。

 

KURE(呉工業) 5-56 (320ml)

 

ひどいサビはピカールが必要だけど

メンテくらいならクレで十分。 

 

それではやっていこう。

 

カバーの腐食を剥がして復活

①ピカールで磨く

たわしにピカールを少し取る。

f:id:mashley_slt:20191222005516j:plain


 そして補修箇所に向かってゴシゴシ。

f:id:mashley_slt:20191222005529j:plain


ひたすらゴシゴシ。

 

こんな感じでこれだけでだいぶ落ちる。

f:id:mashley_slt:20191221224610j:plain

 

ちなみにパテ系のピカール初めて使ったけど 

液だれしなくて結構使いやすい。

 

②クレ556をプシュー

f:id:mashley_slt:20191221224758j:plain

 

一旦数分ほうって置いて

拭き取りをする。

f:id:mashley_slt:20191221224825j:plain

 

すると磨き残しがわかる。

f:id:mashley_slt:20191221224853j:plain

 

③ウエス+クレで磨き上げ

磨き残しを再びたわしで磨いたら

今度はウエスにピカールつけてゴシゴシ。

f:id:mashley_slt:20191222005829j:plain


今度は磨き上げる感じなので

かなり力を入れる。

 

親の仇!ってくらい力を入れる!

f:id:mashley_slt:20191222005844j:plain

 

④再びクレプシューで仕上げ

最後にもう一度クレプシュー。

f:id:mashley_slt:20191222005947j:plain

 

最後のプシューは

クレで錆止めにもなる。

 

できた!

f:id:mashley_slt:20191222010027j:plain

 

ビフォー&アフター

ベア「すごいっす!だいぶ違うっすね!」

f:id:mashley_slt:20191222010312j:plain

 

流石に光るほどにはならなかったけど

サビの部分は結構しっかりとれたね。

 

比べてみよう。

<BEFORE>

f:id:mashley_slt:20191222010453j:plain

 

<AFTER>

f:id:mashley_slt:20191222010440j:plain

 

これをベランダに戻して終了!

f:id:mashley_slt:20191222010614j:plain

カバー君ごめん、でも楽しかった

あのさ

 

正直な話していい?

 

ポニ「何?!何かまだ隠してるの?」 

f:id:mashley_slt:20191222194730j:plain


 いやいやもう大丈夫。

 

今回ね久々に

 

本気で楽しかった! 

f:id:mashley_slt:20191222010101j:plain

 

排水口の蓋には悪いことしたと

そこは反省はしてる。

 

けれどリペア自体は楽しかった。

 

家づくりする前中古の家具を買っては

自分で直してたでしょ?

 

 あの時は本当に楽しかった。

 

その後時々家具の手入れはしてるよ。 


でもすごく大事にしてるから

全然衰えないんだよ…

 

いや、衰えないのは

いいことではあるんだよ。

f:id:mashley_slt:20191222010901j:plain

 

一生お付き合いする覚悟だから

大事にして綺麗な状態なのは。

 

でもね

ガシガシ磨いたり削ったり

思いっきりやってみたいって

時々血がさわぐんだよ。

f:id:mashley_slt:20191222003222j:plain


 北欧家具を思いっきりサンダーで削りたい

それをオイルで色を変えて楽しみたい

 

そんな欲が湧いてしまう。

 

もうこれはいつか倉庫を買って

家具を買ってはリペアする場所が必要だ…

 

ポニ「重症だ…読者様の中に

お医者様はいらっしゃいますかぁ!」

f:id:mashley_slt:20191222003805j:plain

 

嫁氏が楽しそうな様子伝わってきたよ

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


↓家の性能について

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

 

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

引っ越す前はしょっちゅうリペアしてました。

 

家づくり

家の中の家具はほとんど中古です。

 

みんなのWeb内覧会

直すのも含めて楽しいんですよ。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。

 

掃除のやり方って性格に合わせてやるのが

一番前向きに捗る気がします。

 

例えば嫁氏の場合はオタク気質で凝り性なので

成分や効果を調べて実験してみる

という方法がツボになりはまっていきました。

 

一方で最初から理屈で攻めると

やる気をなくす場合もあります。

 

掃除も収納も自分をよく知ることって

大事だなと思います。

 

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain