My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

家具コンシェルジュで椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

デンマーク×古民家が調和する本島のフリッツハンセン庵への旅

本島に行ってきた

ナウガ親分「こんにちはだゾォ!」

ナウガver1.「いつも植物記事担当のナウガズだネ」

ナウガJr.「今回は僕らと旅に出よう」

f:id:mashley_slt:20191225195238j:plain

 

 

向かったのは香川県の本島。

 

ここは周囲16.4kmの小さな島。

 

岡山県の児島または香川県の丸亀から

フェリーで20〜30分。

f:id:mashley_slt:20191225195303j:plain


 目的はフリッツハンセン庵という

期間限定の北欧家具×古民家の展示。

 

そう椅子オタは今回もまた

椅子の旅に行ってきた。

f:id:mashley_slt:20191225200005j:plain

 

デンマークと日本が見事に調和する

魅惑の世界を一緒にお楽しみください。

 

 

デンマーク老舗フリッツハンセン

ナウガver.1「まずフリッツハンセンの説明ダネ!

みんなが椅子好きとは限らないネ!」

f:id:mashley_slt:20191225195329j:plain

 

あ、そうだね。

 

フリッツハンセンは

デンマークの家具メーカー。

f:id:mashley_slt:20191216203610j:plain

 

世界中で長く愛される家具を多数生み出し

中古であっても高値で取引されるものもある。

 

MS家にもいくつかある。

 

セブンチェア 

f:id:mashley_slt:20191215233340j:plain

 

アントチェア  

f:id:mashley_slt:20191216182342j:plain

 

このメーカーで活躍するデザイナーは

巨匠揃い。

 

例えば

大好きな建築家アルネヤコブセン

f:id:mashley_slt:20191225200404j:plain

↓巨匠ヤコブっちについて 


また金属脚の貴公子

イケメンのポールケアホルム

f:id:mashley_slt:20191225200546j:plain

 

日本人のデザイナーも活躍。

nendoさん。

 

佐藤オオキ nendo・10の思考法と行動術【

 

当ブログでも以前KOKUYOが販売する

nendoさんデザインの文具を取り上げた。 

 

どの巨匠のデザインも個性的でありながら

使いやすく魅力的なものばかり。

 

だからデンマークに行った時は

コペンハーゲンの本店にも行った。 


まさに聖地巡礼だった。

 

日本でもファンは多く

公共施設でも使われている。

 

太子町役場


池田市図書館

 

地域活性化も目指すコネクトさん

そんな伝統あるフリッツハンセンが

お店とコラボした。

 

それが香川のコネクトさん。

 

Hente by CONNECT

 

このブログでも何度か登場。 


嫁氏が大好きなお店で

フリッツハンセンの正規代理店。

f:id:mashley_slt:20191223235331j:plain

 

家具を売るだけでなく 

リノベーションも手がける。

 

コネクトさんは面白い試みを色々されている。

f:id:mashley_slt:20191223235356j:plain


 2017年からデンマーク王立アカデミーの学生と

コラボして本島で空き家リノベーションを始める。

 

心地いい暮らしのための製品を提案はするが

それは自分達だけでいいのだろうか?

 

北欧インテリアを通じて 

地域そのものを活性化させたい

f:id:mashley_slt:20191223235414j:plain

 

そんな思いで始めた

空き家活用プロジェクト。

 

様々な取り組みを行う中で

デンマークの老舗メーカーの家具と

古民家を合わせ空き家を魅力的に見せることに。

 

そこでできたのが

フリッツハンセン庵。

f:id:mashley_slt:20191225200810j:plain

 

築120年以上の日本家屋

をリノベーションし北欧家具で蘇る。


 早速行ってみよう。

 

パラダ椅子なフリッツハンセン庵

 場所は笠島地区。

f:id:mashley_slt:20191225201744j:plain

 

フェリー乗り場から自転車で

15分ほどの場所で国の保存地区。

 

江戸や明治の建物が残り情緒あるけど

過疎化が進み空き家も多い。

f:id:mashley_slt:20191225202032j:plain

 

そこに「FRITZ HANSEN」の提灯が。

f:id:mashley_slt:20191225202310j:plain

 

11月まで一般公開でその後は

事前予約で公開。

f:id:mashley_slt:20191225202343j:plain

 

時間になるとお姉さんが登場。

扉を開け準備をしてくれた。

 

アントチェアが迎える中には…

f:id:mashley_slt:20191225203231j:plain

 

エッグチェアの苔バージョン!!

f:id:mashley_slt:20191225203244j:plain

 

なんとこれ本物のエッグチェアに

苔を生やしたとか。 

f:id:mashley_slt:20191225203545j:plain


 嫁氏「え?これ中古ですか?」

お姉さん「わかりませんが新品かも…」

 

新品に苔生やす!!

パネエ!

f:id:mashley_slt:20191225203605j:plain

 

そして中に入ると…

 

パラダ椅子!

f:id:mashley_slt:20191225203515j:plain

 

うおおおお!!

 

エッグチェア(ヤコブっち)

セブンチェア(ヤコブっち)

ドロップ(ヤコブっち)

PK20(ケアホルム)

PK33(ケアホルム)

PK80(ケアホルム)

NO.1(NENDO)

チャイナチェア(ウェグナー )などなど

フリッツハンセン祭り。

 

い椅っ子!

い椅っ子!

い椅っ子!!!

 

ちなみに動画で見るとこう

↓クリックで再生(音は出ません)

 

nendoさんを除き

ほとんどがデンマークデザイン。

f:id:mashley_slt:20191225204625j:plain

 

なのに古民家に

北欧デザインが見事にマッチ。

 

北欧のデザインは元々ジャポニズムにも

影響を受けているから当然といえば当然。

↓北欧デザインのルーツについて


でもここまで見事にコーディネートされたのは

コネクトさんの手腕だと思う。

 

特に間取りと光を生かした

展示の素晴らしさを存分に感じた。

 

あまり細かく解説するとドン引きされるので

ここでは特に気に入った点をお伝えしよう。 

 

フリッツハンセン庵の魅力

①縁側を活用したくつろぎ空間

エッグチェアが堂々と佇むこの空間。

f:id:mashley_slt:20191225205720j:plain

 

ここは扉を開けると出現する

縁側に面している。

 

程よい光を浴びながら外の景色を楽しめる。

f:id:mashley_slt:20191225205756j:plain

 

エッグチェアでもくつろげるけど

床に近い家具でも楽しめる工夫がある。

 

例えばプフ

f:id:mashley_slt:20191225205912j:plain

 

それからスツール

f:id:mashley_slt:20191225205936j:plain

 

さらにはデイベッド

f:id:mashley_slt:20191225205949j:plain

 

椅子というと海外の文化であり

一見して日本家屋とはやや離れた存在。

 

けれど床を無垢材でリノベし絨毯を一枚噛ませて

床に近い家具を混ぜたことで調和を感じる。

 

②板間を活用した隠れ家空間

もう一つお気に入りが奥の板間。

f:id:mashley_slt:20191225210334j:plain

 

段差を越えると…

f:id:mashley_slt:20191225210529j:plain

 

ケアホルムのチェアが迎える

やや暗めでホッとする空間。

f:id:mashley_slt:20191225210439j:plain

 

ここは元々お台所だったそう。

 

暗さって日本ではマイナスに取られることがある。

「暗いと目が悪くなるよ」とか。

(最近では変わってきてるけど)

 

けれど欧州では暗さが

好意的に取られる側面もある。


実際デンマーク旅行では一般の住宅や公共施設で

程よい暗さの魅力を感じた。 


そんな程よい暗さの魅力を取り入れ

落ち着く空間を作り出したのがここ。

f:id:mashley_slt:20191225212113j:plain


ほんのり明かりが漏れる照明

f:id:mashley_slt:20191225212055j:plain

 

小さな間接照明

f:id:mashley_slt:20191225212134j:plain

 

格子戸から漏れ出る自然光

f:id:mashley_slt:20191225212148j:plain

 

縁側のポカポカするホッと感とはまた違い

人に見られずホッとする隠れ家スペース。

 

落ち着く…

動きたくない…

 

③花×木製で自然との一体感

ここではいたるところに植物が飾ってある。

f:id:mashley_slt:20191225212559j:plain

 

これはデンマークのフラワーアーティストが

手がけたものだそう。

 

ボリュームがあるけど色が絞ってあり

存在感があるのに主張しすぎない。

f:id:mashley_slt:20191225213002j:plain

 

むしろ古民家の元々の木材感や

リノベした無垢の床と調和している。

 

もし植物がなかったら?

 

リアルな意味で

「家具を置いたかっこいい展示」

になっていたと思う。

 

でも植物って生命力がありエネルギーを感じ

部屋をより生き生きとさせてくれる。


くつろぎたい

動きたくないなあ

f:id:mashley_slt:20191225213600j:plain


そう思わせてくれるのは

植物の役割がかなり大きいと感じた。 

 

理解、愛情、使う人の視点

最近日本家屋にモダンな家具を合わせる 

リノベーションを本島に限らずよく見かける。

 

嫁氏はインテリアって住む人が満足すれば

それが一番だと思っている。

 

だから好み以外のインテリアを見ても

「自分の家が好き」

「心地がいい」

そんな声を聞いたり見たりすると

それだけで嬉しくなる。

 

結局は部屋作りって自己満だからだ。

そしてそれが一番大事だからだ。 


 けれど

モデルハウスや展示となれば別。

 

高い家具を置いただけ

流行りに乗って置いただけ

 

置いただけインテリアもある。

 

というかそれはコーディネートではなく

ただ置いただけなんじゃないかと感じる。

 

お部屋も家具も魅力が減ったり

ストーリーが見えてこなかったり。

 

そういうものを見ると

勿体無いなあと思う。

 

けれどフリッツハンセン庵は違った。

f:id:mashley_slt:20191225220336j:plain


デンマークの家具の魅力

古民家の魅力

素材の味

古いものの魅力

自然の美しさ

地域性や間取りの長所

 

全てを理解した上で

家具も家も魅力的に見せてくれる。

f:id:mashley_slt:20191225220431j:plain


初めてきた人に

ホッとする空間を提供する。

f:id:mashley_slt:20191225221142j:plain

 

何かを魅力的に見せて人を惹きつけるには

上っ面だけでは充分ではない。

 

理解し愛情を持ち

使う人のことを考える視点が必要だと思う。

 

そしてそれを地域おこしを考えながら実行する

コネクトさんは本当にすごい。

f:id:mashley_slt:20191225221659j:plain

 

デンマークと日本家屋の見事な調和を感じながら

のんびりとした時間の中でそんなことを考えた。

 

残念ながら公開は12/24が最終日。

 

もう訪れることはできないけど

いい時間を過ごすことができた。

 

お姉さん、コネクトさんありがとう。

 

さて好奇心はまだまだ収まらない。

 

親分「次回は小腹を満たし

本島を探検してみるゾォ!」

f:id:mashley_slt:20191225220806j:plain

 

でもここからの旅はいろんな感情が渦巻き

肉体的にも限界を迎える旅となるのであった…

f:id:mashley_slt:20191225221823j:plain

 

☆続きはこちら👇

 

古民家×デンマークの調和インテリアい椅っ子ね

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

  

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain