<家づくり>家具も人間も適切な距離が必要だ!心地いい暮らしのための家具距離

人との距離

 

三十路も中頃に差し掛かり、最近自分の肌の調子や体臭はどうなんだろと気になりだしました…

f:id:mashley_slt:20180108151224j:image

 

この間久しぶりにバスに乗ったとですよ。 f:id:mashley_slt:20180108151333j:image

 

いつもは立ってる方が好きなんですが、お腹の調子がよくなくて、

後ろの席のおじちゃんの隣に座ったら f:id:mashley_slt:20180108151556j:image

 

サッ!とかるーく避けられた… f:id:mashley_slt:20180108151603j:image

え?私臭い?口臭?それともあれか?乾燥肌で見るに堪えない容貌をしていたか?

 

とちょっと自意識過剰になりまして、平静を装いながら頭の中は軽くパニック!

 

でも、その朝シャワーちゃんと浴びたし、歯磨きしたし、確かに毎日ほぼスッピンだけど、寒いからマフラーやら帽子で人体の80%は覆われていたはず…

f:id:mashley_slt:20180108151756j:image

 

そこで気づいた!

 

よくよく考えたら、

「おじちゃんにとっては距離が近すぎた」

のかもしれない…

f:id:mashley_slt:20180108151845j:image

 

パーソナルスペースの侵害ってやつです。

 

説明しよう!

パーソナルスペースの侵害というのは、人には他人に侵害されたくない領域があって、それが確保されない時に不快に思うこと。 f:id:mashley_slt:20180108152239j:image

 

それは周りの人や感じる本人によって変わるのだ!

 

密接距離(0〜45cm)→恋人、親子 f:id:mashley_slt:20180108152556j:image

 

個体距離(45〜120cm)→仲良い友達 f:id:mashley_slt:20180108152801j:image

 

社会距離(120〜370cm)→知り合い f:id:mashley_slt:20180108153446j:image

 

口臭…じゃない公衆距離(370cm〜)→知らない人 f:id:mashley_slt:20180108153505j:image

 

バスにいたおじちゃんとの距離は40cm程度。

おじちゃんと私は親密な関係でなかったから不快に思われたと言える!

 

夫氏「そう思いたいだけじゃ…ぐふぅ!」 f:id:mashley_slt:20180108153536j:image

 

家具との距離

 

実は同じようなことが家具にも言える!

部屋によってみんなが使う場合もあれば、一人の部屋も。

用途は様々。 f:id:mashley_slt:20180108155652j:image

それに家具が近すぎたり

f:id:mashley_slt:20180108161214j:image

遠すぎたりすると、

f:id:mashley_slt:20180108160943j:image

暮らしに不便や不快をもたらし、

さらにぶつけたら大事な椅子たちが長持ちできなくなってしまう

f:id:mashley_slt:20180108175956j:image

ということで、今回は心地いい暮らしを目指す人必見!

家具との適切な距離を考えて居心地いい空間をつくろう!

 

基本の距離

 

家具との適切な距離は人体寸法によっておおよそ決められている!

f:id:mashley_slt:20180108211333j:plain

https://pin.it/x4uhp62hyhm5yc

 

ちなみに人体寸法は「人間工学」に基づいて決められているが、

人間工学的なデザインを提唱したのは、もちろんコーア・クリント大巨匠!!!

f:id:mashley_slt:20180108210637j:plain

https://pin.it/tpfbt6egfo6bs4

人体の長さや人間の動きを計測、研究して、家具の標準寸法を作り、

人と家具とにバランスの取れた環境を作ろうとしたんですね。

 


 

もっと大巨匠の話をしたいけれど、それやったら5000字超えそうなのでまた今度…

 

では、基本のスペースはこんな感じ。

人間の肩幅を45センチ前後と考えると

・前を向いて歩く通路60cm

f:id:mashley_slt:20180108161853j:image

 

・横向き45cm

f:id:mashley_slt:20180108161908j:image

これに引き出しやドアを開ける動作が加わる場所はもっともっとスペースが必要!

f:id:mashley_slt:20180108162215j:image

 

部屋ごとのスペースの取り方

 

 では具体的な距離を見ていこう!

<リビング>

ソファやテーブルにちょうどいい距離がないと、通りにくいし、ぶつけます!

・低い家具と壁(60cm〜) f:id:mashley_slt:20180108165356j:image

 

・低い家具同士(50cm〜) f:id:mashley_slt:20180108165411j:image

 

・テーブルとソファの距離(30〜50cm) f:id:mashley_slt:20180108180251j:image

 

<ダイニング>

椅子を動かすので、それを考えた動線作りが大事!

・椅子に立ったり座ったりするスペース(80cm〜)

 ・テーブルについた状態で後ろを通る(40〜50+60〜)

f:id:mashley_slt:20180127143342j:image

 

 <寝室>

寝室もベッドの横を通るスペースが必要!

・ベッド2台の間(50〜60cm)

f:id:mashley_slt:20180108170106j:image

 

・一台のベッドの端(65cm〜) f:id:mashley_slt:20180108170608j:image

 

<収納>

扉や引き出しによって必要スペースは変わるよ♪

・扉なしの収納(75cm)

f:id:mashley_slt:20180108171632j:image

 

・扉ありの収納(80cm〜)

f:id:mashley_slt:20180108172337j:image

 

・引き出し収納(90〜120cm) f:id:mashley_slt:20180108172353j:image

 

<洗面所>

洗面所を使ったり、着替えたりと人の動きで必要なスペースは変わります!

・洗面(55cm〜)

・脱衣(90cm〜)

f:id:mashley_slt:20180108172713j:image

 

配置を考えた家づくりを

ここであげたのはあくまで目安。

何もメジャーで測ってぴったりに距離を取る必要はない!

こまかーくなる必要はないのだ!(夫氏のように)

 

ただ、生活する上で、こういうのを目安として

ゆとりあるスペースをとったほうがいい!

 

なぜなら、いくら素敵な家具でもインテリアでも、ぎゅうぎゅうやスカスカでは、住まう人にとっては不快な家となってしまうから! f:id:mashley_slt:20180108172947j:image

 

だからこのブログではなんども述べているように、

部屋や家づくりの際は

「どこに、何を、どうやって配置するか」を考えて

家具や雑貨は購入することをオススメする!

激しくオススメする!

 

そうすれば、買い直しや後悔は少なくなる!

f:id:mashley_slt:20180108180418j:image

目指せ、「モノを大事にする社会」!

目指せ、「家族みんなが快適に過ごせる家!」

目指せ、「STOP!スクラップアンドビルド!」

 

夫氏「新しい家はいいとして、今の仮住まいはどうなの?」

もう容量オーバーです!

f:id:mashley_slt:20180108180326j:image

あ、新しい家はもう配置は考えてるから椅子のフライングゲットは間違いではない!

…はず!

↓配置について


 ↓素敵空間作りにちょっとでも参考になったと思っていただいたらクリックお願いします♪(椅子のおかげでぎゅうぎゅうだねってツッコミがある人も)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

無垢でも人工でも大切に使ってあげよう!
家づくり

どの素材を選ぶかも大事な家づくりプロセス。
みんなのWeb内覧会

出来上がりを見ながら自分に合う素材を見つけよう♪

 

〜はてぶコメント返信〜

>KONMA08さん

ありがとうございます。素材についてはこれからどんどん書いて行きたいので、シリーズ化予定です!

3シーズンぐらいの契約はしましたが、そのあとは交渉次第…笑

 

>my-manekinekoさん

家づくりするときは、普通はここまで木材のこと調べる変態は私ぐらいだと思います。

でも、知らずに家づくりや家具の購入をするより、知って長く付き合いたいなと思って勉強中です!

家づくりや部屋作りする人のお役に立てれば幸いです。

 

>sumino72さん 

縁側いいですね!古民家風の家にするなら縁側にもちょっとした憧れがありました。

縁側のメリットは室内の落ち着き感と庭の開放感を同時に味わえることだと思います。

一旦は縁側って減ったものの、最近古民家リノベ等で見直されつつあるようです。

今は寒いですが、ちょっと暖かくなってきた時期にぼんちゃんと縁側でお茶でもいかがでしょう?

 

 >clayhandさん テラスのデメリットは、外壁と同じ素材なので、何十年もしたら外壁同様の補修が必要になる場合もあることです。こまめにメンテナンスすれば必要でない場合もあります。

もちろん、あくまで「補修」。我が家は建て替えしません!

あと、排水ですが、このようにグレーチングという部分と、

f:id:mashley_slt:20180110171916j:image

隅の方にも排水がちゃんとあるので問題ありません。

外壁と同じ素材なので、年一回ぐらいのBBQの煙ぐらいでは大丈夫です。

子供がBBQの炭を壁にぶち投げたら汚くなりますが…

 

>hokusetsulifeさん 黄色いあいつはモダニカアームシェルチェアです。

↓過去記事でも紹介しているのでよかったらどうぞ。

http://www.mashley1203.com/entry/2017/10/13/124928

座り心地最高ですよ!この子だけ新品なので、ヴィンテージはちょっとという方にもOK!

ただ、FRP素材なので、冷たい…冬はクッション必須!

こいつに座りながらテラスのパントンを眺める日を心待ちにしています。

 

>aratoshiさん 我が家は外壁が白い塗り壁なので、映画鑑賞、ナイスアイディアです!

外のパントンに座って、ヘッドフォンをつけながらミニ映画館やってみたいと思います!

 

>simplahomeさん 楽しみにしてくださってありがとうございます。

今も家具やミニチュア遊びが多い当ブログですが、家ができたら部屋が増えるので、もっとヒートアップすると思います!乞うご期待!!!

 

>Ayako28さん 成長途中の階段を褒めていただいてありがとうございます!

この子はまだまだ大きく美しい子になるでしょう。

 

>KONMA08さん

夫氏「ご心配ありがとうございます。これも素敵インテリア、モノを大事にする運動の一貫だと思えば、左の頬を殴られたら右の頬も差し出します…」 

 

>ikegamiblog_tokyoさん 我が家の家自体は32坪なので、近隣の家と比べたら平均的なのですが、都会に比べたら広いかもしれません。田舎のメリットですね♪

 

>charmy2016さん テラスにもドアが付いていて、ドアを開けたら玄関に繋がっています。家ができたら玄関より先にテラスに入ってしまうかもしれません笑 でもリビングの窓は外から開かないので締め出された状態になりますが…

パントンのカーブはヴェルナー・パントンが「座りやすさ」と「見た目」を共存させるようにデザインしているのでどこから見ても美しいです。巨匠に感謝。

 

インスタグラム↓

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain