My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

家具コンシェルジュで椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

デロンギ手動エスプレッソマシンの6年越し利用で楽しさを再発見する

それオブジェじゃなかったんだ…

ベア「あったかいもの飲みたいっす」

ポニ「家でカプチーノとか飲みたいなぁ」 

f:id:mashley_slt:20200106174439j:plain

 

よしじゃ入れてあげよう。

 

ベア「え?これで入れられるんすか?」

f:id:mashley_slt:20200106174518j:plain

 

うん。

 

ポニ「使ってるの見たことない!オブジェかと…」 

f:id:mashley_slt:20200106174623j:plain

 

その指摘間違っちゃいない!

 

確かにしばらくオブジェだった。

 

でもね最近使い始めて使いやすさに

驚いたんだ。 

 

 

シンプルで機能的でコスパ高い

MS家のキッチンにはコーヒーメーカーが2つ。

 

一つはシロカ。

 

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A211 

 

もう一つはデロンギのエスプレッソ&

カプチーノマシーンのスタンダードモデル。

 

デロンギ エスプレッソカプチーノメーカー EC152J 

 

エスプレッソの抽出からフォームミルクまで

手動で行うシンプルなもの。

 

その作りのシンプルさゆえ

一万円以下で買えるマシン。

 ※当時は7,000円弱で購入。

現在は9,000円〜で価格は店舗による。

 

シンプルとは言っても

機能はしっかりしている。

 

業務用マシンと同じポンプの抽出で

最適な圧力で抽出可能。

 

カフェポッドと粉2種類の抽出を

選ぶことができる。

 

エスプレッソ・カプチーノメーカー デロンギ EC152J

 

ポニ「シンプルで初心者に良さげだね

なのに使わなかったなんて勿体無い」

f:id:mashley_slt:20200106174741j:plain
 

そうだよね…

 

このマシン6年くらい未使用で

オブジェと化していた…

 

価格と見た目だけで選んだら…

結婚前一人暮らしをしていた時

気軽な気持ちで買ったマシン。

 

「家でカプチーノ飲める!」

「しかも安い!」

 

アマゾンで注文した。

 

やってきたマシンを早速使うも

その時はこう感じた。

 

面倒臭い…

 

当時の仕事は激務だった。

 

朝は日が昇る前に家を出て

夜は日をまたぐこともある暮らし。

 

口にするものは手早さ命!

 

だからコーヒーは

インスタントのドリップばかり。

 

スターバックス コーヒー ギフト オリガミ

 

そんな時に

いちいち粉を入れて潰して…

手入れをして…

 

面倒以外の何物でもなかった。

 

今は買い物は必要性を考えて実行する。


メーカーを調べ会社概要を読み

製品のメリットデメリットを吟味し

長く使えるかどうかを判断する。

 

1つの物を買うのに時間をかける。

 

でも当時はそんなこと考えず

価格と見た目だけを考えていた。

 

だから1回使って「面倒!」と思い

完全にオブジェと化した。

f:id:mashley_slt:20200106175238j:plain

 

使わないもの0な暮らしを目指す

見た目は気に入っていたから

引っ越しても飾り続けた。

f:id:mashley_slt:20180430144619j:plain

 

けれど家づくりを始めて暮らしも

考え方も変わっていく。

 

使わないもの0な暮らしを始めた。 


持っているけど使っていないものを見直し

活用するようになった。

 

そんな中使うのを

先送りにしていたのがデロンギ。

f:id:mashley_slt:20191228111722j:plain

 

どうしても最初に感じたイメージ

「面倒!」がこびりついていた。

 

でも節約生活でで食を工夫する楽しさに目覚め

美味しいカプチーノが飲みたくなる。

 

そこで使ってみたところ驚いた。

 

簡単に美味しいカプチーノできる!

すごいよデロンギ!となる。

f:id:mashley_slt:20200106175654j:plain

デロンギエスプレッソマシンの使い方
じゃあ実際にこのマシンを使って
カプチーノを作ってみよう。
 
①水を入れる

f:id:mashley_slt:20200106175626j:plain

 
満水にと書いてあるけどしなくても使える。
むしろ満水にしても全部使わない。
 
②マシンを温める

f:id:mashley_slt:20200106180021j:plain

 

文字が少ないこの表示すごく好き。

 
③粉を入れる

f:id:mashley_slt:20200106180103j:plain

 
ポッドでも抽出できるけど
嫁氏は粉の方好きだ。

f:id:mashley_slt:20200106180550j:plain

 
④粉をギュってするタンピング
マシンの下にあるまあるい部分で
粉をギュッとする。

f:id:mashley_slt:20200106180413j:plain

 
これはタンピングという作業で
エスプレッソ作りに大事な作業。

f:id:mashley_slt:20200106181111j:plain

 
粉を固定し抽出のムラをなくすため。
 
プロの人や慣れている人は
タンパーという道具を使う。

 

プレッソ タンパー コーヒー ステンレス製 (51mm-S)

 
慣れてきたら単品で必要かもだけど
今は初心者だから特に問題ない。
 
タンピングしたらマシンにセット。

f:id:mashley_slt:20200106181739j:plain


⑤抽出
下にカップなどをセットし
抽出にダイヤルを回す。

f:id:mashley_slt:20200106181628j:plain


クレマができる。

f:id:mashley_slt:20200106181649j:plain


⑥ミルクを泡立てる
ダイヤルをスチームモードに回し
牛乳シュコー!っとする。

f:id:mashley_slt:20200106181917j:plain


結構きめ細かな泡ができる。

f:id:mashley_slt:20200106182151j:plain

 
カップに移して完成。

f:id:mashley_slt:20200106182232j:plain

 
ベア「わー!フワッフワでうまいっす」

f:id:mashley_slt:20200106182320j:plain

 
でしょでしょ。
こうしてみると結構簡単。
 
つまり
水入れる
→粉いれてぎゅっと
→抽出
→ミルク泡立て
 
たったこれだけ。
 
しかもちゃんとクレマができる。
 
使う粉によるかもだけど
イリーやスタバのやつは毎回できる。

 

イリー/illy イリーブレンド エスプレッソ粉 

 

ミルクもフワッフワ。
 
何がそんなに面倒だったのか?
あの時の自分に問いたい。
 
お手入れ
ベア「手入れはどうなんすか?」

f:id:mashley_slt:20200106182348j:plain


そんなに難しくないよ。
 
普段はオフにして冷めたら
抽出部分やミルクの出入り口も拭き取る。

f:id:mashley_slt:20200106214812j:plain

 
マシンを拭く。
 
これぐらい。
 
定期的な手入れは水の状態で
スチーマーを作動して汚れを出したり

f:id:mashley_slt:20200106214909j:plain

たまにホルダーをぬるま湯につけたり

f:id:mashley_slt:20200106214920j:plain


家のリペアに比べたら
全然難しくもなんともない。
 
まあ家や家具のリペアは今や趣味だけど。 


デメリット

ポニ「結構使いやすそうじゃない!

気になることはある?」

f:id:mashley_slt:20200106215042j:plain

 
うん。
 
①ダブル抽出は薄い
粉用ホルダーはダブル抽出できる仕様で
2カップ同時に抽出可能。

f:id:mashley_slt:20200106215150j:plain


可能だけどダブルはすごく薄い。
 
だから1杯入れたら取り替えて
2杯目を入れることにしている。
 
つまりダブル抽出ホルダーは微妙だ。
 
②使えるカップが限られる
抽出口から底までが狭く7cm前後。

f:id:mashley_slt:20200106215255j:plain

 
抽出に使えるカップが限られる。
 
底の台座を外せば大きなカップもいける。

f:id:mashley_slt:20200106215330j:plain


だけど外すと下にコーヒーが液だれする。
 
エスプレッソだけならいいが
カプチーノは大きなカップで飲みたい。

f:id:mashley_slt:20200106215540j:plain

 
だから小さなカップに抽出して
大きなカップに移している。
 
そのうちこういうジャグを買う予定。

 

KINTO キントー OCT コーヒージャグ 300ml

 

③音が結構する
これは気になるかどうかが分かれるところ。
 
全自動に比べサイズは小さいけど
音は結構する。
 
抽出の時もミルク泡だての時も。

f:id:mashley_slt:20200106215641j:plain

 
嫁氏はこの音結構好きだけど
気になる人はうるさいと感じるかも。 
 
6年越しに自分の変化も感じる
6年間で1回しか使っていなかった
デロンギのエスプレッソマシン。
 
でも今は毎日使っている。

f:id:mashley_slt:20200106215727j:plain

 
ちょうどいいコクになるに?
 
ミルクの泡をしっかり泡立てるには?
 
試行錯誤する楽しさは
全自動ではない手動ならでは。

f:id:mashley_slt:20200106215907j:plain

 
だからと言って使い方が難しい
というわけでもない。
 
「面倒だ」と思っていたのは
6年前の嫁氏の思い込みだった。
 
6年経って仕事やプライベートで
ちょっとだけ色々な経験をした。

f:id:mashley_slt:20200106220930j:plain

 
家具を直す楽しさ
 
捨てずにものを大事にする大切さ
 
不確かなことに挑むワクワク感
 
そういう経験が考え方や性格に
大きな影響を与えてきた。 

f:id:mashley_slt:20200106220010j:plain

 
思い込みを捨てて新しいものに飛び込んでみたり
家や道具を手入れする喜びを知ったり。
 
6年越しにデロンギを使ってみて
6年での自分の変化を感じた。
 
そして過去は過去で今は違うのだから
諦めていたことも挑戦しようと思った。

f:id:mashley_slt:20200106221010j:plain

 
もっともっと美味しい
エスプレッソ作ろうっと。
 
 ベア「じゃあこっちのシロカはもう使わないっすか?」

f:id:mashley_slt:20200106220706j:plain

 
そういうわけじゃないよ。
 
シロカにも役割があって
使い分けるようになったよ。
 
それはまた次回紹介しよう。
 
☆ 続きはこちら👇

 

ラテアートできるくらい頑張れ! 

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

  

  

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家の楽天ルーム↓

f:id:mashley_slt:20200120161714p:plain
 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain