My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>ヨドコウ迎賓館訪問②学校建築にも命をかけた遠藤新からデザイン教育を考える

フランキーの影に日本人

ナウガ親分「ヨドコウ迎賓館訪問の続きだゾォ!」 

f:id:mashley_slt:20190412173701j:plain

 


 今回も迎賓館の中を嫁氏とお散歩しましょう。

 

この建物設計者はフランクロイドライトこと

フランキー(勝手に呼んでます)だけど

彼は基本設計のみ。

 
 
 
View this post on Instagram

Frank Lloyd Wrightさん(@_frank_lloyd_wright_)がシェアした投稿 -

 

実質の部分をやっていたのは

2人のお弟子さん。

 

フランキーは

「あとはYouに頼むよ!4649❤︎」

って帰っちゃった。

 

2人のうち

フランキーに「エンドーサン」と呼ばれた

遠藤新さんの世界に触れて日本のデザイン教育を考えた。

f:id:mashley_slt:20190412225658j:plain

 

 

 

エンドーサンとリクシルさんと

Arata Endo

・福島県出身の建築家
フランキーLOVE
・フランキーの弟子になる
「全一」の考え
帝国ホテルを完成
学校建築
 
エンドーサンは大正から昭和に
活躍した日本の建築家。
 
真面目でまっすぐな人柄な一方
夏はふんどし一丁で過ごす豪快さ。
 
 
彼にとって既に有名建築家のフランキーは
「神」であり「憧れのスター」った。
 
 
 
View this post on Instagram

Frank Lloyd Wrightさん(@_frank_lloyd_wright_)がシェアした投稿 -

 
そんな彼と帝国ホテルの支配人を
通じてお近づきに!一緒に作業することに。

Wright Endo and Hayashi

 
その時に重要文化財自由学園のお偉いさん


そして今回の迎賓館の元の持ち主山邑さん


その人たちとフランキーを
引き合わせたのがエンドーサン
 
フランキーは完璧主義のためタイルもこだわり
帝国ホテル用のタイル製作所も立ち上げ。
 
それがのちのINAX、つまり皆さんご存知の
LIXIL(リクシル)さん


フランキーは予算オーバーする
帝国ホテルの設計で経営者と対立
 
「あとは4649!」と帰ってしまう。
 
引き継いで最後まで終わらせたのが
エンドーサン。

pin

 
そしてヨドコウ迎賓館
を仕上げたのもエンドーサン。
 
だからエンドーサンがいなければ
フランキーの設計は完成しなかったかも。
 
彼は完全にフランキーの
「自然と建築の調和」を受け継ぎ
その遺伝子をここに残している。

f:id:mashley_slt:20190412223412j:plain


 
じゃあそんなエンドーサンの
仕事を見に3階と4階を見て回ろう。
 
びっくり設計の家具
お風呂

f:id:mashley_slt:20190412175504j:plain

 
 
 
洗面所

f:id:mashley_slt:20190412180713j:plain


小間使いの部屋を通って

f:id:mashley_slt:20190412180920j:plain


家族寝室として使われた部屋へ。

f:id:mashley_slt:20190412181149j:plain

 
ここで嫁氏興奮
 
大好きな照明

f:id:mashley_slt:20190412181335j:plain

 
外に使われる石が内にも使われ
ここでも内と外の連続性を感じる。
 
でもここで一番注目すべきは家具
 
エンドーサンによる椅子と机。
※震災後復元されたもの。

f:id:mashley_slt:20190412181601j:plain

 
まず椅子さんはフランキーの特徴
格子が印象的。和室にもあった。

f:id:mashley_slt:20190412181723j:plain

 
幾何学模様もまさにフランキー。

f:id:mashley_slt:20190412181754j:plain

 

現在カッシーナでフランキーの椅子を復刻

この遺伝子をエンドーサンが受け継いでいる。


でも何より感動したのは机

f:id:mashley_slt:20190412182012j:plain

 
この机浮いているように見える。
 
なぜでしょう?

普通机は天板の端っこに
ボディを支える脚がある。
 
でもこの子は真ん中に脚

f:id:mashley_slt:20190412184136j:plain

 
現在日本のバルコニーにも使われる
フランキーのキャンティレバー構造
 
キャンティレバーは片方だけを固定する
浮いてるような構造。
 
 
 
View this post on Instagram

Fallingwaterさん(@visitfallingwater)がシェアした投稿 -

 
 
帝国ホテル設計時地震の多い日本
弾力性もバランスも満たす構造が必要だった。
 
まるでウェイターが料理を運ぶように。
 
キャンティレバーを採用した帝国ホテルは
関東大震災にも関わらず建物が残った

 

LEGO(レゴ) Architecture Imperial Hotel 

 
それを応用したのがこの机。
まるで軽やかで浮いているよう。

f:id:mashley_slt:20190412184103j:plain

 
ただ支えるために脚が太い。
それを解消するためにわざと
切り込みが入っている。

f:id:mashley_slt:20190412183919j:plain

 
この切り込みにより太い脚でも
優雅で軽やかに見える。

f:id:mashley_slt:20190412183940j:plain

 
強くて丈夫という家具の機能と
美しさを同時に満たす。
 
まさにフランキーの遺伝子を
受け継ぐ家具だ。さすがエンドーサン!
  
では4階へ

f:id:mashley_slt:20190412223747j:plain

人も家具も部屋も繋がろう
食堂とキッチンと屋上。

f:id:mashley_slt:20190412184322j:plain


ここで注目すべきは全体の繋がり
 
家具も建具もマホガニーで統一感がある。

f:id:mashley_slt:20190412184656j:plain

 
天井には細工が施され空間全体が
窓や暖炉のデザインともマッチ。

f:id:mashley_slt:20190412184638j:plain

 
その先には屋上があり空や自然を愛でる。

f:id:mashley_slt:20190412184721j:plain

 
自然と部屋
家具と空間
全てに繋がりを持たせている。
 
エンドーサンは「全一」という考え
を持っていた。
 
都市と家
 
家とそこにくらす人 
 
部屋と家具
 
全てが一体となってこそ
いい空間だと考えた。

f:id:mashley_slt:20190412221431j:plain

 
これはフランキーの
空間に関わるもの全てが
お互いに大事な要素だよ
とする有機的建築と同じ。

f:id:mashley_slt:20190412221510j:plain

 
フランキーだけでは自分のしたいこと
実現できなかったと思う。
 
彼の遺伝子を丁寧に引き継ぐ
まさに一番の愛弟子さんだった。
 
暮らす環境を真剣に考えてみよう
エンドーサンは生涯学校建築にも
力を注いだ人だった。
 
 
 
View this post on Instagram

porculsさん(@porculs)がシェアした投稿 -

 
「学校建築は日本の将来を左右する。
なのに誰も真剣に考えていない」と。
 
彼は晩年病気で倒れてしまう
彼は議会に掛け合うなど活動し続けた
 
建物とその周辺
 
部屋と家具
 
そこで過ごす人
 
いかに環境が大切か
知っていたからだ。

f:id:mashley_slt:20190412175553j:plain

 
じゃあ現在の学校建築はどうだろう。
 
教室があって教壇があり廊下がある。
 
そんな典型的な作りは戦後続いてきたけど
今はいろんな建築が行われるように。


最近はもっぱら耐震工事が多いけど。


一方そこで過ごす子供達はどうだろう。
 
その空間の使い方
なぜそのデザインか
 
それを教える時間を設ける
学校どれだけあるだろうか。 

f:id:mashley_slt:20190412224039j:plain

以前ワクワクさんが勤めていた学校で
改装中におじさんからあるクレームが。
 
「無駄な装飾しやがって!税金泥棒!」
 
そんなにすごい装飾ではなく
費用負担のない軽いものだったそうだ。
 
子供達は最低限のもので
無味乾燥に過ごせということ?
 
何かを見て綺麗だって思ったり
物の形の意味を考えたり
 
そんなことも無駄なんだろうか?
 
 
 
View this post on Instagram

Frank Lloyd Wright Trustさん(@flwtrust)がシェアした投稿 -

 
もしそうであれば子供達は
将来クレームのおじさんと
同じになってしまう。
 
日本の子供達は忙しい。
 
美術や技術の時間は軽視されていた
技術と数学担当だったワクワクさん

f:id:mashley_slt:20190412222309j:plain


 
でも教育の中で少しでも
 
身の回りのこと
物のデザインのこと
美しさや形のこと
 
そんなことを考える時間が
増えたらいいなと思う。

f:id:mashley_slt:20190412224146j:plain

もちろんやっている学校はある
学校の特色としてやっている。
 
でも暮らしって
みんなが必ずすること。

f:id:mashley_slt:20190412222400j:plain

 
キャンティレバーがどうがとか
有機的建築がどうとか
難しい話はいらない
 
ただ暮らしやデザインについて
もっと考える時間が増えたらいい。

f:id:mashley_slt:20190412222609j:plain


そしてフランキーやエンドーサンが思い描いた
人も自然も家具も
みんなが調和する空間が
増えたらいいなと嫁氏は思います。

f:id:mashley_slt:20190412222421j:plain

 

おまけ:おやつタイム
帰りに近くのお菓子屋さんに寄った。

f:id:mashley_slt:20190412223037j:plain

カヌレが小さくて愛らしかった。

f:id:mashley_slt:20190412223046j:plain

 
素朴な見た目のクレープを選択。 

f:id:mashley_slt:20190412223101j:plain

 
店が推す商品以外のものを
敢えて選ぶのがMS家です。うまし。
 
デザインのこと考えるのも悪くないよね 

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

 

  ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

まず人が暮らす工夫が大事。

 

家づくり  

そして家の周りの環境も大事。

 

みんなのWeb内覧会 

エンドーサンの建築は自由学園が人気ですね。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。

 

世界を色々旅していろんな街並みを見て

現代の日本の街並みって統一感がアレレ…

 

地震による街の損壊や戦争など

バックグラウンドの違いはありますが

「景観」意識は日本は低い気がします。

 

発展する前の日本の写真の方が美しいですね。

自然と調和しているし看板が乱立せず

住む場所と売る場所が別れている。

 

建物を建てる自由がありますが

もう少し都市全体での計画が

あってもいいと常々思います。

 

一応土地の利用については

商業か住居か規制がありますが

街並みを見ていると

あってないようなレベル…

 

それについて前にも書きましたが

また詳しく書こうと思います。

   

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain