My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

お掃除に過炭酸ナトリウムとセスキ炭酸ソーダを使い分け。重曹やクエン酸との違いは?

実験するよ

ポニくんベアくん集合!

f:id:mashley_slt:20191019201707j:plain

 

ポニ「なんだよもうまだ眠いのに!」

ベア「今日は何するんすか?」

f:id:mashley_slt:20191019201432j:plain

 

今日は新しいアイテムを使ってみよう。

 過炭素ナトリウムとセスキ炭酸ソーダ。 

f:id:mashley_slt:20191019201616j:plain

 

今回は100均のセリアで購入。 

 

ナチュラル系お掃除アイテムとして

重曹やクエン酸と同様注目されてるよ。

 

これらを使い分けるとお掃除がもっと

しやすくなるみたいなんだ。

 

ちなみに以下説明は一般的なものであり

実際使う場合は製品の注意を守ってください。

 

 

重曹とクエン酸の違いおさらい

 MS家では重曹とクエン酸がお掃除で大活躍。

 

以前その使い分けについてお話をした。 


簡単にまとめるとこんな感じ。

f:id:mashley_slt:20191019201834p:plain

(表作成 by 嫁氏)

 

ポニ「両者は汚れに応じて中和

汚れを落とす仕組みなんだよね」

f:id:mashley_slt:20191019201955j:plain

 

そうそうどちらが優れているとかでなく

性質に合わせ使い分けることが大事。

 

この時読者さんからこんなお声を頂いた。

「セスキ炭酸ソーダも実験してほしい」

 

ほほう!ではやってみよう。

ついでに過炭酸ナトリウムも。

 

過炭酸くんとセスキくんの紹介

ベア「カタカナ増えて混乱するっす!

そもそもこれらは何なんっすか?」 

f:id:mashley_slt:20191019202125j:plain

 

じゃあまずはこの2つがどんなものか

みてみよう。

 

まずは図をご覧ください。

f:id:mashley_slt:20191019215710p:plain

(図作成 by 嫁氏)

 

 

どちらもアルカリ性なんだけど

過炭酸ナトリウムは漂白剤。

f:id:mashley_slt:20191019202615j:plain


セスキは重曹と似てるけど

重曹と過炭酸を混ぜたもの。 

f:id:mashley_slt:20191019202543j:plain

 

セスキは重曹と違って水に溶けやすい。

f:id:mashley_slt:20191019202526j:plain

 

だから重曹よりもスプレーを作りやすい一方

重曹のように研磨はできない。

f:id:mashley_slt:20191019202443j:plain

 

そして2つとも

環境に負荷をかけにくいメリットがある。

 

だけどタンパク質を溶かす性質があるから

 素手で触らずゴム手袋推奨。

 

ポニ「つまりセスキは中和で汚れを取り

過炭酸は漂白で汚れを取るんだね」

f:id:mashley_slt:20191019203057j:plain

 

その通り。さすがポニたん。

まとめるとこうなるよ。

f:id:mashley_slt:20191019203816p:plain

(表作成by 嫁氏)

 

過炭酸君は酸素系漂白剤

ベア「なんとなくイメージできた!

でも漂白剤って塩素とか酸素とかあった気が…」

f:id:mashley_slt:20191019203537j:plain

 

過炭酸ナトリウムは酸素系漂白剤。

一方ハイターなどは塩素系漂白剤。

f:id:mashley_slt:20191019203837j:plain

 

どちらも酸化という化学反応で

漂白するけど成分が違う。

 

そして成分が違うと効果も変わってくる。

f:id:mashley_slt:20191019203901p:plain

 (表作成 by 嫁氏)

 

塩素系って結構強い。

 

カビキラー 付替(400mL*2コセット)【カビキラー】

 

色も落とすし

嫁氏は服に穴開けたこともある。

 

けれど酸素系はもっと穏やかで

服の色はそのままに汚れを落とす。

 

シャボン玉 酸素系漂白剤(750g)

 

じゃあ実際に使ってみよう。

しつこい汚れ編と複雑汚れ編の2パターンで。

 

今回は初めて使うので比較実験ではなく

お試し実験ということをご了承ください。

 

①しつこいけど単純な汚れ

<換気扇の汚れ>

f:id:mashley_slt:20191019204650j:plain

 

半年前に掃除したけど少し臭ってきた。 


この時は重曹を使って綺麗になった。

 

そして今これ。はい汚い。

f:id:mashley_slt:20191019204720j:plain


そこで油系に強いセスキくんの出番。

 

ぬるま湯を張ってセスキを入れる。

f:id:mashley_slt:20191019204744j:plain

 

しばらく放置すると…

 

浮いてきた!

f:id:mashley_slt:20191019204832j:plain

 

しかも結構ガンガン浮いている。

f:id:mashley_slt:20191019204913j:plain

 

軽くスポンジで洗って綺麗になった。

f:id:mashley_slt:20191019204928j:plain

 

 使った感想

・重曹より水に溶けやすい

・熱湯じゃなくても溶ける

・重曹の時よりゴシゴシ少なめでOK

 

 <電子レンジ>

いつも重曹でレンチン掃除している

オーブンレンジ。 


重曹と似た性格のセスキくんで

同じ方法でやってみたら同じように取れた。

f:id:mashley_slt:20191019205204j:plain

 

使った感想

 ・重曹よりツルッと感がある

・重曹より溶け残りが少ない

 

<シャツのシミ>

ワクワクさんがシャツの黄ばみと匂いで

悩まされている。

f:id:mashley_slt:20191019205647j:plain

 

漂白する過炭酸くんの出番。

 

ぬるま湯に過炭酸くんを1杯いれ

そこにシャツを入れてつけおき。

f:id:mashley_slt:20191019210422j:plain


 

数時間後。

 

おお!綺麗になった!

f:id:mashley_slt:20191019210324j:plain

 

色物も落ちずに匂いだけ消えた。

f:id:mashley_slt:20191019210353j:plain


 

ちなみに嫁氏もワンピースをやってみたが

こっちは汚れの種類が違うため効果なし。

f:id:mashley_slt:20191019210455j:plain

使った感想

・汗染みや匂いに効果的

・塩素より緩いから色物も大丈夫そう

・ソース染みには効かない

 

②複雑な汚れ

じゃあここから難易度をあげよう。

お風呂と洗面所。

f:id:mashley_slt:20191019210817j:plain

 

ポニ「なぜ難易度が上がるの?」 

f:id:mashley_slt:20191019210742j:plain

 

それはお風呂や洗面所の汚れって

複雑だからなんだ。

 

最初に表で石鹸カス=アルカリ性の汚れと

書いたけどあれは半分本当半分外れ。

 

石鹸カスにはいろんな

汚れが混ざっている。

 

石鹸だけならアルカリだから酸性アタック。

でも皮脂などタンパク質の汚れが混じっている。

 

だから一概にアルカリ性の汚れか

酸性かとは言い難い。

f:id:mashley_slt:20191019210955j:plain

 

同じことはキッチンの排水溝にも言えるね。

 

つまりこれをやったら絶対落ちるよ

ということは一概には言えない。

 

ということでここでは漂白する

過炭酸くんの力を借りよう。

f:id:mashley_slt:20191019213556j:plain


 

<洗面所の排水溝>

洗面所の排水溝を開けてみると…

 

黒い!

f:id:mashley_slt:20191019211239j:plain

 

皮脂や垢、髪の毛、ゴミ

色々混じった汚れだろうね。

 

ここに過炭素くんをかけて

お湯をジャー。

f:id:mashley_slt:20191019211331j:plain


シュワシュワ言い始めた!

 

しばらく放置して流すと…

 

おお!結構綺麗になった!

f:id:mashley_slt:20191019211415j:plain


ただやはり一部汚れが残っているので

残りはブラシでこすって落とした。

 

使った感想

・ミックスした黒ずみがさらっと落ちる

・やや残ってる部分はブラシで

 

<バスタブ>

シャワー派でバスタブの使用頻度が少ないため

普段の掃除も表面だけが多い。

f:id:mashley_slt:20191019211612j:plain

 

さて中はどのくらい汚いのか?

 

過炭酸くんを数杯入れてお湯をためる。

f:id:mashley_slt:20191019211650j:plain

 

半日置いてみてみると…

 

よく見ると

黒いのが浮いてる。

f:id:mashley_slt:20191019211759j:plain

 

あまり使わないから大きな変化はないけど

小さな汚れを出してくれた様子。

 

けど汚れをすくいざっと洗うと驚いた。

 

ピッカピカで光ってる!

f:id:mashley_slt:20191019211925j:plain

使った感想

・使用頻度によってはあまり汚れは出ない

・流した後ピカピカになる

 

使ってみたまとめ
セスキくん
・油汚れが得意
・重曹よりちょっと強い
・研磨は苦手だがスプレーには向く
・掃除の後ツヤっとする

 

過炭酸くん
・色落ちしにくいから服の漂白に向く
・ただソース汚れは難しい
・刺激臭がないので普段の漂白剤にいい

 

注意すること
・分解するから環境に優しいが肌には刺激になる。
手が荒れることもあるので要ゴム手。
・湿気で反応し効果が薄れるので保管は注意。
(ただし過炭酸は完全密閉はNG)
特徴を知って使い分ける
今まで重曹とクエン酸に頼っていたけど
初めて違うものを使ってみた。

f:id:mashley_slt:20191019213328j:plain

 
セスキくんを使ってみて思ったのが
重曹よりも使いやすいということ。

f:id:mashley_slt:20191019213723j:plain


 
熱湯の必要はないしスプレーにもしやすい。
ただ焦げ付き研磨には重曹が必要。
 
一方の過炭酸くんは塩素より緩やかだけど
漂白力や消臭力がしっかりある。

f:id:mashley_slt:20191019213306j:plain

 
だからひどい汚れの場合は塩素系がいいけど
普段の掃除なら過炭酸くんの方が使いやすい。
 
そしてセスキくんも過炭酸くんも
環境負荷が少ない。

f:id:mashley_slt:20191019213404j:plain

 
重曹とクエン酸だけでいいと思ってたけど
これからは使い分けてみようと思う。
 
まだまだやってみたい場所があるので
実験を続けていこうっと。

f:id:mashley_slt:20191019213130j:plain

 

これからの実験も楽しみにしてるよ

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

   

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain