My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

デンマークの旅。名作チェアと泊まるHotel Alexandraのパントン部屋に宿泊

パントンチェアのお手入れ
最近梅雨が信じられないくらい天気がいい。

f:id:mashley_slt:20190618203225j:plain

 
こんな日はテラスの椅子手入れ。 

  パントンチェアは樹脂だから

ジャブジャブ洗おう。

f:id:mashley_slt:20190618203318j:plain

 
ベアくん、ポニたんアレを!
 
ベア「はい!車用のアーマーオール!」
ポニ「日焼け対策なんだよね」

f:id:mashley_slt:20190618203553j:plain

 
そうなの。
樹脂は陽に当たりすぎると
色が抜けるからね。
 
↓ここで使い方を詳しく解説 


ワクワクさんの穴の空いた靴下(洗濯済)

をウエストにして塗り塗り。

f:id:mashley_slt:20190618203623j:plain

 

ベア「ピカーンってなった!」

ポニ「日焼け防止だけでなくツヤも出るね

f:id:mashley_slt:20190618203709j:plain

 

今日もテラスが気持ちいい。

f:id:mashley_slt:20190618203739j:plain

 

ベア「MS家のテラスは白いからパントン映える」

ポニ「でもデンマークのホテルの

パントンチェアも凄かった!」

f:id:mashley_slt:20190618203852j:plain

 

あそこはまさにギャラリーだったね!

 

デンマーク旅行記第17弾。

 ↓スタートはこちらから 


今回はまるでギャラリーな

濃度200%の家具ホテルに泊まろう。

f:id:mashley_slt:20190619002202j:plain

 

 

 

 

家具に触れたい
デンマーク実質三日間のうち
今回の旅行は別々のところに宿泊。
 
1日目はアルネヤコブセンの
ラディソンコレクションホテル。 


2日目は民泊


3日目に泊まったのが

ホテルアレクサンドラ


中央駅近くにあり立地も良い。

 
 
でもこのホテルを選んだのは
家具のため。 
 
デンマークはデザイン大国。
 
家具を楽しめる場所はたくさん。
 
図書館もそうだし

 

 家具屋さんは聖地。 


デザインミュージアムはパラダ椅子。


でもどうせなら触って座って

愛でたくないですか?
 
嫁氏は愛でたい!
 
そう、このホテル家具がヤバイ。
 
さあ入ってみよう。

f:id:mashley_slt:20190618211519j:plain

 

ロビーから家具祭り
こんにちは。
 
?!
 
ロビーからフィンユール!!

f:id:mashley_slt:20190618211721j:plain

 
フィンユールはデンマークの巨匠。
いつかまたお話を。
 
フロントの壁面には家具本やミニチュア!

f:id:mashley_slt:20190618212351j:plain

 
ぬおおおおお!
なにこれ!ミニチュアドールハウス!

f:id:mashley_slt:20190618212530j:plain

 
ちっさなスワンチェア。

f:id:mashley_slt:20190618212607j:plain

 
おっちゃんもいる。

f:id:mashley_slt:20190618212623j:plain

 
奥になんかある!

f:id:mashley_slt:20190618212805j:plain

 
ウェグナー にヤコブセン
フィンユールにパントン!

f:id:mashley_slt:20190618212912j:plain

 
フィンユールのペリカンチェア
この色い椅っ子ね!

f:id:mashley_slt:20190618213018j:plain

 
黒と赤のアントチェア 。
この色の組み合わせ好き。

f:id:mashley_slt:20190618213032j:plain

 
ヘリンボーンの床にパントン柄か!
なんて粋なんだ!

f:id:mashley_slt:20190618213106j:plain

 
壁にはそうそうたる巨匠たちの顔ぶれ。

f:id:mashley_slt:20190618213154j:plain

 
祭ってんなあ!オイ!
 
さらに奥は中庭。

f:id:mashley_slt:20190618213343j:plain

 
デンマークの集合住宅はこんな風に
建物がぐるっとなり中に広い庭がある。

f:id:mashley_slt:20190618213402j:plain

 
なんて美しい!
 
もうここ住んでいいですか?
 
フレンドリーなホテル
ウキウキしながらフロントに行くと
笑顔が素敵なお姉さん。

f:id:mashley_slt:20190618213726j:plain

 
ラディソンはフレンドリーながらやや格式ある感じ。
でもここはカジュアルな雰囲気だ。

f:id:mashley_slt:20190618213817j:plain

 
予約内容を伝えるとお姉さんが
歌うような口調で伝えてくれた。
 
「わーお!今回はパントンルームね!
ぜひ楽しんで♪」

f:id:mashley_slt:20190619000349j:plain

 
そう、パントン部屋に泊まるのだ。
 
オタク度200%の巨匠別コーデ
このホテルの面白さは
お部屋の半端ないオタク度にある。

f:id:mashley_slt:20190619002834j:plain


 
61あるお部屋デンマークの各巨匠
をテーマにコーディネート
 
よかったらHPをどうぞ↓


例えばウェグナー の部屋

pin

 
めっちゃウェグナってる!
 

ヤコブセンの部屋。

pin

 

ヤコブっちホテルにも負けない!

 
そしてドアにその巨匠の名前がある!
これはオーレヴァンシャですな。

f:id:mashley_slt:20190618214417j:plain

 
お部屋に行くまでに壁や
階段にもヲタヲタしさを感じる 。
 
ルイスポールセン祭り。

f:id:mashley_slt:20190618215450j:plain

 
時々階段の壁のところどころに
家具うんちくが書いてある。

f:id:mashley_slt:20190618215556j:plain

 
嫁氏ここのオーナーさんと
お友達になれると思う。

f:id:mashley_slt:20190618215649j:plain

パントンオレンジなリビング
さあついた。
 
部屋の前までパントンしてる。

f:id:mashley_slt:20190618215746j:plain


 お邪魔しまっす!

f:id:mashley_slt:20190618215812j:plain

 
なっんじゃこれ!!!

f:id:mashley_slt:20190618220049j:plain

↓よかったらまずぐるっとリビング。

 

↓こちらは寝室

 

この壁!この家具!世界観!

 

色を自在に操り独自の感性で名作を生み出しきた

パントンの世界観がまさに表現されている!

 

本気度をビシバシ感じる!

 

では落ち着いて中をみていこう。

 

まずはリビング。

f:id:mashley_slt:20190618220420j:plain

 

 

MS家と同じ樹脂のパントンチェア。

f:id:mashley_slt:20190618230642j:plain


これは今でも手に入りやすい。

 

 

でもこっちのパントンチェア は

脚が金属ファブリック。日本では入手難。

f:id:mashley_slt:20190618225654j:plain


こちらはソファと金属のテーブル。

f:id:mashley_slt:20190618225931j:plain

 

デンマークの家具というと木製を

想像する人が多いかもしれない。

 

でも彼が特に好んだのは

プラスチックや金属。

f:id:mashley_slt:20190619003200j:plain


 デザインや色使いを見てもわかるように

常に新しいことにチャレンジしてきた。

 

その証拠にこの部屋は木材がほどんどない

 

そして照明も面白い。

 

FUN SHEll(ファンシェル)

f:id:mashley_slt:20190618225454j:plain

 

たくさんのシェルを組み合わせ

どこかクラシカルな感じもある。

 
VERPAN(ヴァーパン)「FUN SHELL BRASS

 

FUN METAL(ファンメタル) 

f:id:mashley_slt:20190618225533j:plain


素材がメタルになると光が壁に反射し

その陰影も美しい。 

 
VERPAN(ヴァーパン)「FUN METAL(ファン・メタル)

 

PANTOPはベルのような形。

f:id:mashley_slt:20190618230406j:plain

 

日本ではペンダントタイプが入手可能。
 

 

 

ちなみにこの球体の飾りも

パントンのデザイン。

f:id:mashley_slt:20190618230622j:plain

 

小上がりのスペースにも

パントンの絨毯と照明。

f:id:mashley_slt:20190618230737j:plain

 

どこまでもパントンしている。

 

じゃあベッドルームへ。

 

紫にカラーが映える寝室

こちらは先と変わって紫部屋。

f:id:mashley_slt:20190619004057j:plain



 

ベッドのファブリックもパントン。

f:id:mashley_slt:20190618231039j:plain

 

彼は家具だけでなくテキスタイル

デザイナーとしても有名。

 

円形や幾何学を組み合わせたデザインは

存在感が半端ない。

f:id:mashley_slt:20190618231133j:plain

 

そして見て!ベアくん!君の柄!

f:id:mashley_slt:20190618231201j:plain


ベア「!!僕が背負ってる柄だー!」

f:id:mashley_slt:20190618231316j:plain

 

この部屋の椅子は

紫パントンチェアに黒のパントンチェア 

f:id:mashley_slt:20190618232947j:plain


オレンジコーンチェア

f:id:mashley_slt:20190618232918j:plain


紫の壁にカラフルな椅子や照明が

よく映える。

よく見たら暖房まで塗装してあった。

f:id:mashley_slt:20190618233103j:plain

 

このホテルはすごい家具ばかりだけど

こういう手作り感が気取らなくていい。

f:id:mashley_slt:20190619000709j:plain



リビングも入り口もベッドルームも

壁には白い部分が少ない。 

f:id:mashley_slt:20190618233205j:plain



バスルームは白かったけど。

f:id:mashley_slt:20190619000521j:plain

 

でもアクセントカラーがミントグリーン。

f:id:mashley_slt:20190619001153j:plain


パントンが白い壁を嫌っていたのを

きっとオタクオーナーは知っていたのだろう。

 

パントンは以前書いたように

色の魔術師。


色彩が心理に与える効果

徹底的に研究し空間や家具をデザインした。

f:id:mashley_slt:20190618232819j:plain


 

彼はこんな風に言っている。

「白い壁は退屈だ。

僕が政治家なら

白ペンキには特別税をかけるよ(笑)」

 

彼は色は組み合わせてこそ

その良さを発揮すると考えていた。 

f:id:mashley_slt:20190618233447j:plain



世界は美しい色でできている。

 

だからみんなもっと恐れずに

色を使うべきだと。

f:id:mashley_slt:20190618233534j:plain


赤やオレンジが好きな彼は

色の持つ可能性を信じて

果敢にチャレンジしてきた。

 

彼の作り出す空間は独特

好き嫌いはあるかもしれない。

f:id:mashley_slt:20190618233651j:plain

 

嫁氏も最初はびっくりした。

 

でもその世界観を見ると

新しさを感じ想像力を掻き立てられる。

f:id:mashley_slt:20190619000640j:plain


 彼がしたかったこと。

 

それはみんなをワクワクさせること。

f:id:mashley_slt:20190619000918j:plain


たくさんの実験で暮らしをカラフルにし

ファンタジーな世界を作ってきた。

 

この部屋ではそんなパントンの世界観を

十二分に味わうことができた。 

f:id:mashley_slt:20190619001117j:plain



巨匠の世界で家具を愛でるホテル

世界にはたくさんのホテルがある。

 

お家にいるようにホッとするホテル。 


 リゾート気分が味わえるホテル。 


ここホテルアレクサンドラは

巨匠たちの世界観の中で

家具を愛でるホテル。

f:id:mashley_slt:20190619000156j:plain



しかも程よくカジュアルで

堅苦しさがない。

f:id:mashley_slt:20190619000134j:plain



日本では家具屋さんがどんどん減り

名作家具に出会う機会が減っている。 


でもここでは巨匠たちのアイディアや

この国の技術の高さに実際に触れて使える。

f:id:mashley_slt:20190619000257j:plain


いつかまたコペンハーゲンに来たら

今度は別の巨匠の部屋に泊まってみよう。

f:id:mashley_slt:20190619001606j:plain

 

次回

さてひたすら家具のターンだったので

次はお散歩。

 

最終日の夜はコペンハーゲンの夜の街へ

繰り出してみよう。

 

ディズニーや岡山が真似したという

歴史的なあの公園へ。

f:id:mashley_slt:20190618235758j:plain

 

☆続く…  


アレクサンドラのオタク感半端ない!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

   

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain