My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>ヴェルサイユ宮殿で窓に目覚める。パリも日本も窓は文化や暮らしを反映する

外にガバァする窓

ベア「最近あったかい日が続いてる」

ポニ「窓開けると気持ちいいね」

f:id:mashley_slt:20190309184951j:plain

 

ベア「こういう両開きの窓をフレンチ窓

っていうんだよ(ドヤァ)」

f:id:mashley_slt:20190309185019j:plain

 

この窓ってデザインは確かに

海外みたいだけど構造は

思いっきり日本的な窓なんだよ。

f:id:mashley_slt:20190309185117j:plain

 

窓はね奥が深くてその国の文化や

気候を反映してるんだ。

 

嫁氏はヴェルサイユ宮殿で

窓の面白さに目覚めたよ。

f:id:mashley_slt:20190309185213j:plain

 

 

フランスへGO

何年も前フランスに行きました。

 

モンサンミッシェルで塩に惹かれ 


サクレクールではやや怖い目に遭い 


ルーブルでは美術品より床にゾッコンに。 


旅では何に出会うかわからないのが

面白いところ。

 

ヴェルサイユでもそうでした。

f:id:mashley_slt:20190309222849j:plain

 

嫁氏と一緒に宮殿をみて回りましょう。

 

宮殿っていうか街!

もう入り口からして豪華!でかい。

f:id:mashley_slt:20190309185328j:plain

 

前にサンバーストの話をしたけど 


門にも「太陽王」の印が。

ルイくんのアピール半ばない

f:id:mashley_slt:20190309185821j:plain


 

中に入ると…

 

ひっろ!宮殿っていうか街?!

f:id:mashley_slt:20190309190339j:plain


面積は約1000ha。

東京ドーム220個分らしい。

 

模様の違う建物が色々

並んでいるけどどれも

大体シンメトリー。

f:id:mashley_slt:20190309190452j:plain


ヨーロッパの建築だなあ。

 

じゃあ中に入ってみよう。

 

これでもかってくらい

どこもかしこも装飾

f:id:mashley_slt:20190309190649j:plain

装飾

f:id:mashley_slt:20190309190708j:plain

装飾!!

f:id:mashley_slt:20190309190807j:plain

 

1つ1つがすごく細かいのに

それがいたるところにある。

 

元々沼で未開の地だった

ヴェルサイユ。

f:id:mashley_slt:20190309212914j:plain

 

そこを50年近くかけて

今でいうと400億円以上

注ぎ込まれてできた宮殿。

 

外観が金ぴかっていうのもすごいし。

f:id:mashley_slt:20190309214722j:plain

 

見る分には面白いけど

そりゃあ怒る人もいるよね。

f:id:mashley_slt:20190309213618j:plain

 

お!そろそろあの有名なお部屋に

ついたようです。

f:id:mashley_slt:20190309214035j:plain

ギラギラ輝く鏡の間
ヴェルサイユ宮殿といえば
かなり有名なのがここ鏡の間

f:id:mashley_slt:20190309215719j:plain

 
全長70m以上もの広間には
600枚近くの鏡が並ぶ。

f:id:mashley_slt:20190309215828j:plain

 
10m以上の高さの天井
取り付けられた17枚の窓から
光が差し込み反射。

f:id:mashley_slt:20190309215851j:plain

 
時間帯にもよるだろうけど
他の部屋と比べて余計明るい。
 
当時鏡は高価なものだったから
これだけ使うとはよっぽど贅沢だ。

f:id:mashley_slt:20190309220240j:plain

 

戴冠式やヴェルサイユ条約の締結

など歴史的イベントが行われた。

 

凄まじい高揚感だったに違いない。

 
見学した時でさえ
Wow!!!っていっぱい聞こえてきた。

f:id:mashley_slt:20190309220454j:plain

 
ヴェルサイユでは他にも
王妃の寝室とか

f:id:mashley_slt:20190309220723j:plain

 
閣議の間とか

f:id:mashley_slt:20190309221107j:plain

 
色々見たけど正直あんまり
覚えていない。
 
どこもかしこも装飾がすごすぎて
見てるだけでお腹いっぱいだった…

f:id:mashley_slt:20190309222301j:plain

 

でもあるものはただひたすら

眺めてしまいました。

 

ここだけでなくパリの街でも。

f:id:mashley_slt:20190309235539j:plain


 

それが窓。

 

日本の窓とパリの窓

天井が高いというのもあるけど

縦長で大きな窓。

f:id:mashley_slt:20190309223803j:plain

 

日本では掃き出し窓は細長いけど

普通の窓は横長傾向。

 

こんな風に縦にひたすら長い窓

なんてなかなか普通の家で見ない。

f:id:mashley_slt:20190309224200j:plain

 

いやここって宮殿だから

普通じゃないんだけど。

 

あと建物の外から見ても

日本の窓と違う。

 

日本の窓って平面

どっちかというとのっぺり

f:id:mashley_slt:20190309224451j:plain

(MS家の窓)

 

飾りの格子も内側についてるから

影ができると見えない。 

 

一方のヴェルサイユ窓

奥まっていてそこに取り付け。

f:id:mashley_slt:20190309224649j:plain

 

さらに窓の装飾もガッツリ。

だから立体的に見える。

 

でもヴェルサイユだけでなく

街を歩いても窓は細長い。

古い建物ほど特に。

f:id:mashley_slt:20190309225018j:plain

 

横長の窓を見つけたけど

新しい建物だった。

f:id:mashley_slt:20190309225049j:plain

(泊まったユースホステル)

 

枠か穴か

そのあと現地で申し込んだ

ミニツアーでガイドさんに

面白い話を聞いた。

 

窓の作りは建物の作りや文化と

関係しているそうだ。

 

日本の建物は伝統的に

柱や梁で構成されている。

f:id:mashley_slt:20190309235926j:plain


 

だから窓は柱や梁の重なりでできる。

つまりは「枠」を作る考え。

 

一方フランスなどヨーロッパは

石やレンガで建物を造ってきた。

f:id:mashley_slt:20190310000006j:plain


だから窓を作るときは「枠」でなく

「穴」を開けるという考え方。

 

実際フランス語で窓を意味するfenétre

ラテン語fenestra(穴)からきているそう。

 

穴を開けた部分の内側にあるから

奥まっている。

f:id:mashley_slt:20190310000346j:plain

 

さらに穴を開けた部分に取り付けるから

強度の関係で縦長にならざるを得ない。

 

そして敵が攻めてくる恐れ

あるいは気候の違いから内開きの窓も

少なくないことは前に述べた。 

 

内窓の場合内側に開くから

外にフラワースペースを造って

飾ることができる。

f:id:mashley_slt:20190309231702j:plain

 

見られて平気?

さらにガイドさんは面白い話を

してくれた。

 

「こちらの人は見られるのが好き。

だから寒い冬でもカフェでは外に

座ってお茶している場面を見る」

f:id:mashley_slt:20190309231526j:plain

 


確かにカフェの前を通ると

外でお茶をしている人を見かけた。

 

どの席に座るかについては

人種差別議論があるがここでは

長くなるのでやめておこう。


とにかくガイドさん曰く

「見られるのが好き」

な傾向が文化としてあるそう。

f:id:mashley_slt:20190310000524j:plain

 

街を歩きながら

フランスの窓を見て思った。

 

「割と中身丸見え!」

 

カーテンをつけていない

家が結構ある。

f:id:mashley_slt:20190309232108j:plain



もちろん全部の家ではない。

つけているところもある。

 

だけど歩いていてうっかり窓を

覗き込むといろんなシーンが見えた。

f:id:mashley_slt:20190310000832j:plain

 

どこまで見られるのが好きかは不明。

 

でも少なくとも

日本ほどには見られることに

抵抗はないのかもと思った。

f:id:mashley_slt:20190310000630j:plain


 

外にガバァする窓

装飾が多く花が似合い

中からも外からも美しいパリの窓。

f:id:mashley_slt:20190310001025j:plain

 

街を歩きながらひたすら

窓を眺めるだけでも楽しかった。

 

ベア「じゃあ窓を同じようにすれば

パリのインテリア再現できる?!」

f:id:mashley_slt:20190310001101j:plain

 

そうとも限らないよ。

 

上で言ったように

そもそも家の造りが違い

暮らしも違う。

f:id:mashley_slt:20190310001349j:plain

 

だから日本で同じような

窓や建物にしてもうまく

機能しない可能性もある…

 

嫁氏はオタクだから一時期

このフランスのガチな窓

できないか模索したことがある。

 

でも内窓だと雨は入るし

細長いと採光上数も必要

おまけに断熱性能も心配だし

費用がえらいことになるし結局やめた。

f:id:mashley_slt:20190310002030j:plain

 

 

じゃあパリで窓に夢中になったのは

無駄だったかというとそうではない。

 

どうやったら中だけでなく

外から見て綺麗に見えるか 


 窓の性能日本はこのままでいいの? 


そういった家の性能やデザインに

を考えるきっかけになった。

f:id:mashley_slt:20190310002235j:plain


 

それに窓1つだけでその国の

歴史や文化が見えてくるのは面白い。 

 

やっぱり家って

暮らしと深く関わっているなあ

f:id:mashley_slt:20190310001915j:plain


そんなことをパリの空を見て

考えたことを思い出しました。

 

花粉が…

窓を開けたら確かに明るく

気持ちいい。

f:id:mashley_slt:20190310002746j:plain

 

でもね

花粉も同時に入ってくる!

f:id:mashley_slt:20190310002542j:plain

 

現実なんてそんなものだよ…

 

さ、閉めよう。

f:id:mashley_slt:20190310005108j:plain

 

窓と文化や暮らしの関係面白いね!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

 

  ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

窓と暮らしは密接。

 

家づくり  

窓をどこにとるか結構大事。

 

みんなのWeb内覧会 

これ以来窓フェチです。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。

 

昔の家を晒すのはちょっと

恥ずかしかったです笑

 

今見ると色々「あれれ?」なこともしてるし(^◇^;)

 

でも色々やったからこそ今があると思い

実例の1つとして掲載しました。

 

シャンデリアのお部屋はリノベしたアパートで

外観とかも結構変わった作りでした。

 

あのシャンデリアは多分ニトリとかで

買えるようなタイプの安いやつだと思います。

 

実はそんなに好みではないんですが

家賃と部屋の広さとアイアンのバルコニーが

気に入ったこともあり数年住んでいました。

 

あの時の家具がいくつか今でも活躍しています♪

   

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain