My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>モンサンミッシェルで職人魂を感じる塩と出会う

キッチンの謎調味料

MS家のキッチンは見せる収納。

f:id:mashley_slt:20180629165437j:plain

 

IHの前には調味料がいっぱい。 

f:id:mashley_slt:20180629165452j:plain

 

ベア「お湯はねするデメリットも

ありますよね?」

f:id:mashley_slt:20180629171105j:image

 

でも拭けばいいし…

 

調理にさっと使える

メリットもあるよ。

 

ポニ「これ何?」

f:id:mashley_slt:20180629171156j:image

 

それはゲランドの塩

モンサンミッシェルの旅行土産で

塩そのものが美味しい。

f:id:mashley_slt:20180629165541j:plain

 

ポニ「おフランスの話聞きたい!」

 

 

 

 

 

モンさん1日目の失敗

 

数年前行ったヨーロッパ弾丸旅行。

f:id:mashley_slt:20180629173501j:plain

 

イギリスの後ユーロスターで

フランスへ。 

↓ロンドンの博物館の話

  

パリの話はまた今後。

f:id:mashley_slt:20180629162805j:plain

 

行き先はモンサンミッシェル。

長いのでモンさんとお呼びします。

f:id:mashley_slt:20180629140516j:plain

 

パリからは約360kmも離れ

ライトアップも見たいので

泊まりがけ1泊2日でGO! 

 

モンさんは2日目に行くとして

前日は田舎村へ立ち寄り。

f:id:mashley_slt:20180629134414j:plain

 

小さくて絵本に出てくるような

店がいっぱい!

f:id:mashley_slt:20180629134657j:plain

 

観光客向けのお土産や多いものの

人もちゃんと住んでいます。

f:id:mashley_slt:20180629135200j:plain

 

こんな可愛い家に人が住んでる!

f:id:mashley_slt:20180629135010j:plain

 

ホテルからモンさんまでは

徒歩で約30分。

 

わりと離れています…

 

モンさんは明日にして

対岸をウロウロ… 

f:id:mashley_slt:20180629140255j:plain

  

とりあえず

おきまりのあのオムレツを。

f:id:mashley_slt:20180629133310j:plain

 

うーん…

噂通りふわふわしているけど

味がほぼしない!!

 

そうこうしているうちに夜に…

f:id:mashley_slt:20180629142442j:plain

 

遅い時間にライトアップされますが

時間があるので近くまで。

f:id:mashley_slt:20180629141104j:plain 

 

夜も美しいなあ。

 

行き帰り1時間かかり疲れたので

ホテルで仮眠… 

f:id:mashley_slt:20180629142529j:plain

 

…のはずが

ガッツリ朝まで爆睡!

 

ライトアップを見逃す大失態

 

2日目お散歩

気を取り直し翌日は昼間のモンさん。

この日は向かい風で更に遠く感じます…

f:id:mashley_slt:20180629142953j:plain

 

現在は道路が整備されて

モンさん特有の満ち潮と引き潮が

楽しめるようですが

f:id:mashley_slt:20180629163235j:plain

 

嫁が行った当時は工事中…

 

道路ができるまでは土で作った道の

堆積により潮がせき止められ満ち干きが

ほとんど行われなかったそうです。

f:id:mashley_slt:20180629143115j:plain

 

到着!

f:id:mashley_slt:20180629143139j:plain

 

モンさんの島の中は

修道院、歴史的建物、お土産屋。

f:id:mashley_slt:20180629143444j:plain

 

観光客年約300万人に対し

人口は40人ちょい

収入は観光業

f:id:mashley_slt:20180629144130j:plain

 

住人以外の人は

対岸から通勤しているそうです。

f:id:mashley_slt:20180629150303j:plain

 

礼拝堂は708年に作られ

f:id:mashley_slt:20180629150152j:plain

 

13世紀ににはほぼ今の形に。

f:id:mashley_slt:20180629150230j:plain

 

それが現在まで

残っている

考えただけで感動。

 

気候や地震、戦争など背景の違いは

あれど日本のおうちも長生きすれば

いいのになあ…

 

ただ今回の旅は思ったよりは

印象が薄かった…

 

右を向いても左を向いても

 

特に日本人が多い印象

 

帰りのバスの運転手さん曰く

それでもこの時期はまだ少ないよと。

 

旅に何を求めるかは人それぞれ

ここも「歴史的建物」「宗教的意味合い」

という意味では面白いかもしれない。

f:id:mashley_slt:20180629150410j:plain

 

ただ嫁は旅ではその土地の人との

コミュニケーションこそ面白い

思うのです。

 

スペインではホテルのおじさんと

現代の働き方について話し

 

フィンランドでは日本語ペラペラな

サンタと出会う

 

ローマでは怖い思いをしたけど

移民問題を考えるきっかけになった。 

 

やはり嫁は人間に興味があります

 

家具にしても建物にしても

そのものだけでなくそれを作った人や

そこで生活する人のリアルこそ面白い

f:id:mashley_slt:20180629151056j:plain

↓家具の背景を知る家具裏話


でも狭い面積にこんなに人がいて

今回はふれあいの余裕はあまりなく

 

そういう意味で今回の旅は

ちょっと物足りなかった…

(つまらないわけじゃない。人が少ない時間ならもっと楽しめたかも)

f:id:mashley_slt:20180629150945j:plain

 

帰りにお土産で塩を買いました。

夕食も一緒に(久しぶりに肉です)。

f:id:mashley_slt:20180629150737j:plain

 

この塩完全にパッケージ買いだったのに

実はすごいやつでした…

 

ゲランドの塩

"Guérande salt...the best salt of your life."

ゲランドの塩は人生最高の塩だ。

 

"No possible mistake, this is Guérande salt."

(失敗?ありえないよ!ゲランドの塩だよ!)

ゲランドソルト組合より<英語>訳By嫁)

 

フランスの名店のシェフたちも

お気に入りなのがゲランドの塩。

 

日本でもいろんなタイプがあり。

 

一度肉にパラパラっとしたけど

塩辛さがなくマイルド

お肉の味を邪魔しないのにびっくり。

 

今は時々パスタソース作りに使ってます。

f:id:mashley_slt:20180629211536j:plain

 

このゲランドの塩は

古くから

全て職人の手作業!

 

塩田に海水を引き込み

複数の貯水池を経て塩分を調整し

最後に収穫貯水に流し込んで蒸発。

f:id:mashley_slt:20180629154427j:plain

 (ゲランドソルト組合HPより)

 

塩を流し込んだり休ませたり

手間がかかる仕事は

全て手作業。 

f:id:mashley_slt:20180629164020j:plain

(ゲランドソルト組合より)

 

塩田の方法は9世紀頃確立。

17世紀になると何千人もの

塩職人がいたそうです。

 

19世紀後半になると大量生産で

より安くて手頃な塩が増え

一時職人は200人程度まで減少

ゲランドの塩づくりは一時衰退…

 

「どげんとせんといかん!」

ということで組合をつくり

ブランディングを強化。

 

組合の設立で物流の仕組みを作り

職人は塩づくりに専念。

 

有機栽培や

高品質の証明を取得

 

バラバラで各々塩づくりしていた

職人たちが手を取って団結し

塩田は息を吹き返す!

 

今では質の高い価値ある塩として

フランスの高級レストランの

シェフからも愛されています。

 

ものづくりの再生の話って

胸が熱くなります。

↓MS家は職人さんを尊敬しています


日本のものづくりの火が

消えかけている今

ゲランドの団結やブランド化による

衰退からの復活劇には希望が見える… 

f:id:mashley_slt:20180629164648j:plain

 

いつかフランスに行くことがあれば

この塩田を訪れて職人の話を聞きたい。

 

なんだかモンさん本体以上に

ゲランドの塩の裏話に

魅力を感じてしまった旅でした。

f:id:mashley_slt:20180629164327j:plain

 

ちなみに旅行の忘れられない思い出。

 

帰りの飛行機のX線検査で

塩ボトルがドラッグじゃないかと

疑われてカバンを開けられ

入念に検査されたのは今は思い出… 

f:id:mashley_slt:20180629165935j:plain

 

ゲランド塩話熱い!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

☆参考サイト

サリーヌ・ドゥ・ゲランド

(ゲランド塩の組合)<仏・英語>

https://www.leguerandais.fr/fr

 

  ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

 ↓巨匠の製作秘話や名言

f:id:mashley_slt:20180326001158j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

料理の塩の効果は大きいと

節約料理になって思います。

 

家づくり  

家づくりでは

いろんな職人さんのお世話に。

 

みんなのWeb内覧会 

キッチンの写真を見ると

調味料が気になる…

  

☆昨日のはてぶコメント返信

  

スターやブックマーク、コメント

ありがとうございました。

 

参考になったという意見を頂き

書いてよかったです。

 

テーマはなんでもいいと思います。

「落ち着かないアメリカン」でも

「忍者屋敷」でも

「無題」でも…

 

「テーマを作ってそれに沿う」

ということがブレない統一感ある

お部屋作りかなと思っています。

 

>id:mkonohazukuさん

顔がはっきりしているお花は

わかるのですが咲きかけの菊は

どっちが前かわからずいつも

にらめっこしています…笑

 

>id:recommenrockさん

お引越しされるんですね!

ぜひぜひ引っ越す前に

コーディネートをあれこれ

妄想してください(^-^)

引っ越してからいじるのも

楽しいですが大きな家具は

最初に決めておいた方が

後悔が少ないと思いますよ♪

 

>id:tsuputon7さん

うちのソファカバーは

リビングがアクタスで

寝室は無印です(^-^)

アクタスのは模様が凝っていて

生地質も悪くないんですが

ネットに入れて洗濯しても

糸がポロポロ出てくるのが

デメリットです(^_^;)

 

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain