My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

デンマークの旅。伝統×革新のリデザインなアルネ・ヤコブセンのホテル宿泊

お猿さんを飾る

ポニたん「嫁氏ー!遊ぼうよー!暇!」

f:id:mashley_slt:20190608170017j:plain

 

ちょっと待って。

今デンマーク旅行の地図やカード整理中。

f:id:mashley_slt:20190608170040j:plain

 

ベア「お猿さんの起こさないでカード!」

f:id:mashley_slt:20190608170122j:plain

 

3日目のホテルでもらったんだよ。

裏がポストカードになってるの。

f:id:mashley_slt:20190608170145j:plain


カイボイスンって言う

デンマークのデザイナーのお猿さん。

 

カイボイスン デンマーク 

 

こうやって客間のドアにかけておく。 

f:id:mashley_slt:20190608170221j:plain

 

ここに篭れるってわけ。

 北欧インテリアの客間にぴったり。 


 3日目のこのホテルは…

f:id:mashley_slt:20190608170312j:plain


ポニ「その前に前回のホテルの続きは?

1日目に泊まったヤコブセンホテル!

f:id:mashley_slt:20190607224944j:plain

 

そうだった!

 

この部屋にあるアントチェア

f:id:mashley_slt:20190607123946j:plain

 

1日目はこれをデザインした

アルネ・ヤコブセン

設計したホテルに泊まったよ。

f:id:mashley_slt:20190607150428j:plain

 
嫁氏がヤコブっちと呼んで敬愛するヤコブセン。
 
ラディソンコレクションがどんなホテルか?
伝説の606号室がどんなか?

 

それは前回のこの記事を↓ 


ヤコブっち目当てで行ったけれど

改装にデンマークらしさを感じたよ。

 

さてデンマークらしいって何だろう?

 

デンマーク旅行記第7弾。

 ↓スタートはこちらから 


今回はヤコブっちの

名作ホテルの宿泊記。

f:id:mashley_slt:20190608200009j:plain




 

 

名作ロビーでチェックイン
まず名作チェア祭りのロビーで
チェックイン。

f:id:mashley_slt:20190607141233j:plain

 
イケメンのスタッフさんが英語で対応。
 
この旅では何人かのデンマークの人と話したけど
割とフレンドリーだと思った。
 
手続き以外にも
「デンマークは初めて?」
「このホテル初日?嬉しいな!」
「来てくれてありがとう!」
 
握手までされた。
 
イケメンに。
 
いかん!イケメンとの触れ合いを
椅子で中和せねば!

f:id:mashley_slt:20190607150344j:plain

 
ワクワク「大変だ!嫁氏は
3次元のイケメンに慣れてない!

f:id:mashley_slt:20190607230511j:plain

 
客室でヤコブっちと戯れる
今回は17Fのチボリ公園ビュー。 

f:id:mashley_slt:20190607231412j:plain

 
取っ手からしてかっこいい。

f:id:mashley_slt:20190607231133j:plain

 

じゃあお邪魔しまっす!

🔽クリックで再生。 

 

白ベースにアソートカラーにチークを加え

アクセントはゴールドとブラック。

 

そしてお分かりだろうか?

 

ヤコブセン祭りだ!Hooo!

f:id:mashley_slt:20190608213550j:plain

 

まず家具を愛でよう。

 

 スワンチェア。

f:id:mashley_slt:20190607231520j:plain

 

ロビーにあったエッグチェアと共に

このホテルのためにデザイン

f:id:mashley_slt:20190608213704j:plain


 

エッグもスワンも発泡ウレタン

実はそんなに重くない。

 

ゆえに清掃係さんが掃除しやすい。

 

そして曲線だけでできる椅子は

当時とても珍しかった。

f:id:mashley_slt:20190608234148j:plain


その横の照明はレクリント

f:id:mashley_slt:20190608194915j:plain

 

ヤコブっちではないけど

デンマークを代表するメーカー。

 
LE KLINT(レ・クリント)「351」(ランプ別売)

 

あとウェルカムフルーツとして

ドライフルーツまであった。

f:id:mashley_slt:20190608191035j:plain


これうまい。

 

左を向くと…

f:id:mashley_slt:20190607231702j:plain

 

おおおおおお!!

ドロップチェアさんではないか!

f:id:mashley_slt:20190608215651j:plain


ホテルのドレッサー用にデザインされた椅子。

ヤコブっち一番のお気に入りとか。


そしてスタンドもヤコブっちのAJランプ。

AJ=Arne Jacobsenね。

 
ルイスポールセン Louis Poulsen AJ Table AJ 

 

家具を引き立てるデスク兼衝立はチーク材

f:id:mashley_slt:20190608213942j:plain

 ↓チーク材ってこんな貴重な材です 


そしてこれ裏がテレビになっている。

f:id:mashley_slt:20190607232105j:plain


グルンと回転しソファからも見れる。

f:id:mashley_slt:20190608170641j:plain


 

奥の寝室へ。

 

左右にAJランプ!

AJ!AJ!ビバAJ!

f:id:mashley_slt:20190607231912j:plain

 

壁には606号室と同じ初期の頃の

ホテルの内装の写真が。

f:id:mashley_slt:20190607232224j:plain

 

ちなみにエアコンがあった。

f:id:mashley_slt:20190608170840j:plain


 

シンプルでカッコいい。

 

あと外は夏とはいえ10数度だったけど

全然寒くないどころか暖かい。

 

ではバスルームへ。

 

バスルーム

化粧代にはドロップチェアさん。

f:id:mashley_slt:20190607232830j:plain

 

バスルームはトイレ、バスタブ、

シャワーブースが同室。

f:id:mashley_slt:20190607232930j:plain

この組み合わせMS家のバスルームと同じ↓  

 

バスルームはグレー基調に

白がアソートカラー。

アクセントはゴールド。

f:id:mashley_slt:20190608190425j:plain


 

トイレはヨーロッパでたまにみる

壁から突き出たタイプ。

f:id:mashley_slt:20190607233116j:plain

 

水栓系はドイツのグローエ。

これもヤコブっちデザイン。

f:id:mashley_slt:20190608190522j:plain


 

彼のデザインは元々

建築に合わせたもの。

 

水栓からカトラリーに至るまで

トータルでデザイン

f:id:mashley_slt:20190608214404j:plain

 

フランクロイドライトもそうだった。 


世界に名前を残す建築家は

建物丸ごとデザインしたくなるらしい。

 

改装で「革新」を加え魅力的に

ベア「モダンだけど同時に温かみも感じたね」

ポニ「ヤコブっち以外のものもあるよ!」

f:id:mashley_slt:20190608190933j:plain

 

そうなんだ。

 

改装を手がけたSpace Copenhagen

ヤコブっちらしさを残しつつ 

暖かい雰囲気を出したかったそう。 

pin

 

ヤコブっちのデザインだけでなく

彼らのデザインも組み込まれている。

 

例えばソファの上の鏡。

Amorre Mirrorという鏡。

f:id:mashley_slt:20190608191422j:plain


この部屋はチボリも中央駅も見え

窓が広い。

f:id:mashley_slt:20190608214623j:plain

 

だから眺めがいい。

f:id:mashley_slt:20190608191344j:plain

 

外の風景や光が反射して

自然のデンマークアートが

生まれるような鏡にしたとか。

f:id:mashley_slt:20190608215449j:plain

 

このホテルのために彼らが

デザイン。


 まさにヤコブっちの精神

 

そしてこのメイヤーソファ。

f:id:mashley_slt:20190608191750j:plain

 

これはヤコブっちとラッセンの共同デザイン

このホテル用のデザインではない。

pin

でも改装する時これもヤコブっちらしさ

ということで付け加えられた。

 

さらにこの照明。

 

 

これはこのホテル用ではないけど

Space Copenhagenのデザイン。

 

彼らは家具も手掛けていて

伝統を研究し現代に合わせ再構築。

f:id:mashley_slt:20190608195555j:plain


 古いだけでなく新しさを加え

これからもたくさんの人に

愛されてほしいという思いを感じた。

 

朝ごはんもヤコブっち

 翌朝は1Fのレストランで朝食を。

f:id:mashley_slt:20190608194252j:plain

 

席にはヤコブっちのメニュー表。 

f:id:mashley_slt:20190608194234j:plain

 

食事はビュッフェスタイル。

f:id:mashley_slt:20190608194413j:plain

 

肉とチーズを食べまくった。

f:id:mashley_slt:20190608194431j:plain


お腹いっぱい。

 

レストランにもデンマークらしさが。

 

お湯はデンマークのステルトン社の

ジャグでサーブ。

f:id:mashley_slt:20190608194450j:plain

これうちにもあるやつ↓ 

 

なぜステルトンか?

 

ヤコブっちはステルトン社から

SAS用の金属品を出していたから。

 
stelton ステルトン/ヤコブセン Cylinda-Line/AJジャグ2L

 

赤いローファーラウンジチェアは

Space Copenhagenがデザイン。

f:id:mashley_slt:20190608194715j:plain


 ここにも伝統と新しさが融合していた。

 

リデザインする国

デンマークは古さを大事にする国。 


でも同時に新しさを融合する人が

必ず現れる。

 

ヤコブっちもそう。

 

ウェグナー も。 


そしてこの改装を手がけた

Space Copenhagenもそうだ。

 

そしてどれもシンプルで機能的で美しい。

f:id:mashley_slt:20190608194817j:plain


 

なぜか?

 

デンマークにはリ・デザイン

という考え方があるからだ。 

 

デンマークのデザインの父

コーア・クリント。

Kaare Klint

Kaare Klint - Wikipedia

 

彼がこう唱えた。

「古いものに学ぼうではないか!

そしてそれを時代に合わせよう!」

 

 

そしてデンマークの数々の巨匠たちは

古さに学びそれをリデザインしてきた。

f:id:mashley_slt:20190608215249j:plain


だからこそ50年代にデザインされたものが

こうして今も愛されている。

 

そして今活躍するデザイナーも

伝統と革新と融合させている。

 

だからいつまでも古臭くなく

何度見ても飽きない。

f:id:mashley_slt:20190608195311j:plain

 

そんなデンマークの精神

ぎゅっと詰め込んだ素晴らしいホテル。

 

ヤコブっち目当てで来たけど

思った以上の収穫だった。 

 

いいことばっかじゃない

でもデンマークは

いいことばかりではない。 

f:id:mashley_slt:20190608195513j:plain

 

食についてはホテルでの食事が

この旅行の最高潮だった。

f:id:mashley_slt:20190608195657j:plain


 

食事がまずいのではない。

 

食べられなかったからだ。

 

その理由は次回お話を。

 

そして次回は家でデンマーク料理に

チャレンジ。

f:id:mashley_slt:20190608215935j:plain


☆続く… 

 

デンマークの再構築って考え面白いね

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

   

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain