My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>四国家具の旅③イサム・ノグチ庭園美術館で石の声を聴く

四国家具の旅最終回

1日目は宮崎椅子で椅子に興奮。 


 ホテルモアナコーストでのんびり。

 

ベア「2日目は何したんすか?」 

f:id:mashley_slt:20181222214934j:plain

 

石を愛でに行った!

 

ポニ「は?石なんかその辺にあるじゃない」

f:id:mashley_slt:20181222195720j:plain

 

香川へ移動し

f:id:mashley_slt:20181222191550j:plain

うどんを食べ

f:id:mashley_slt:20181222191413j:plain

 

あの巨匠の石を見てきたんだよ。

f:id:mashley_slt:20181222195806j:plain


 

 

 

ノグッティーという人
嫁氏は家具の巨匠たちが
大好き。
 
イームズ、ネルソン、ジラルド、
ウェグナー、フランクロイドライト、
ローエ、マックスビル…
 
作った人のことを知ると
もっともっと愛着が湧く。
 
だからこのカテゴリーでは
そんな話を書いています。


イサム・ノグチこと
ノグッティーも大好き。
(勝手にそう呼んでいます)
 
 Akari

 

イサムノグチ AKARI 

 

サイクロンテーブル

f:id:mashley_slt:20181222193406j:plain

(Vitraより)
 
コーヒーテーブル

f:id:mashley_slt:20181222192911j:plain

(Vitraより)
 
など数々の名作をデザイン。
 
MS家には彼の作品はないけれど
彼の不完全さを愛する姿勢
自然のまま受けれいれる姿勢
いいなあって思う。


ベア「家具のデザイナーより

石の彫刻家として有名っすね」

f:id:mashley_slt:20181222194034j:plain

 

そだね。
石が大好きなノグッティー。

 

大きいものから小さい作品まで作り

f:id:mashley_slt:20181222194616j:plain


それらは美術館

Isamu Noguchi | MoMA

 

公園


大学

f:id:mashley_slt:20181222194420j:plain

ファイル:「無」慶應三田.jpg - Wikipedia

 

など世界中の様々なところに

置かれている。

 

 中でもここ香川の

イサム・ノグチ庭園美術館

は特別な場所。

http://www.isamunoguchi.or.jp/

 

彼が過ごしたアトリエと

自宅がそのまま美術館

なっているんだよ。

 

庭園美術館入り口
イサム・ノグチ庭園美術館は
ちょっと特殊。
 
事前に往復葉書による
予約が必要。

The Isamu Noguchi Garden Museum Japan

 

理由はあとでわかる。

 

事前に無事予約受付され

現地へ。 

 

つきました。

f:id:mashley_slt:20181222200424j:plain

 

受付の小屋に入ると…

f:id:mashley_slt:20181222201412j:plain


 

おお!Akariだ!!

f:id:mashley_slt:20181222200508j:plain

 

スツールや

f:id:mashley_slt:20181222200608j:plain

 

食器

f:id:mashley_slt:20181222200627j:plain


これまでデザインしたものが

展示・販売。

 

ほしいなあ。

でも買えない…

 

岡本太郎×イサム・ノグチ展の

チラシをいただく。

f:id:mashley_slt:20181222200837j:plain

↓岡本太郎について 


いいな行きたいな。

でも遠い…


美術館の外は写真OKだけど

中はダメだからポストカードゲット。

f:id:mashley_slt:20181222201214j:plain

(石はMS家の。なんとなく置いてみた。

ちなみに照明はAkariでなくIKEA…)

 

外の写真とこのカードで

石の魅力を話すね。

 

庭園とアトリエ

時間になると案内係の方と移動。

 

入館証はノグッティーのサイン

入りのシール。

f:id:mashley_slt:20181222203612j:plain

 

今回見るのは庭園と自宅。

f:id:mashley_slt:20181222201456j:plain

 

まず庭園へ。

f:id:mashley_slt:20181222202531j:plain

 

中はぐるっと石で囲まれている。

ノグッティーは「マル」と呼んだそう。

f:id:mashley_slt:20181222202706j:plain



そこには点々と作品が並んでいるけど

どれも作品名や説明がない!

f:id:mashley_slt:20181222202832j:plain

 

係のお姉さん曰く

ノグッティーは難しい話抜きで

ありのままの石を感じて

楽しんで欲しかったそう。
 

だから今回は難しいこと抜きで

ありのままに感じてみよう。

 

 正直最初写真で見たときは

「ストーンヘンジ?」

「これは何なのだろう」

「っていうか切っただけ?!」

なんて思っていた。

 

だって石に興味を持ったことは

なかったから。

 

でもねよく見ると面白い。

 

ここの作品は基本的に

切ったり貼り付けたりして

それほど大きく手を加えていない。

f:id:mashley_slt:20181222203156j:plain

 

もちろんその作業は職人技であり

重たい石の加工はものすごい労力

だったことだろう。

 

だけど色は塗っていないし

細かい装飾もない。

f:id:mashley_slt:20181222203327j:plain

 

ノミなどで削って内部が

見えたものが少なくない。

f:id:mashley_slt:20181222203431j:plain

 

そこで気がついた。

石って中と外で

色や表情が違う。

 

それに切り方によって影が生まれ

立体感が増し違う顔が現れる。

f:id:mashley_slt:20181222203822j:plain

 

石面白い。

 

もっと見たかったけどアトリエへ。

f:id:mashley_slt:20181222204144j:plain

 

蔵の中には

・チョーク

・ノミ

・ロープ

・機械

などが片付けて置かれていた。

 

何とノグッティーが使ったまま

の状態だそうだ。

f:id:mashley_slt:20181222215630j:plain

 

だから勝手に手を触れないように

必ず係りの人がついて回る形に

して予約制にしているのかもね。

 

ノグッティーは晩年自分が亡くなった後も

アトリエがそのまま展示になるように

いつも準備していたそうだ。

f:id:mashley_slt:20181222220320j:plain

 

まるでさっきまでそこで作業を

していたような息遣いを感じた。

f:id:mashley_slt:20181222215747j:plain


 

もう一つの蔵へ移動すると

こっちの作品は全然違った。

 

まずこれデカイ。

f:id:mashley_slt:20181222204458j:plain

 

5mくらいだろうか。

庭の石と違いピッカピカに

磨かれ光っている!

 

こんなに大きいものを

一体どうやって削り

くっつけたのか。

 

ちなみにこの蔵は作品を

先に作りそこに被せるようにして

建てられたとか。

 

そして

その横の蛇みたいな

これ。

f:id:mashley_slt:20181222204707j:plain

 

この滑らかさ半端ない。

どうやって削り出したのか。

 

外の作品と中の作品のあまりの

表情の違いに驚いた。

f:id:mashley_slt:20181222204928j:plain

 

でもどっちも同じ石であり

ちょっと手を加えると

いろんな顔を見せる

それが石の魅力なんだよ。

 

そんな風に言われている気がした。

 

自宅

その後自宅へ移動。

f:id:mashley_slt:20181222205114j:plain

 

昔の日本家屋の素晴らしさや

生前のままの家の様子から

暮らしていた匂いを感じた。

f:id:mashley_slt:20181222210357j:plain

 

シンプルですっきり

した暮らし。

 

でも吊るされたAkariや

随所に見られる曲線から

デザイン性も感じる。

 

そして暮らしていたままの形で

何年も何年も残る家。

f:id:mashley_slt:20181222213445j:plain

 

まるで家そのものも

ノグッティーの石のようだ。

 

石の声を聴いてみて

今回の美術館で

石を眺めて感じたことは

2つ。

 

まず石はありのままで

美しいということ。

f:id:mashley_slt:20181222220048j:plain

 

普段は石なんか気に

留めたことがない。

 

でもノグッティーの作品を見ると

削って露出した内部から

石の持つ美しさを感じる。

f:id:mashley_slt:20181222220110j:plain

 

それから手を加えても

面白いということ。

f:id:mashley_slt:20181222220150j:plain


 

削ったり磨いたり

くっつけたり。

 

元の良さを残しつつ

全く違った表情を見せる。

f:id:mashley_slt:20181222220217j:plain

 

しかも木や他の材料と違い

外に置いたままでも風化すれど

残る。

 

ノグッティーはこう言っている。

「木々は消え去るけれど、

石は残る。しかし侵食を受ける。

他の何が、時間の流れに耐えることを

表現できるだろうか?」

(イサム・ノグチ庭園美術館しおりより)

 

ノグッティーがいなくなっても

何年も強くそこにい続ける石たち。

f:id:mashley_slt:20181222212754j:plain

(庭園の外)

 

それを難しいこと抜きに

ありのままを感じた。

 

「知る」ことだけでなく

「ただ自然のままに感じる」

ことって新しい発見や好奇心を

生み出すことがある。

f:id:mashley_slt:20181222220244j:plain


 

石の声を聴きながらそんなことを

思いました。

f:id:mashley_slt:20181222212956j:plain

 

家具の先には人がいる
作る人の想いに触れ

f:id:mashley_slt:20181222214846j:plain



何もしないことの喜びを知り

f:id:mashley_slt:20181222214545j:plain



感じることの素晴らしさ
を知った今回の四国家具の旅。

f:id:mashley_slt:20181222214449j:plain



海外旅行でも国内旅行でも
つい家具関連に惹きつけられる。
 
だけどそこから生き方とか
暮らしの考え方をたくさん
教わっている。

f:id:mashley_slt:20181222220450j:plain

それは家具をデザインしたり
作ったりする先には誰かがいて
結局は人との繋がりがあるからだ。
 
これからもそんな旅をしていきたい。

f:id:mashley_slt:20181222220553j:plain


 
そして次の目標は
デンマーク。
 
ひとまず今から忙しくなる。
年末の仕事頑張ろう。
ワクワクさんは小屋ね。
 
ベア「あれ?そういえば
この前来週いいことがあるって
言ってなかった?」

f:id:mashley_slt:20181222220621j:plain

そうだった!
これだよこれ…

f:id:mashley_slt:20181222220647j:plain

続く。
 
ただ感じることも大事なことかもね
って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 
 ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

好きなことを考えるのって

日々の暮らしに必要。

 

家づくり  

建物だけではありません。

家具や小物があって初めて

空間ができます。

 

みんなのWeb内覧会 

面白いもの見つけよう。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かい支えを

ありがとうございます。

 

地元だから逆に言ったことないっていう方から

コメントいただきました。

嫁氏の故郷もいろんな魅力があるのですが

やったことないもの

食べたことないものがたくさん…

 

ある人には日常だけど別の人には違う。

旅行では別の人の日常を味わいに行ったり

非日常を体験するところにも楽しみがありますね。

 

そうそう、外観と裏腹にまさにコテージ。

 

でもあの手作り風の外観があるからこそ

気兼ねせずまったりできるんだろうな。

  

 インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain