My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>四国家具の旅①宮崎椅子のショールーム&工場見学

家具の旅

ナウガ親分「ただいまだゾォ」

f:id:mashley_slt:20181220232859j:plain

 

ポニ「どこ行ってたの?」

ベア「お留守番寂しかった…」

ごめんねただいま。

f:id:mashley_slt:20181220232939j:plain

 

ワクワクさんと嫁氏は

誕生日に近場へ

小旅行をするんだ。

 

去年は香川に行った。 


 今年は誕生日は無理だったから

ちょっとずらして行ったんだ。

 

嫁氏は年末31日まで

仕事だからしっかり

休んで頑張るためにもね。

 

ベア「で?どこへ?」

f:id:mashley_slt:20181220233045j:plain

 

四国に行ってきたよ。

初日は徳島で家具製作を

見てきた!

 

 

 

宮崎椅子さん

天童木工


飛騨産業


秋田木工


マルニ木工


 カリモク

【公式】カリモク家具ホームページ|karimoku|木製家具国内生産メーカー

 

富士ファニチア


広松木工

Hiromatsu online shop

 

日本には技術の高い家具屋さんが

各地にある。

 

宮崎椅子製作所さんもそう。

宮崎椅子製作所

 

ただ宮崎椅子さんはその名が現すとおり

基本的には椅子の製作。

 

昭和44年からひたむきに椅子を

作られてきたのだ。

 

例えばホルヘ・エレーラのGolondrina

f:id:mashley_slt:20181220232648j:plain

 

村澤 一晃のpepeソファ 

 

宮崎椅子製作所 pepe sofa 1P 村澤一晃デザイン

 

MS家のダイニングテーブルをデザインした

カイクリスチャンセンさんの

No.42の復刻。

 

宮崎椅子製作所 No.42 ダイニングチェア カイ・クリスチャンセン

 

↓MS家のカイさんテーブル 


 国内外のデザイナーたちの椅子を

高い技術で世に送り出している。

 

見学行きたい

そんな宮崎椅子さんに

いつか行ってみたいと夢見ていた。

 

前に天童さんのショールームには行ったが

時間がなくて工場見学にはいたらず… 


飛騨産業さんもいいがこの時期は

見学はお休みらしい。


じゃあ宮崎椅子さんは?

 

検索すると鳴門市の観光ページに

「事前に予約をすれば見学可」と書いてある。

 

よしこれだ!

 

電話してみたが…

 

ショールームはいいそうだが

工事見学はどうやら

基本的には企業さん向けと…

 

でもご好意で

見せていただくことになった!

 

というわけで

四国家具小旅行決行!

f:id:mashley_slt:20181220233605j:plain

 

嫁氏は年末の仕事に向けて

ワクワクさんは年末の小屋製作に向け

大好きな椅子と家具にまみれ

英気を養う!

 

①宮崎椅子ショールーム&工場見学

②鳴門の家具ホテルでのんびりステイ

③石オタクなのあの巨匠の聖地へ

 

全3回よかったらお付き合いください。

 

今回は宮崎椅子さんへGO!!!

f:id:mashley_slt:20181220232545j:plain

 

ショールームへ

鳴門海峡を渡り鳴門市へ。

f:id:mashley_slt:20181220233432j:plain

 

宮崎椅子さんは…

随分狭い道。

民家の中…

f:id:mashley_slt:20181220233723j:plain


 つきました。

f:id:mashley_slt:20181220233244j:plain


 随分と歴史を感じる。

f:id:mashley_slt:20181221001412j:plain

 

まずはショールームへ。

f:id:mashley_slt:20181220233823j:plain

 

感じのいいお姉さんがでてきて

「好きなだけみてください」

「棚の椅子は降ろしていいので」と。

 

ワクワクさんと

ナウガくんと三人きりに。

 

ええ!

見させていただきます!

いざ!

 

うわぁ!

全方位椅子だ!!

↓動画で360度見れます

 

あっちも

f:id:mashley_slt:20181221005019j:plain



 

こっちも

f:id:mashley_slt:20181220233942j:plain

 

椅子椅子椅子!!

パラダ椅子! 

f:id:mashley_slt:20181220234056j:plain

 

全部座りましょう!

 

 小泉誠「Ori Stool」

f:id:mashley_slt:20181220234028j:plain

名前の通り折り紙モチーフのスツール。

座れて重ねられて置いても存在感がある。

このフォルムたまらん。

 

同じデザイナーの「dandan」もある。

f:id:mashley_slt:20181220234157j:plain


 

INODA+SVEJE「BAR」

f:id:mashley_slt:20181220234235j:plain

 

お尻の形に沿って作られた曲線が

座ると抜群のフィット感を生み出す。

脚置きが真鍮なのもニクい演出。

 

同じデザイナーの「IS lounge」も秀逸。

f:id:mashley_slt:20181220234351j:plain

 

本当は全てのイスについて

書きたいが記事がすごいことになる…

 

本命へ行こう。

 

カイさん

カイクリスチャンセンコーナー。

f:id:mashley_slt:20181221005610j:plain



 

肘掛が美しい椅子No.42

f:id:mashley_slt:20181220234608j:plain


 

イージーチェア「ペーパーナイフ」

とオットマン

f:id:mashley_slt:20181220234646j:plain

 

三角座面が個性的な「UNI-Junior」

f:id:mashley_slt:20181220234723j:plain

などどれもヨダレもの。

 

ちなみにMS家のエクステンション

のようにビヨーンはしないけど

テーブルもカイさん。 

f:id:mashley_slt:20181220234802j:plain

 

カイさんの椅子の特長は

・細さと太さが織りなす美しい脚

f:id:mashley_slt:20181220235025j:plain

・腕にフィットするように作られた肘掛

f:id:mashley_slt:20181220235008j:plain

・360度全方位美しいフォルム

f:id:mashley_slt:20181220235118j:plain

・椅子裏や木材の使い方に工夫を

凝らしているためあまり重くない

f:id:mashley_slt:20181220235141j:plain


 

だからダイニングチェアも1人掛けイスも

座ると立ち上がりたくない

見ると目が離せない

 

 

特にペーパーナイフソファ。

これはヤバイ。

動きたくない。

f:id:mashley_slt:20181220235217j:plain

 

カイさんの椅子は北欧家具全盛期に

作られたものを宮崎椅子さんが復刻

f:id:mashley_slt:20181220235343j:plain


 

ヴィンテージの椅子は結構な値段がするが

復刻は値段が下がる。

 

そこには

宮崎椅子さんのものづくりへの情熱と

価格の絶妙なバランスが見えるのです。

f:id:mashley_slt:20181220235408j:plain

工場見学

※工場内は撮影禁止のため

工場の写真はありません。

写真や作業の様子はHPをどうぞ。

 

宮崎椅子さんは機械と手作業を

合理的に使い分け。

 

削りのや曲木の工程では機械を使用

Wood Work

 

組み立てやファブリックの縫製  

仕上げなどは職人さんの手仕事。

Assembling & Beeswax Finish

Cutting, Sewing and Upholstery

 

見学させていただいたときも 

俊敏な手さばきで組み立てや

ウレタンの貼り付けをされていた。

 

知り合いの家具職人さん曰く

仮に最初から最後まで手作業のみで製作すると

とても買える値段にはならないそうだ。

 

材料費

人件費

場所代

デザイン料

など全て入れると恐ろしい金額になる。

 

でも

機械に頼るべきところは頼り

高いデザイン性の受注生産家具の

値段抑えようとしている。

 

機械に頼るとはいえ

削りの技術は芸術。

f:id:mashley_slt:20181221000145j:plain


 

カイさんの椅子なんか

継ぎ目が滑らかで美しい。

f:id:mashley_slt:20181220235844j:plain


 

さすが国内外で活躍するメーカーだ。

 

デザイナーと職人の共同作業

宮崎椅子さんのもう一つ素晴らしい点は

ワークショップ式で作り上げること。

Dsign Workshop

 

日本のものづくりに置いては

トップダウン式が少なくない。

 

デザイナーがデザインを仕上げ

職人は言われたままに作り

販売店は来た商品をそのまま販売。

 

でも宮崎椅子さんは違う。

f:id:mashley_slt:20181221000249j:plain

 

デザイナーが工場で現場の職人と

ディスカッションしながら

製品を作り上げる。

 

これは北欧家具の製作と似ている。

ウェグナーもそうだった。 


クルマオタクのワクワクさん曰く

マツダもそうらしい。 


デザインだけだと

使いやすさや実際の製作で

不都合が生じる場合がある。

 

そこで現場の声とすり合わせ

机上で考えたことを

実際に作ってみて修正する。

f:id:mashley_slt:20181221001556j:plain


 

カイさんは現在89才だが

2年に一回はここにやってきて

ワークショップを行うそうだ。

 →オフィシャルブログで

様子が載っていました。

 

だからこそ見た目が美しいだけでなく

触っても座っても

居心地のよいイスが出来上がる。

f:id:mashley_slt:20181221000916j:plain


工場を案内してくれたおじさんに

なぜそんなに椅子が好きか聞かれた。

f:id:mashley_slt:20181221001136j:plain

 

たぶん一般の方でこのために来て

ショールームだけでなく工場まで見たい

という人はそう多くはいないのだろう。

 

椅子は家具の中で最も個性があり

暮らしの中で最も人に近い。

見た目と座り心地でギャップがあり

座る前もあともワクワクする。

だから魅力的。

f:id:mashley_slt:20181221001253j:plain


そう答えたらおじさんは嬉しそうに笑って

平日ならまた来てくれと言ってくれた。

 

次に来るときはペーパーナイフチェアを

手に入れて使い心地も話せるようになりたい

淡い期待を抱きながら製作所を後にした。

f:id:mashley_slt:20181221001346j:plain

 

そしてカイさんの話を聞くことで

MS家のカイさんの

テーブルへの愛着が

ますます湧いたのでした。

f:id:mashley_slt:20181221002118j:plain

 

さて次は魅力的な家具ホテル

のんびりしましょうか。

f:id:mashley_slt:20181221004705j:plain

☆続く↓


 嫁氏の椅子好き炸裂だね! 

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 
 ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

好きなことを考えるのって

日々の暮らしに必要。

 

家づくり  

建物だけではありません。

家具や小物があって初めて

空間ができます。

 

みんなのWeb内覧会 

面白いもの見つけよう。

 

☆はてぶコメント返信。

 

不在にも関わらず暖かいメッセージ

ありがとうございました。

 

「植え替えの時期」についてですが

一概にこれというよりは

・植物の根の伸び具合

・成長の度合い

・その植物の成長の時期

などによって変わります。

 

植え替えは植物の生活環境のお引越し。

根っこが露出し移動中に

傷つくことがあります。

 

どうせ移動するなら

多少何かあっても元気な時がいいわけです。

 

だから冬よりは夏や春の植え替えが

適した植物が多いわけです。

 

もちろん具体的にいつがいいかは

植物によるので原産国や

適切な生育環境を確認するのがいいです。

 

ただ根っこが鉢の下からはみ出していたり

根腐れの恐れがあったりする場合は

冬でも植え替えする場合があります。

 

その時でも夜よりは昼間の方がいいと思います。

 

 インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain