My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>ギャッベ展で絨毯織り体験。家具の最近の傾向

家具屋巡りが趣味

MS家は家具屋巡りが大好き。

f:id:mashley_slt:20181109175921j:plain

 

今ある家具はリサイクルショップ等

で安く買ってリペア。 


それとは別に家具の傾向を知り

愛でるために遠出します。

 

香川にはお気に入りショップがあり 


岡山にもたまに行きます。 


海外でも旅行に行ったら

とりあえず家具屋は行く! 


 ああデンマーク行きたい…

 

今回は岡山でギャッベ展

開催されているので一人でGO!

 

ベア「ワクワクさんは?」

f:id:mashley_slt:20181109175949j:plain

 

仕事!

 

 

 

さしこうさんとゾランバリー
 MS家のリビングの絨毯は
ギャッベ

f:id:mashley_slt:20181109180023j:plain

 
結婚祝いにお義母さんが
買ってくれた大事なもの。
 
このギャッベは岡山の
「さしこう」さんという
ところで買いました。
 
「さしこう」さんは
木製家具の家具屋さん。
 
同時にギャッベを扱う
ゾランバリー社の
正規代理店。
 
ゾランバリー社はギャッベの
世界的ブームを作った会社。
 
「ギャッベ」とは通常
イランのカシュガイ族
作ったものを差します。

f:id:mashley_slt:20181109180208j:plain

 
いわゆる「本物」というやつです。
※インドギャッベはまた別
 
ゾランバリーおじさんの熱い思いと
職人さんについては前に書きました。 


日本でも最近ギャッベ人気の

さらなる高まりを感じます。 

f:id:mashley_slt:20181109193434j:plain

 

ギャッベっぽい模倣が増え

本物の値段が上がってるから。

 

太っ腹さしこうさん

10年以上ギャッベビジネスに

携わりっているさしこうさん。

 

さしこうさん本店は

MS家から約70kmのところ。

 

すごい山の中…

f:id:mashley_slt:20181109180637j:plain

 

さしこうさんは 

岡山に3店舗。

 

毎年ギャッベ展をやっていて

さしこうさんで購入した

オーナーにはお知らせがくる。

 

そして 

毎年何か景品をくださる!

 

ちなみに今までいただいたもの。

 

寝室の木製ティッシュケース

f:id:mashley_slt:20181109175201j:plain

 

あと客間のこのレトロな

ミニ引き出し。

f:id:mashley_slt:20181109232248j:plain

 

いつもクオリティ高い!

 

今回はペルシャ更紗

もらえるらしいよ。

わーい。

f:id:mashley_slt:20181109180919j:plain

 

展示会前のミッション

さしこうさんに着いた。 

f:id:mashley_slt:20181109180729j:plain

 

無垢材の温かみを生かした

家具がお出迎え。

f:id:mashley_slt:20181109181551j:plain

 

そうだ!

展示会とは別にミッションが!

 

「テレビで見た

立ち上がりたくない椅子

がさしこうさんにあるから

見てきて!」義父さん


MS家にはテレビがないので

わからないけど義父さんの

ためならえんやこら。

 

あった!

 

さてまず観察。

 

背面はアーム部分から伸びた

フレームに設置されているので

浮いているような印象

f:id:mashley_slt:20181109182345j:plain

 

カイクリスチャンセンの

No.42を思わせます。 

宮崎椅子製作所 No.42 ダイニングチェア カイ・クリスチャンセン Miyaz...

 

 ↓MS家のテーブルもカイさん 


座り心地は…

ダイニングチェアなのに

包まれる感じ!

f:id:mashley_slt:20181109184320j:plain

 

秘訣は

アームの握り心地の良さと

座面奥の小さなカーブ

 

うん、これは

立ち上がりたくない!

 

ちなみに作っているのは

飛騨産業さんだから

受注生産。


展示はウレタン塗装だけど

希望でオイルもできるそう。

 ↓オイルとウレタンの違い


義父さん!

椅子いい感じだったよ!

 

じゃあギャッベ展へ行こう!

f:id:mashley_slt:20181109183933j:plain

 

絨毯織り体験

入ってみるとものすごい数の

ギャッベ!

※展示会場の中の商品の

ブログ掲載は控えています。

 

なんと!

ギャッベ織り

体験コーナー発見!

f:id:mashley_slt:20181109184117j:plain

 

え?ちょっと待って!

これはオールドギャッベ! 

f:id:mashley_slt:20181109184419j:plain

 

オールドギャッベというのは

商品として作られたものでなく

遊牧民たちの生活のために

作られた昔のギャッベ。

f:id:mashley_slt:20181109193307j:plain

 

これは40年前のものらしいけど

手触りが今のものと変わらない!

すごいぞギャッベ!

 

はい、では落ち着いて

織り体験です。

 

織り方は2通り

f:id:mashley_slt:20181109184727j:plain

 

お兄さんがやって見せて

嫁氏も挑戦!

f:id:mashley_slt:20181109184822j:plain

(これはスタッフさんが編んだもの)

 

む、難しい…

嫁氏は一つの結び目に

30秒以上かかる…

 

でも職人のお母さんたちは

一瞬でやってしまう!

↓Youtubeに織り方動画ありました 

 

 職人技!!

 

そんな技を持ってしても

リビングサイズのギャッベは

一人なら一年

複数なら半年

完成までにかかるそうだ。

 

羊の毛を集め

手作業で染めて

手作業で織っていく。

f:id:mashley_slt:20181109185716j:plain

 

ギャッベは安くない。

むしろ今は高級な部類。

 

それだけの労力がかかれば

それだけの値段もかかると納得。

 

ペルシャ絨毯…?

ギャッべ展の方も堪能。

 

ギャッべは手作業なので

二つとして同じ柄がなく

展示会ではいろんな模様が楽しめる。

 

眺めているうちに気づいたことが。

 

なんか最近のギャッべって

ペルシャ絨毯っぽくない?

f:id:mashley_slt:20181109192147j:plain

 (入り口の展示)

 

お兄さん曰く

「模倣ギャッべとの

差別化のため」だとか

f:id:mashley_slt:20181109193124j:plain

(パンフレットより)

 

最近はギャッべ1/10〜1/100

の値段で買えるようになった。

 

そこで差別化のために

技術を上げてより細かい糸を使い

ペルシャ絨毯っぽくなってるらしい。

f:id:mashley_slt:20181109192300j:plain

 (入り口の展示)

 

どおりで数年前より値段が

上がってるわけだ。

 

これは家具の傾向とも似ている。

 

家具は今高価格帯か

低価格帯のどちらか。

f:id:mashley_slt:20181109192516j:plain

 

中価格帯は売れないそうだ。

 

理由は世の中の流れ

「本物を求める」

「安いものを求める」

二極化しているから。

f:id:mashley_slt:20181109193210j:plain

 

ハーマンミラーのイームズチェアも

どんどん値上がりしている。

 

嫁氏はリプロダクトやもどきは

悪いものとは思わない。 


ライフスタイルに合わせて

選ぶべきだと思う。

f:id:mashley_slt:20181109192617j:plain

 

だけどMS家の家具は最終的には

ほとんど正規品のヴィンテージ。

 

それはこうやって作り手の思い

技術の高さを知ってしまうからです。

f:id:mashley_slt:20181109193056j:plain

 

どちらを選ぶかは好きな方がいいし

暮らし方によるけど

お気に入りを長くずっと使うなら

「本物」を選択するのも手だと思います。

f:id:mashley_slt:20181109192640j:plain

 

ペルシャ更紗でエスニックに

 さて景品のペルシャ更紗をゲット!

f:id:mashley_slt:20181109192450j:plain

 

でかい…

 

これは木型に塗料をつけて

一つ一つスタンプのように押すらしい。

f:id:mashley_slt:20181109192907j:plain

 

展示会の記念にリビングを一瞬だけ

エスニックにコーディネート

f:id:mashley_slt:20181109192739j:plain

 

いつもはミナペルホネン柄の

デイベッド閣下が変身! 

f:id:mashley_slt:20181109192828j:plain

 

これもいい感じ。

f:id:mashley_slt:20181109192956j:plain

 

だけどやっぱり

元の色がしっくりくるな。

 

というわけでこの子は

客間(ワクワクさん部屋)の

ベッドカバーになりましたとさ。

f:id:mashley_slt:20181109193026j:plain

 

 ワクワクさん大喜び。

f:id:mashley_slt:20181109194437j:plain

 

これからも末長くよろしくね

MS家のギャッベ。

f:id:mashley_slt:20181109194411j:plain

 

ワクワクさんまたしても…

あ、そういえばお店でギャッベの

フォトコンテストもやってたんだ。

f:id:mashley_slt:20181109234028p:plain 

手づくり家具とギャッベの店 さしこう ゾランヴァリー正規代理店

 

MS家も参加して

素敵な器もらったんだ!

f:id:mashley_slt:20181109233518j:plain

 

これでコーヒー飲もう!

f:id:mashley_slt:20181109233046j:plain

 

ワクワク「今日は家で仕事あるから

コーヒー飲んで頑張る☆

素敵なベッドカバーもあるから

仕事後すぐに二階に上がる♪

 

<10分後>

 

ワクワク「Zzzzzz」

f:id:mashley_slt:20181109234144j:plain

 

またしても

デイベッドで熟睡!

 

ギャッベの職人さんすごい!

 あとどんまい嫁氏!

 って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 
 ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

ギャッベのある暮らしは

夏も冬も心地いい。

 

家づくり  

リビングの顔の一つです。

 

みんなのWeb内覧会 

いろんなギャッベを探そう。

  

☆はてぶコメント返信

 

暖かいスターやブックマーク、

コメントありがとうございました。

 

インテリアでも日常でも使える

と言っていただけて嬉しいです。

 

早速いくつかのブログさんやSNSで

「どっちが好き?」を実践してみたよ

というお声もいただきました。

 

コツは「深く悩まず比較すること」です。

最終決定は悩むこともありますが

比較して自分の価値観を決める練習の場合は

感覚に従って瞬時に決めるのがいいと思います。

 

廃墟が好き?嫁氏も好きです。

ということはヴィンテージやレトロも好き?!

 

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain