My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<家づくり>居心地いい空間?後悔を減らして家具をレスキューする!

家具の強欲大臣から家具の伝道師へ…

こんにちは

家具の愛の伝道師こと嫁氏です。

f:id:mashley_slt:20180207224549j:plain

 

昨日はこんなお褒めの言葉を

いただきました。

f:id:mashley_slt:20180207211414j:image

 

このように有難いお言葉を

いただいたのですが

嫁氏はセンスには

自信ないです…

ごめんなさい…

f:id:mashley_slt:20180207192453j:image

 

でもこれだけは言えます。

今住んでいる空間居心地よい!

今いる家具たちに100%満足!

f:id:mashley_slt:20180207192532j:image

 

もちろん引っ越すまでは

部屋の容量MAX!

椅子がパンパン!

f:id:mashley_slt:20180207210830j:image

 

広くはない!

でも今も不満はない!

f:id:mashley_slt:20180207174612j:plain

 

それはこれまでの数々の失敗から

学んだことが大きいです。

 

夫氏「よっ!現・家具の愛の伝道師

元・無駄を増やす悪徳大臣!」

 

悔しいが否定できない!!

今でこそ椅子を熱く語り

 

ものを大事にしようとか言ってますが、

 

昔は引越しも多く

引っ越すごとに買い換えては処分する

とーっても悪いクセがありました…

 

思えばコストも

モノも無駄にしてきた…

ものすごーく反省してます…

f:id:mashley_slt:20180207192304j:image

 

あのときの棚さん

雑貨さんごめんよ!

f:id:mashley_slt:20180207173655j:plain

(昔の借り住まい)

 

でも、君たちのおかげで嫁氏は成長できた!

f:id:mashley_slt:20180207174711j:plain

(昔の仮住まい)

 

昔はいろいろ模様替えをするも

最終的に

「なんか違うなぁ」

と不満に思う日々だった…

f:id:mashley_slt:20180207173841j:plain

(昔の借り住まい)

 

でも今は違う!

今は自分の住む空間に

後悔していることがない! f:id:mashley_slt:20180207192331j:image

 

それは「カ・ン・ペ・キ♡」

という意味ではありません。

前回のイサムノグチの記事でも書いたように

 嫁は不完全さも面白いと思えるタイプです。

 

今の家は不便さもあります。

でも不満はありません!

 

今日は居心地のいい空間をつくるには

何が必要か考えるお話!

 

 

居心地いいの基準ってみんな一緒?

 

よく「後悔しない家具選び」

「失敗しないコーディネート」

なんて見出しを見かけます。

 

でも、本当ですか?

と嫁は懐疑的です…

f:id:mashley_slt:20180207225039j:plain

 

なぜなら、感覚は千差万別

例えプロのアドバイスに基づいた

インテリアだったとしても

そのインテリアが

「あなた」に合っているか

はわからないわけです。

 

もちろん、家具には人間工学に

基づいた適切な家具距離があるし

 

素材や色選びに詳しい知識があればなおよし!


 でも、見出しの通りの

インテリアを作ったからといって

「あなたが居心地いい空間」

とは限らないです!

f:id:mashley_slt:20180207175204j:plain

 

例えば夫氏は車が大好き。

f:id:mashley_slt:20180207175952j:plain

(うちの子じゃないですよ)

 

ドライブすると

通り過ぎる車の

車種を全て言っていく

変態です(いい意味です)。

f:id:mashley_slt:20180207180224j:plain 

(この子も違います)

 

そんな夫氏から

「嫁氏はどんな車が好き?」

なんて聞かれても

正直よくわかりません

 

「元・愛車コペン」

f:id:mashley_slt:20180207192730j:image

 

「ロードスター」 

f:id:mashley_slt:20180207203553j:plain

 

「ミニのコンバーチブル」

f:id:mashley_slt:20180207194828p:plain

MINI CONVERTIBLE │ MINI Japan

 

「ワーゲン」 f:id:mashley_slt:20180207210426j:image

ぐらいしかよく知らないので

なんとも言えないのです。

 

仮に車が必要になったとして、

「こんな車が似合うよ」

f:id:mashley_slt:20180207175908j:plain

 

なんて勧められても

お、おう…としか言えません。

 

それは「よく知らない」ので

「自分が好きかどうか」

もわからないからです。

 

そして自分にとって

「使いやすいかどうか」

も判断できないからです。

f:id:mashley_slt:20180207193104j:image

 

椅子もそうです。

 

家具に興味が全くない人に

「ねえ、どの椅子が好き?

ねえねえ」

なんて聞いても

正直どうでもいいわけです。 f:id:mashley_slt:20180207193209j:image

 

結局よく考えずに選ぶか、セールに釣られるか

プロに丸投げして選ぶことになります。

 

ここまでは何の問題もありません。

 

ただ、どんなに興味がなくても

普段使うものや日常目にするものは

付き合ううちに

なんらかの感情が湧いてきます。

f:id:mashley_slt:20180207203746j:plain

 

その感情が

「ああ、やっぱり

この椅子にしてよかった」

ならラッキー!

f:id:mashley_slt:20180207195149j:plain

 

でも

「やっぱこの時計大きすぎ…」

「やめときゃよかった」

だったら辛いのです…

f:id:mashley_slt:20180207195258j:plain

 

先日取り上げたこの統計データのように

「インテリアの悩み1位は

捨てられないこと」

になってしまう!!

f:id:mashley_slt:20180207203147p:plain

統計データ|一般社団法人 日本家具産業振興会

 

家具を捨てること前提に考えるなんて辛い!

家具もかわいそう!

コストも余計かかる!

 

家具の愛の伝道師として

家具がどんどん使い捨てになり、

家具屋が無くなっていくこの現状…

つらい!!!

 

つまり嫁氏は

「自分の好みが

よくわからないまま

部屋作りを始め

あとで後悔すること」

 

「後悔して飽きて

家具が捨てられてしまうこと」

 

をなんとかしたいのです!

f:id:mashley_slt:20180207193348j:image

 

じゃあどうしたら

「居心地いい空間」を作れるのか?!

 

どうしたら

「捨てられない」家具を減らせるのか?!

 

家具を捨てない方法

 

 ①自分の好みを知る

よく知らないなら知りましょう!

嫁氏みたくオタクにならなくていいのです!

f:id:mashley_slt:20180207193433j:image 

例えば外食をしたとき座った椅子を見て

「これ形がいいな」

「座り心地いいな」

これだけでいいのです。

f:id:mashley_slt:20180207193523j:image

(あるカフェの椅子)

 

「形」や「座り心地」に

目を向けるようになると

日常で目にした椅子を

意識してみるようになり

いろんな椅子の

「好き」「嫌い」がなんとーなくわかります。 

f:id:mashley_slt:20180207200844j:plain

 

まずは自分の好みを知る!

これ大事!

 

②どう使うかを考える

嫁氏の昔の失敗は

「あ、これ安い!」

「これかっこいい」

「買う時点」でのこと

しか考えなかったこと!

 

これはアカン!

いくら安くても、かっこよくても

ポイントついても

その家具や雑貨は果たして本当に

必要でしょうか?

f:id:mashley_slt:20180207193633j:image

 

本当に自分の好きな空間を作るには

「手に入れてからどうするか」

が大事です!

f:id:mashley_slt:20180207201101j:plain

 

だから購入する際には

「どこに置くか」

「どうやって使うか」

「どのくらい付き合いたいか」

をぜひぜひ考えてみてください。 

 

③コンセプトを決める

いくら一つ一つが好きなものでも

一緒に置くと喧嘩してしまうことも。

f:id:mashley_slt:20180207200635j:plain

 

だからなんとなーくでいいので

北欧風にしたい 

 

北欧インテリア ―世代を超えて愛される Scandinavian Modern

 

ミッドセンチュリーモダンがいい

 

ミッドセンチュリースタイル図鑑

 

和モダンがいい 

 

モダンな和の家 (ホームメイク)

 

とかなんとなーくテーマを決める

のがおススメ!

 

わからなければインスタグラムとか

 f:id:mashley_slt:20180207193815j:image

 

Pinterestとか

 f:id:mashley_slt:20180207193826j:image

で空き時間に眺めるだけでも

色使いやスタイルのイメージが湧きます!

 

自分の好きな空間を作るには

まず自分自身の好みや

方向性を知ること

大事ではないかと思うのです。

f:id:mashley_slt:20180207204424j:plain

 

それでも人も家具もカンペキじゃないので

多少の後悔や多少の不便さ

はあると思います。

 

ただ自分の好みや住まいとちゃんと向き合い

考えられた家や部屋というのは

全く考えないより愛着が湧くものです。

f:id:mashley_slt:20180207204201j:plain

 

またプロを雇ってアドバイスをもらうのも

一つの手ですが

相談するにもにも「自分の好み」がないと

「やっぱり、こうしとけば…」

になってしまいます!

f:id:mashley_slt:20180207204328j:plain

 

だってその空間に住むのは

誰ですか?

 

それはあなた自身だからです。

 

家具の愛の伝道師は

「家具が捨てられない」

という悩みが

早々になくなることを

心の底から願っています。 

f:id:mashley_slt:20180207204250j:plain

 

〜今日の巨匠の名言〜

Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)

f:id:mashley_slt:20180207231515p:plain

100 Architects' Houses Series: #1. Alvar Aalto and His Riihitie 20,Munkkiniemi, Helsinki

 

''The ultimate goal of the architect...

  is to create a paradise. ''

「建築家にとって究極ののゴールはね…

楽園を作り出す事さ!」

 

↓自分はどんなものが好きなだろう

とちょっとでも考えていただけたら

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

家具やものを大事にできる暮らしを。
 

 

家づくり

長く大事にできるような家づくりを。

 

みんなのWeb内覧会

人から学ぶのも大事。

  

インスタグラム↓

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain