My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

デンマークの旅。スカンジナビア航空搭乗記。国際線はリスクヘッジを

朝はコーヒーと…

デンマーク旅行の興奮冷めやらぬMS家。

f:id:mashley_slt:20190601183333j:plain

 

デンマークのコーヒー美味しかったけど

家で朝飲むコーヒーもいいなあ。

f:id:mashley_slt:20190602115544j:plain

 

ベア「今日の朝ごはんは…これ何?!」

f:id:mashley_slt:20190602115524j:plain

 

機内食の余り。

食べきれないから袋系は持って帰ったの。

 

ポニ「ここでも捨てない暮らし発動!」 

f:id:mashley_slt:20190602145007j:plain

↓MS家は脱・断捨利で捨てない暮らし 

 

だって勿体無いじゃない。

 機内食と言えば飛行機楽しかったなあ。

 

ベア「興奮しすぎてひたすら読書と

映画鑑賞してたもんね!」

f:id:mashley_slt:20190602145033j:plain

 

ポニ「でもスカンジナビア航空(SAS)って

ネットを見ると賛否両論あるみたい」

f:id:mashley_slt:20190602145054j:plain 


じゃあ国際線で注意すること

SASに乗った感想をお話ししよう。

 

デンマーク旅行記第2弾。

↓第一弾はこちらから 


今回はスカンジナビア航空で

MS家と空の旅に行きましょう。

f:id:mashley_slt:20190602111756j:plain

 

ちなみにMS家はいつもエコノミー

なのでその点ご注意を。

 

 

国際線エコノミーでの一般的注意点
嫁氏は今までいろんな国に旅してきました。 

f:id:mashley_slt:20190602134158j:plain

(フィンエアー)
 
そこでまず国際線エコノミーに乗る時の
嫁氏なりのオススメの心づもり。
 
以下はスカンジナビア航空(SAS)の
レビューではなく国際線全般で。
 
①高いホスピタリティを期待しない
ホテルや飛行機で日本だろうと海外だろうと
ホスピタリティの高い人はたくさん。
 
だけど日本の場合コンビニでもマックでも
割とハイレベルな人が多い。
 
一方海外ではそうとは限らない。

f:id:mashley_slt:20190602134233j:plain

(JFK空港)
 
高級レストランやファーストクラスは
ハイレベルな人もいると思う。
(行ったことないけど)
 
だけどエコノミーや普通のカフェでは
そうとは限らない。

f:id:mashley_slt:20190602145721j:plain


そう思って過ごす方が楽だ。
 
日本を基準に考えないことも大切。
 
②持ち物は最小限
前も書いたようにロストバゲージ回避のため
MS家は全て機内持ち込みにしている。 


ただその場合注意が必要。

 
それは機内持ち込み荷物自体も
最小限が望ましいということ。

f:id:mashley_slt:20190602134615j:plain


重くなるから。
 
というのも国際線では時々荷物上げ
をされないCAさんもいる。
 
昔旅行で後ろの席のプエルトリコ人の
おっちゃんが手伝ってくれた。
 
嫁氏はおチビで届かないからね…
そんな時に備え荷物自体も軽くしよう。

f:id:mashley_slt:20190602134636j:plain


③ストはよく起きること
国際線で旅行者としてストに遭遇することがある。
残念だけど珍しいことではない。
 
実際SASでもMS家が行く1ヶ月前
スト発生。※MS家は幸運にも大丈夫でした。

 

GWの旅行が吹っ飛んだ方もいる。

 
だから旅行者も準備が必要。

f:id:mashley_slt:20190602134713j:plain


まずストが起こったらどうすべきか
調べて頭に叩き込んでおく。


その上でホテルや現地ツアー可能なら
キャンセル可能なものを選択
 
キャンセル保障をつけると少し値段は上がるので
そこをどう考えるかは各人の判断。
 
ただ物価の高い国へ行く場合は特に
その備えをしておいた方がいい。

f:id:mashley_slt:20190602134945j:plain

 
それを踏まえてスカンジナビア航空
に搭乗してどうだったのか?
 
SASのいいとこ①成田から乗り継ぎなし
日本からデンマークへ行く方法は様々。
 
フィンエアーで行く方法。

https://www.finnair.com/jp/jp/

 
ロシアのアエロフロートで行く方法。 


カタール航空で行く方法。 


色々あるけど成田からの直行便は
スカンジナビア航空のみ。
時期やチケット取得の季節にもよるけど
乗り継ぎしてもなくても値段は大差ない。
 
乗り継ぎがあると中継空港で楽しめる。
ただ時間がない旅だとしんどい。

f:id:mashley_slt:20190602135210j:plain

 
そして遅延すると結構面倒。
 
嫁氏は独身の頃からガンガン旅行してたけど
ワクワクさんは3回目。
↓最初はウィーンでした 


だから今回は乗り継ぎなしのメリットで

スカンジナビア航空を選択。
 
 
SASのいいとこ②機内快適
今回の座席は真ん中の足元が広い席。

f:id:mashley_slt:20190602135528j:plain

 
普通は前の席にモニターがついてる。

f:id:mashley_slt:20190602135337j:plain

(これはNYへのANAフライト)
 
けど真ん中の一番前だからない。
代わりに横にテーブルもモニターも収納

f:id:mashley_slt:20190602135458j:plain

 
おかげで足元が広い。

f:id:mashley_slt:20190602135442j:plain

 
モニターやテーブルはひょこっと出てくる。

f:id:mashley_slt:20190602135622j:plain


映画や音楽、雑誌を楽しめる。

日本語吹き替えも割とあった。

f:id:mashley_slt:20190602135733j:plain

 
嫁氏は興奮で寝られず
最近公開されたものも多いため
次々見てしまう。
 

 
バイス

 ※こっちは英語のみだった。
 
wi-fiも飛んでいるけど
エコノミーは有料。
※会員の方やPlusの方は無料。
 
そしてSASのイメージといえば
ブルー
 
昔の制服もブルー。

pin

 
機体にもロゴにもブルーが使われる。

f:id:mashley_slt:20190602140901j:plain


 
ブランケットは綺麗なブルー

f:id:mashley_slt:20190602135749j:plain


 
イヤホンもブルー。

f:id:mashley_slt:20190602135808j:plain

 
素敵な色に囲まれながら
楽しく過ごせた。
 
SASのいいとこ③機内食GOOD
飛行機での楽しみの一つは機内食。

f:id:mashley_slt:20190602144913j:plain

 
離陸後には飲み物サービス。
 
SASの飲み物サービス
変わっていて注意が必要

f:id:mashley_slt:20190602141722j:plain

 
最初に機内の飲み物を
一気に3つオーダーできる。
 
逆にいうとあとで
オーダーすると有料。
※食後のコーヒー、紅茶、水は別。
 
ワクワクさんはビールも頼んだ。
パッケージが可愛かった。

f:id:mashley_slt:20190602141433j:plain


嫁氏の頼んだオレンジスムージーうまい。

f:id:mashley_slt:20190602141450j:plain


そろそろご飯の時間かな。
 
そうだ!
 
この日のためにワクワクさんは
英語を練習してきた!
↓ワクワクさんの英語勉強 


さあ実践!

Beef or chicken!!だよ!
 
アナウンス「エコノミーのお客様は
チキンのサービスとなっております」
 
ワクワクさん「がーん!!」

f:id:mashley_slt:20190602141100j:plain

 
ま、まあそういうこともある!
 
1食目はチキン照り焼き的なもの

f:id:mashley_slt:20190602141201j:plain

 
ちょっと炭水化物祭りだけど
割と美味しい。
 
2食目はエビのサラダとパン。

f:id:mashley_slt:20190602141553j:plain


 
まさか飛行機でエビが食べられるとは!
 
いろんな機内食食べたけど
SASは割と好き。

f:id:mashley_slt:20190602141624j:plain

注意点&気になること
・座席指定は有料 
真ん中の席は無料だけど端っこの方は
エコノミーでも数千円かかる。
 
MS家は移動は出来るだけ安くしたいけど
飛行時間11時間だから有料で端っこに。

f:id:mashley_slt:20190602141909j:plain

 
・英語使う覚悟を
SASのCAさんには日本人の方もいらっしゃる。
だけど圧倒的にデンマークの方が多い。

f:id:mashley_slt:20190602142015j:plain

 
そして結構フレンドリーに
話しかけてくる。
 
機内アナウンスも行きは
英語のみの部分があった。
 
 ・飲み物の頼み方に注意
上に書いたように一気に3つ頼むサービス。
 
コーヒーや緑茶はあとでもらえるけど
基本は先に頼むシステム。
 
・機内食は選べない
アレルギーや宗教で特別食を
事前に頼むことはできる

https://www.flysas.com/jp-ja/fly-with-us/inflight/

 
ただエコノミーは
それ以外は選択肢がない。
 
ワクワクさん待望の
Beef or fish?
Chicken or Pork?
なんてやりとりはできない。

f:id:mashley_slt:20190602142551j:plain

SASはコストカットして
運賃を安くしよう
しているのでそう思うと納得。
 
だけどそれを楽しみにしている人には
向かないかもしれない。
 
リスクと自分基準にしないこと
というわけで SASに乗ってみて
MS家としては快適に過ごせた。 

f:id:mashley_slt:20190602220435j:plain


ゆっくりできたおかげで

逆に楽しくて寝れなかったけど。
 
国際線ってワクワクする
ただ飛行機に乗った時から自分の国を離れる
 
そこでは自国の価値観が
通用しないことも多々ある。 

f:id:mashley_slt:20190602142747j:plain

 
そしてリスクもある。
 
それを十分理解して空の旅を
楽しみましょう。
 
さあもうすぐコペンハーゲンに到着。

f:id:mashley_slt:20190602220339j:plain


降りたらどんな世界が広がっているのかな。

f:id:mashley_slt:20190602142942j:plain


☆続く… 

 

国際線は楽しみと心づもりが大切だね

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

   

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain