My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<映画>『シュガー・ラッシュ・オンライン』感想。それでも新しい世界に飛び込みたい

今年の初映画

2019年今年一発目の映画体験は

『シュガー・ラッシュ・オンライン』

(原題:Ralph breaks the Internet)

f:id:mashley_slt:20190110164152j:plain

 

はてなブログの今週のお題らしく

目に入るたび見たいと思って

うずうず↓

映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」の感想 #シュガラお題



sponsored by 映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」(12月21日公開)

 

やっと深夜上映で見ることができた。

f:id:mashley_slt:20190110164127j:plain


 

新しい世界への挑戦か

平穏な暮らしか

どんな生き方をしていきたいのか

考えさせられる映画だった。

 

 

前作は

この映画は前作

シュガー・ラッシュ』の続編。 

 

舞台はゲームセンター。

 

ゲームの世界の

悪役的ポジションラルフ

f:id:mashley_slt:20190110164042j:plain


 

レースゲームのヴァネロペ 

f:id:mashley_slt:20190110164103j:plain

 

この二人があーだこーだして

いつもは悪役のラルフが

本当の自分と

なりたい自分の間で

悩んで自分を見つける 

のが前回。

 

ゲームの世界でも夜中になると

実はキャラたちが…と言う設定は

ピクサーのトイ・ストーリー っぽい。 

 

クッパやザンギエフなどが

悪役セラピーをする様子が最高だった。 

 

では今作はどうだろう?

 

魅力的な見せ場

内容についての前に

見せ方で魅力的だったところ。

 

①ネットのワクワク感

インターネットに初めて

触れたときのこと覚えてますか?

f:id:mashley_slt:20190110162450j:plain

 

嫁氏は大学生。

 

それまで知りたかったことって

本で調べるか人に聞くか。

 

基本的にテレビもラジオも

こちらが知りたいことより

向こうが教えたい情報を発信。 

f:id:mashley_slt:20190110162426j:plain

 

でもネットに触れてみてびっくり。

 

知りたいことを検索すれば

出てくる。受け身じゃない。

 (正しいかどうかは別として)

 

そのワクワク感

初めてネット世界に飛び出す

ラルフとヴェネロペを通じて表現。

f:id:mashley_slt:20190110164240j:plain

 

しかも楽天だのアマゾンだの

インスタグラムだのかなり細かいとこまで

巧みな表現を見つけるも楽しい。

f:id:mashley_slt:20190110164259j:plain


 

②風刺と自虐パロディ

最近映画においてのお姫様の

描き方が変わってきた。 

 

ディズニーのクラシックな

プリンセスはどの姫も

王子に助けてもらう流れ。

 

でも『リトル・マーメイド』くらいから

姫は自分で戦うようになり

 

プリンセスと魔法のキス』では

姫は現実思考になり 

 

アナと雪の女王』になると恋愛は別に

テーマじゃなくてもよくなる。 

 

今回の映画では

プリンセスが大集合。

f:id:mashley_slt:20190110163238j:plain


 

面白いセリフがある。

 

プリンセスの部屋に迷い込んだ

ヴァネロペちゃん。

 

不審者扱いされたので

とっさに「私はプリンセスよ!」

と言ってしまう。

 

姫「魔法の髪は?」

→ヴァネ「ない!」

 

姫「魔法の手は?」

→ヴァネ「ない…」

 

姫「動物とおしゃべりは?」

→ヴァネ「しない」

 

姫「毒は?」

→ヴァネ「え?!」

 

姫「誘拐や監禁は?」

→ヴァネ「警察呼ぼうか?

 

姫「男の人がいなければ

何にもできない女の子

ってみんなに思われてる?」

→ヴァネ「そう!それってムカつくよね?」

 

姫たち「本物のプリンセスよ!

 

最高です。

 

一昔前ならドリームワークスの

シュレック』がやっていたようなことを

自らネタにするようになった。

 

そのほかにもネットを楽しいものに見せつつ

ピリッとした風刺が随所に見られる。

 

トイストーリー3みたいな話

今回のお話は

極めて『トイ・ストーリー3』的。 

 

トイ・ストーリー3』は

おもちゃウッディが

持ち主のアンディが成長し

おもちゃ離れとどう向き合うかという話。

 

ウッディはお父さん的役割であり

これはまさに親の子離れだ。

 

ピクサーってこれまで

「親子」を暗示する話

色々書いている。

 

モンスターズ・インク』もそんな感じ。

 

ディズニースタジオによるこの映画も

新しい世界に飛び出したいヴァネロペ(子供)

安心安全に暮らしたいラルフ(お父さん)

の対立が見える。

 

今までずーっと「シュガーラッシュ」と言う

同じ世界で同じことの繰り返し

飽きたヴァネロペちゃん。

f:id:mashley_slt:20190110163543j:plain

 

一方のラルフはそんな平和で楽しい

毎日がずっと続くといいな

って思っている。

f:id:mashley_slt:20190110163627j:plain


 

どちらの言うことも理解できて

どっちも間違っていない。

 

でもヴァネロペちゃんは

ネット世界で「スローターレース」

と言う新しいエキサイティングな

ゲーム(=世界)と出会う。

f:id:mashley_slt:20190110163658j:plain

 

荒くれ者がたくさん住む街で

急にサメが飛び出してきて

泥棒がうじゃうじゃ。

 

根っからのレーサーの彼女は

コースもクソもあったもんじゃない

何が起こるかわからない世界

自分の生きがいを見出す。 

f:id:mashley_slt:20190110163952j:plain

 

でもラルフは可愛いヴァネロペが

自分の元から去るのは辛いし

彼女に危ないことをさせたくない

f:id:mashley_slt:20190110163937j:plain

 

さてこの二人が葛藤と対立に

どう向き合っていくかというお話。

f:id:mashley_slt:20190110163924j:plain


 

これはまるで実家を出て

新しい世界に飛び込む子と

どう向き合うか葛藤する親だ。

 

嫁氏はこれをみて

昔関わった生徒を思い出した。

f:id:mashley_slt:20190110164433j:plain

 

Cちゃんの話

ある田舎の高校にいたときの話。

 

そこでは生まれた時から

地元で成長し

地元で就職するのが当たり前。

f:id:mashley_slt:20190110164339j:plain

 

「東京いきたい」

「ジャスティンビーバーのライブ行きたい」

「渋谷を歩いてみたい」

 

そんなことを言いつつも

実際修学旅行で関東にいった時は

自由行動でどうすればいいかわからず

多くの子が速攻帰ってきた。

 

地元で知った顔がいて

知った空気感でいるのが

心地いいからだ。

 

そんな中Cちゃんという子がいた。 

f:id:mashley_slt:20190110164502j:plain

 

Cちゃんは家庭環境が複雑で

今すぐにでも家を出たいと

言っていた。

 

勉強したいこともあった。

 

でも進路希望は

地元での就職。

 

理由を聞くと

「そんなの怖いし無理」

f:id:mashley_slt:20190110164532j:plain

 

外に出たいと思っていても

その方法を知らなかった。

 

だって周りは地元に残る雰囲気

家では大人が関わってくれない

 

気持ちは外に向いていても

外に行く方法を知らないし

出ることは許されないと

思っていた。

 

そこで授業では

いろんな世界を見せた。

 

アフリカの民族の話 

 ※ブラックパンサーの話はしてません。だいぶ昔のことです。

 

アメリカでのコミケ話


フィンランドの日本語が

話せるサンタの話 


 別に海外に行かなくてもいい。

 

同じ地球にいる人で

こんな生き方もある

世界は広いんだよと伝えた。 

f:id:mashley_slt:20190110165006j:plain

 

そして部活動の後は

具体的にどんな風になりたいか

そのためには何が必要か

二人でよく話をした。

f:id:mashley_slt:20190110165040j:plain


 

彼女とは卒業まで一緒には

過ごせなかった。その前に退職したから。

 

でも人づてに聞いた話は

実家から遠い親戚の家で

専門学校に通い就職したそう。

 

「mashley先生に今楽しいですと

伝えてください」と言われた。

f:id:mashley_slt:20190110165117j:plain

 

泣いた。

 

嫁氏はCちゃんのために

十分なことができたかと言うと

そうも言えない。

 

でも彼女は「不安」「無理」

と思いつつも新しい世界を覗き

自分で踏み出した。

f:id:mashley_slt:20190110165152j:plain

 

周りが反対しても

他の人と違う生き方でも

自分で決めたやり方を選んだ。

f:id:mashley_slt:20190110165233j:plain


 

勇気がいることであり

嫁氏は彼女を尊敬している。

 

見守る勇気を

新しい世界って

ワクワクする。

f:id:mashley_slt:20190110165326j:plain


 

でも怖いし不安もある。

 

それでも飛び込んで

新しい世界、自分を見たい。 

f:id:mashley_slt:20190110165357j:plain

 

そう思う子は少なくない。

 

嫁氏も子供みたいなもんだから

どっちかと言うとヴァネロペ

ちゃんみたいにチャレンジしたい方。

 

友人や親御さんとしては

大事な人や子供が知らない場所に

行くのは不安も大きいと思う。 

f:id:mashley_slt:20190110165508j:plain

 

嫁氏は子供ができなかったから

無責任なことは言えないけど

可能な範囲で見守って

応援してほしい。

f:id:mashley_slt:20190110165524j:plain


 

だってやっぱり人間って

好きな世界で輝きたいと

願うものだと思うからです。

f:id:mashley_slt:20190110165550j:plain

 

有名とか知名度とかの輝きでなく

自分が好きなことを

自分らしい形で取り組むと言う意味で。

f:id:mashley_slt:20190110165606j:plain


新しいことやってみようかな

周りの頑張る人見守ってみようかな 

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 
 ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

共に暮らす人を元気付けよう。

 

家づくり  

家づくり頑張る人応援します。

 

みんなのWeb内覧会 

頑張る人を応援しよう。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。

 

ワクワクさんは高専で勉強したり

技術教科を教えたりと

ちょっとだけものづくりに携わったものの

大工は完全な素人です(^◇^;)

 

だからいつも二人で手探り

しながらやっています。

 

よーく見ると歪みなどあるのですが

そこは素人工事で味だと思って楽しんでします。

 

ただ壊れてよそ様に迷惑は

かけない様には気をつけています。

 

嫁氏の服はだいたいユニクロやGUや無印です。

服は適当でずーっと同じものばっかり

着ているので褒められてなんだか

嬉しい様な恥ずかしい様な。

今年はもうちょっと自分にも気を使おうと思います。

      

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain