<映画レビュー>インクレディブルファミリーを見て思う。家族もやりがいも大事に

家族全員がヒーローの映画

ファーストディだったので

映画へ行ってきました。 

f:id:mashley_slt:20180801193841j:plain

 

14年間待ちに待った

Mr.インクレディブル 」の続編

インクレディブルファミリー』 

 


前作は

スーパーヒーロー一家の物語。

f:id:mashley_slt:20180801193908j:plain

 

家庭を持ったスーパーヒーローが

家庭仕事ヒーロー活動

どうやって両立させるか

描いたコメディ

 

続編が期待されていたものの

ずーっと先延ばしだったこの作品。

2作目を見て生き方について

考えました。

f:id:mashley_slt:20180801193938j:plain

 

 

 

 

時間がかかったのはなぜ?

1作目は衝撃的でした!

 

お話のスタートは

ヒーローへのインタビュー。 

f:id:mashley_slt:20180801194026j:plain

 

ヒーローの愚痴から

始まります!

 

「いやあヒーローも

大変なんだよ」って。

f:id:mashley_slt:20180801194051j:plain

 

ヒーローパパのボブ中年太り。

ヒーローが禁止された時代に

昔の栄光にすがろうとする。

f:id:mashley_slt:20180801194115j:plain

 

ヒーローママのヘレン

しっかり者のお母さん

昔は昔!過去にすがらず

家族を一番にしています。

f:id:mashley_slt:20180801194131j:plain

 

娘バイオレット思春期の

ティーンエイジャー。

f:id:mashley_slt:20180801194149j:plain

 

息子ダッシュやんちゃ盛り

小学生。

f:id:mashley_slt:20180801194208j:plain

 

今回大活躍する赤ちゃん

ジャックジャック

f:id:mashley_slt:20180801194223j:plain

 

『アイアンマン』『スパイダーマン』

等の登場で今でこそ当たり前に

なったヒーローの日常。

 

デッドプールなんて

トイレも見せるし

パンツも見せますからね…

 

でも2004年当時

アベンジャーズもなく

『スパイダーマン』『X-Men』ぐらい。

 

ヒーローが愚痴って

中年太りに悩み

パパやママとして奮闘する

なんて画期的でした。

 

ヒーローも完璧じゃないし

男も女も子供も関係なく

みんな輝けるんだ!

f:id:mashley_slt:20180801194258j:plain

 

そんなメッセージのつまった

映画でした。

 

監督のブラッド・バードは

前作から時間がかかった理由として

「ほかのことが頭を占めていた」

と言っていますが

f:id:mashley_slt:20180801194314j:plain

(パンフレットより)

 

ヒーローの日常映画が

当たり前となっていく中で

続編として描く必要性を

模索していたんじゃないか

と思います(推測ですが)。

 

やりがいも家族も全部

じゃあそんな続編のテーマは何か?

 

正直前作ほどインパクトや

テーマ性は感じませんでした。

 

でも

この映画がダメかというと

そんなことはない!

 

脚本も美術も映像も

細かいところまで

よくできています。

 

ひたすら笑ってアクションも楽しめる

ファミリームービーです。

 

ただ嫁は違う部分で

グッときました。

 

前回はヒーローのパパがメインで

過去の栄光にすがりもう一度

あの頃の輝きを取り戻そうとする

様子が描かれていました。

 

お子さんと一緒に見たパパは

共感するかもしれません。

 

今作は逆転!

ママにスポットライト

当てられます。

f:id:mashley_slt:20180801194608j:plain

 

昔のことは昔のことと割り切り

家族一番で考えてきたママ。

 

ヒーローが法律で禁止された時代に

その力をもう一度取り戻すための

アイコン的役割になるよう求められます。

 

最初はためらっていたものの

活躍の場が与えられて

輝きを取り戻すママ。

f:id:mashley_slt:20180801194409j:plain

 

バイクで颯爽と現場に向かうシーンは

水を得た魚のようにママが美しい!

 

暮らしの中で自分が輝く場所を見つけた

ママは本当にかっこいい!

 

一方のパパはママの代わりに

子育てと育児担当になります。 

f:id:mashley_slt:20180801194633j:plain

 

本当は自分が

ヒーローとして活躍したい!

でもママも応援したい…

でも悔しい!!

 

簡単だと思っていた家事や子育ても

一筋縄でいかずボロボロに…

 

でもなんとか奮闘するうちに

みんなのヒーローだけでなく

家族のヒーローにもなり

そこにやりがいを見出していきます。

f:id:mashley_slt:20180801194705j:plain

 

社会的な脚光であれ

家族の中のヒーローであれ

自分が輝ける場所も家族も

大事にして生きていいんだよ。

 

そんなメッセージを受け取りました。

 

家族は大事です。

 

嫁は家族より仕事を強要する

空気には窮屈を感じます。

みんな早く家に帰れたらなって。

 ↓スペインでも考えました 

 

でも一人の人間としても

家族以外の人の役にも立ちながら

いつまでも輝いていたい

とも思います。

 

有名にはならなくていいけど

家の中だけでなく外の世界でも

自分が役に立てることをしたい。

 

お子さんがいるご家庭はなかなか

その両立って難しいと思います。

 

でもどれか一つでなく

どれも大事にしていい

だけどそのためには

家族の協力は大事。

f:id:mashley_slt:20180801200119j:plain

 

そう言われているようでした。

 

 

バリミな家具もたくさん

あとこの映画の見所は家具

f:id:mashley_slt:20180801200035j:plain

 

前作も今作も

50年代〜60年代設定

 

だから出てくる家具も

バリバリミッドセンチュリー

(略してバリミ)なものたくさん!

 

チューリップチェア(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801194816j:plain

 

エッグチェア(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801181310j:plain

(imdbより) 

 

アルコランプ(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801194833j:plain

 

チューリップテーブル大・小(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801181519j:plain

(knoll社)

 

イームズラウンジチェア(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801194846j:plain

 

イームズアルミナムグループチェア(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801201915j:image

 

50〜60年代のアメリカのチーク家具

f:id:mashley_slt:20180801181941j:plain

 (Pinterestより)

 

スワンチェア(もどき)

f:id:mashley_slt:20180801182240p:plain

 (フリッツハンセンより)

 

1回見ただけなので見逃しも

あるかもしれませんが

あらゆるところに

バリミ家具!

 

映画のオマージュも

たくさん入っています。

 

例えばこれ。

 

もちろんトミーリーじいちゃん似も

でてきますよ。

 

↓MIBの家具について 

 

ジャズ・オーケストラな音楽

それから音楽もいいですね。

前作今作どちらもバックに流れるのは

ジャズオーケストラ。 

 

ヘンリー・マンシーニや

ジョン・バリーを研究して

作られているとか。

 

モンスターズインクの時も

ジャズが使われていましたが

本当にピクサーは世界観への

こだわりに妥協しない!

モンスターズ・インク

 

だからこそ大人も子供も

大人だけでも楽しめる

と思います。

 

50'世界観の中で生き方の提起

家具や音楽が作り出す50'世界観が

ばっちり作り込まれているのは

さすがオタク集団ピクサー

f:id:mashley_slt:20180801195955j:plain

 

そんな世界観の中で

現代にも通じる家族の問題

個人としての生き方を

考えさせてくれます。

 

今年一番ではないけれど

見て損はしない映画の一つ

だと思います!

 

家づくりブログ的には

家具映画としても

おすすめ!

 

ちなみにピクサーは

本編前に短編もやりますが

今回の短編『パオ』

本作に負けない出来!

f:id:mashley_slt:20180801195821j:plain

 

普段は映画じゃ泣かない

嫁氏涙腺結界!!

 

もう一個見た作品は…

あと実はこの日は年一回

MS家はしご映画デー

 

『ジュラシックワールド』も

見たんですが


感想は…

 

すいません

差し控えたいと思います…

f:id:mashley_slt:20180801200204j:plain

 

好みはそれぞれですが

いまいち乗れなかった…

 

『インクレディブル〜』が

よくできているだけに

『ジュラシック〜」は

脚本の粗さが気になる…

(好きな人すみません…)

 

あの温厚なワクワクさんが

「もう登場人物みんな

おバカちゃんなの?!」

恐竜映画じゃない!

僕は恐竜見に来たのに!

プンスカしてました…

 

でも次回作も見る

と思います…

シリーズが好きだから。

 

ただやっぱりジュラシックシリーズは

1&2が恐竜が

生き生きして好きです…

 

ジュラシックワールドのアイドル

ラプトル「ブルー」ちゃんの可愛さはいい!

 

 

ジュラシック・ワールド ブルー

 

このブログは映画を語る時も家具だね!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

  ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

 ↓巨匠の製作秘話や名言

f:id:mashley_slt:20180326001158j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

家族や自分の時間を

大事にする生き方がいいです。

 

家づくり  

インクレディブルの家すごかった!

 

みんなのWeb内覧会 

人の家の写真を見ると

まずは家具に目がいきます…

  

☆昨日のはてぶ

コメント返信

  

前回はスターやブックマーク、コメント

ありがとうございました。

 

最初にハーバリウムを知った時

「標本」と聞いてカエルを想像したので

ホルマリン漬けを想像した方がいて安心!

 

いいなって思っても連れて帰ると

似合わないという失敗が過去にあるので

何が手にする時の基準は

「そこの部屋に合うか」になっています。

 

ワクワクさんの青春時代は

デジモン一色だったそうです!

 

まつげは切っちゃダメですよ!笑

  

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain