My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>ロンドンの夜の町並みを散歩。夜が似合う家にしたワケ

素材へのこだわり

MS家は夜お散歩やジョギングを

楽しんでいます。

 

年をとって元気にこの家で過ごし

旅行するため。 

 

帰ってくるとワクワクさんは

いつも言います。

 

「ああMS家いいねえ」

f:id:mashley_slt:20180727152002j:plain

 

思いっきりひいき目

自分の家ですからね。

 

でもこだわって作った

というのもあります。

 

照明の照度や彩度

 

外観の造形

 

いろいろこだわりが

あるせいかもね、ワクワクさん。

 

でもね夜にMS家を見ていいな

って思うのは素材のおかげ

もあるんだよ。

 

この家は造形だけじゃなく

素材への考え方

ロンドンからヒントを

もらったんだ。

 

ロンドンへ旅行したとき

夜の町並みを散歩して

いろんなことを考えたよ。

f:id:mashley_slt:20180727153816j:plain

 

 

 

 

 

ロンドンを歩こう!

何年も前ロンドンへ旅行に行きました。

f:id:mashley_slt:20180727115303j:plain

 

他にも大英博物館へ行ったり

 

バッキンガム宮殿へ行ったり。

 

バッキンガムのお話はまた今度。

 

フィンランドから

ロンドンについたのは夜。

 

せっかくだからお散歩することに。 

f:id:mashley_slt:20180727115842j:plain

 

まずはロンドンブリッジ

歌いながらお散歩

f:id:mashley_slt:20180727121128j:plain

 

♪Longon Bridge is falling down

(ちなみに本当に歌って歩きました…)

 

タワーブリッジのライトアップは

絵も言われぬ美しさ。

f:id:mashley_slt:20180727121328j:plain

 

セントポール大聖堂の円形は

遠くからでもすごい迫力。

f:id:mashley_slt:20180727121856j:plain

 

川沿いの照明は青白い光でなく

赤みがかったオレンジ。

f:id:mashley_slt:20180727122110j:plain

 

息を飲みすぎて

歌中断!!

 

次に街をぐるぐる歩こう。

 

ロンドンアイ

f:id:mashley_slt:20180727122740j:plain

 

ホームズレストラン

f:id:mashley_slt:20180727140318j:plain

 

ザ・シャード

f:id:mashley_slt:20180727115802j:plain

 

ビッグベン

f:id:mashley_slt:20180727140523j:plain

 

古いものと新しいものが

混在するのに調和する

ロンドンの街。

 

でも有名な建物だけじゃなく

街の全ての建物がどれも

魅力的でした。

f:id:mashley_slt:20180727223648j:plain

 

人も国も古い建物>新しい建物

ロンドンの街並みは

約500年前から

できています。

f:id:mashley_slt:20180727222623j:plain

 

1600年代の大火事以降

建物はレンガや石以外で

建ててはいけないことに。

f:id:mashley_slt:20180727152758j:plain

(ロンドン大火記念塔)

 

戦後の倒壊により一部建て替えが

行われたもののほぼそのまま

f:id:mashley_slt:20180727153129j:plain

 

国も住人も古い建物に

価値を見出しているようです。

 

例えば築70−80年前の建物

新しすぎるという理由で住み手には

あまり人気がないそう。

 

戦後急ピッチで仕方なくできた

コンクリートの建物

哲学がなく面白くないと。

 

そして国も古い建物の

歴史的価値を重要視。

f:id:mashley_slt:20180727153435j:plain

 

外観や道路の条例を作り

勝手な変更を禁止する場所もあります。

 

政府と住人が共に街並みを

大切にしているようです。

f:id:mashley_slt:20180727153939j:plain

 

次の世代へと受けつがれてきた建物を

見ると素材の重要さが見えます。

 

夜こそ美しくする素材

昼間の街並みも美しいロンドン。

 

でも夜は特に惚れ惚れします。

f:id:mashley_slt:20180727155928j:plain

 

それはレンガや石といった

古くなっても味わいが増す

素材が使われているから。

 

レンガや石の建物は

陰影が美しい。

f:id:mashley_slt:20180727153604j:plain

 

光が当たっているところと

影になっているところ

 

写真でもそうですが光一辺倒より

陰影がついたものは

魅力的です。

 

またレンガや石の建築は

職人の高い技術が必要であり

手仕事ならではの風合い

陰影をさらに美しいものに

f:id:mashley_slt:20180727154115j:plain

 

そして古くなればなるほど

欠けたり剥がれたりして

さらに味わいが増す。

 

日本では住宅の寿命や性能が

変わろうとしています。 

 

でもまだまだ

新しいもの=いいもの

という考えの方が強い。

 

もちろん設備や機械は

新しい方が性能が高い。

 

だからと言ってロンドンの家の

性能は決して低くはない。

 

例えば緯度が近いロンドンと仙台を

比べると仙台の方が冬は寒いのに

住宅性能はロンドンが高い。

f:id:mashley_slt:20180727145715p:plain

(旭化成HPより)

 

つまり改修して

家としての機能を高めつつ

立て直しはせず

古いよさと新しいよさが生きています。

f:id:mashley_slt:20180727154327j:plain

 

だからこそ

古き良き美しい街並みでも

日本より高い性能。

 

日本では地震が起こるため

古い街並み保存が難しい場合も。

 

また戦後多数の住宅を

急ピッチで造るために

安い素材の家が作られてきました。

 

30数年しか持たず時が建てば

取り壊して建て替え

 

結果、住宅とパチンコ屋とカフェが

混在するガラパゴスな風景もある…

 

それを変えようとしているけれど

まだその感覚は消えていません。

 

ロンドンをヒントに

この街並みを歩いて考えたのが

いつか家を建てるとしたら

ロンドンの家みたいにしたい

ということ。

f:id:mashley_slt:20180727154515j:plain

 

長く使うほど風合いが増し

職人の魂がこもった家

 

そして夜が似合う家

f:id:mashley_slt:20180727154736j:plain

 

伝統的な素材と方法で作られ

夜になれば美しい陰影をまとう。

f:id:mashley_slt:20180727154902j:plain

 

そんな家がいい。

だってどうせ新しいものは

古くなる。 

f:id:mashley_slt:20180727154837j:plain

 

そうなったとき

それが味になるか

ただの古びた家か…

 

そしてできたMS家。

f:id:mashley_slt:20180727160430j:plain

 

日本では地震が起こるため

残念ながらレンガの家は難しい

 

そこで塗り壁の外観。 

f:id:mashley_slt:20180430215947j:plain

 

職人の技術によって

深い陰影が生まれる。

 

夜になると陰影が深くなり

その魅力が増す

f:id:mashley_slt:20180727160531j:plain

 

人間が年をとるほど魅力的なように

この家も年を重ねて深みを増して欲しい。

 

夕方帰ってくると

ロンドンでのあのお散歩を

思い出します。

f:id:mashley_slt:20180727150812j:plain

 

MS家って夜も似合うじゃない!

ロンドン気分味わったよ♪ 

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

  ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

 ↓巨匠の製作秘話や名言

f:id:mashley_slt:20180326001158j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

間接照明が好きなのは

陰影に惹かれるからかも。

 

家づくり  

壁や床の素材って大事ですよね。

 

みんなのWeb内覧会 

外構ならレンガをたまに見ます。

  

☆昨日のはてぶ

コメント返信

  

前回はスターやブックマーク、コメント

ありがとうございました。

 

エアプランツの栽培について

「手がかかる」という方と

「簡単」という方がいらっしゃいました。

 

おそらく一見「枯れた花」に見えるので

そう考えると「手がかかる」のですが

他の植物と比べ植え替えや

置く場所の手間を考えると

「簡単」なのかなと思いました。

 

エアプランツは寒さには

そんなに強くありません。

なので冬は部屋の温度によっては

霧吹きの回数を減らしましょう♪

 

植物をすぐ枯らしてきた嫁氏が

数ヶ月前からいるエアプランツ先発隊を

生き長らえさせているので

みなさんなら育てられます!

 

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain