My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

家具コンシェルジュで椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

アートと自然をチャリで巡る本島の旅。美しい海や空き家に複雑な感情が渦巻く

本島を探検しよう

ナウガ親分「僕らはナウガズだゾォ!」

ナウガver.1「今ブログでは本島旅行の話をしてるネ!」

ナウガJr.「前回はフリッツハンセン庵の話!」

f:id:mashley_slt:20191225230932j:plain

↓北欧家具×古民家リノベが魅力でした 

 

本島へはフリッツハンセン庵目的で

ナウガ君たちやワクワクさんと行った。

f:id:mashley_slt:20191225231730j:plain

 

本島というとアートを思い浮かべる人

の方が多いかもしれない。

 

瀬戸内国際芸術祭も毎年開かれていて

ブログの読者りとさんも訪問されていた。

 

フリッツハンセン庵の後島を探検することに。 

f:id:mashley_slt:20191226211340j:plain

 

ちょろっと数時間みてのんびりしよう。

 

でもそこは我がMS家一行。

そうはいかなかった…

f:id:mashley_slt:20191225232258j:plain

 

いろんな感情が渦巻き

結構ヘビーな旅となる…

 

 

本島はチャリがオススメ
本島は周囲約16km
島民約400人の小さな島。

f:id:mashley_slt:20191225232953j:plain

 
交通手段は岡山または香川から船。
 
旅行前に本島の島内を
どうやって移動するか悩んだ。

f:id:mashley_slt:20191225233220j:plain

 
バスも出ているけれど本数が少ない。
 
車を積めるのは香川からのみ。
そして本数も多くない。
 
フリッツハンセン庵の予約をする時
お姉さんが教えてくれた。
 
「島内移動は自転車レンタルが便利ですよ」
 
アドバイスに従い
フェリー乗り場近くでレンタル。

f:id:mashley_slt:20191225233402j:plain


実際自転車で正解。

 
道が狭い場所が多く
本島にはアート点在してるから。
 
だけど自転車屋のおじさんが
あるアドバイスをくれた。
 
「軽く移動だけなら普通の自転車
島をたくさん回るなら電動自転車がいいよ」

f:id:mashley_slt:20191225233447j:plain


うーん電動は1,500円か…
 
そんなに回らないし
普通の500円ので!
 
これが間違いだったと
あとで判明する…
 
ジモティー集うスタンドカフェ
フリッツハンセン庵の後
お腹がすいてきた。
 
フェリー乗り場に戻り
本島スタンドカフェへ。

f:id:mashley_slt:20191225233955j:plain

 
ここもコネクトさんが手がけたカフェ。
 
元々無料観光案内所にあった定食屋さんが
廃業したためそこを買い取ってリノベ。

f:id:mashley_slt:20191225233156j:plain

 
ヴィンテージ感溢れ景色を楽しめる
カフェとなって蘇った。

f:id:mashley_slt:20191225234029j:plain


 暖かい日は野外も気持ち良さそうだ。

f:id:mashley_slt:20191225234114j:plain

 
シェフのきまぐれランチは売り切れだったので
カレーとノンアルカクテルを注文。

f:id:mashley_slt:20191225234150j:plain

 
北欧食器クイストゴーに
カイボイスンのカトラリー。
 
いわゆるオサレカフェの食事って
期待しないことが多い。
 
でもこのカレー激ウマ!

f:id:mashley_slt:20191225234415j:plain

 
大阪で店をしていたシェフを呼び寄せ
本格的なスパイスカレーを提供しているとか。
 
 景色もよく空間としても魅力的で
ちゃんと食べ物が美味しい。

f:id:mashley_slt:20191225235014j:plain

 
だからだろうか。
 
いわゆるオサレ女子だけの
たまり場ではない。
 
ちゃんと地元の人が
ご飯を食べにくる。

f:id:mashley_slt:20191225235030j:plain

 
駐在さんに工事の作業員さん。
 
「今日は何出してくれるの?」
「あそこの〇〇さん元気かな?」
 
ジモティー会話
繰り広げられる。
 
とても暖かい気持ちになった。
 
塩飽や手作りアートを探す楽しさ
本島は近年アート方面でも注目されている。
 
アートは「塩飽(しわく)」
に関するものが多い。

f:id:mashley_slt:20191225235221j:plain

 
塩飽というのは本島を含め
この辺りの諸島を指す言葉。
 
坂出で盛んだった「塩焼く」
激しい流れの「潮湧く」
などいろんな説があるそう。

f:id:mashley_slt:20191226001357j:plain

 
塩飽の人々は高い航海技術を持ち
独自の文化で発展した。

f:id:mashley_slt:20191226001119j:plain

 
それを讃えるようなアート。

f:id:mashley_slt:20191225235617j:plain

 
アーティストや建築家など
プロが関わる作品が点在。
 
でも地元の人の手作りアートもある。
 
中学校の前のカラフルアート。

f:id:mashley_slt:20191225235340j:plain

 
民家の中にいきなり看板も出現。

f:id:mashley_slt:20191225235406j:plain

 
人んちの敷地内だから一瞬困惑…

f:id:mashley_slt:20191225235503j:plain

 
中には可愛らしい猫のアートが。
 
本島にはたくさん猫がいる。 

f:id:mashley_slt:20191226001613j:plain

 
 美人さんも多数。

f:id:mashley_slt:20191226001706j:plain

 
アートの場所は地図にあるけど
手作りのものは記載のないものもある。
 
だからそれを探すワクワク感がある。
 
江戸時代の建築に感動
本島には古い建物もたくさんある。
 
フリッツハンセン庵のあった
笠島地区は国の保護地区。

f:id:mashley_slt:20191226002437j:plain

 
外から古い日本家屋を楽しみ
驚くことも多い。
 
例えば家の土台に感動する。

f:id:mashley_slt:20191226002813j:plain

 
現代の土台ってコンクリが多い。
 
けれど
昔は石を切って作っていた。

f:id:mashley_slt:20191226002836j:plain

 
これってかなり労力のいる
すごい技だ。
 
軒先や壁を見ても当時の技術と知恵に
驚かされる発見がたくさんあった。

f:id:mashley_slt:20191226003132j:plain

 
ただ笠島地区では一部を除き中は見られない。
 
建物の内部を見たくて塩飽の昔の役所へ

f:id:mashley_slt:20191226002516j:plain

 
ここは国の指定史跡で江戸時代の建築。

f:id:mashley_slt:20191226002537j:plain

 
江戸時代の建築を生で体験でき
面白い発見がいろいろある。
 
昔の風呂

f:id:mashley_slt:20191226003220j:plain

 
ちゃんと通気のために上が空いている。

f:id:mashley_slt:20191226003248j:plain

 
扉や天井には派手ではないけど
所々にちょっとした装飾がある。

f:id:mashley_slt:20191226003707j:plain

 
一周したら管理人のマダムが
「お茶を淹れましたよー!」と。
 
なんか田舎に帰ってきたようでほっこり。
 
呼ばれて入った離れには面白い器具が。

f:id:mashley_slt:20191226003935j:plain

 
嫁氏「ここは何に使われていたんですか?」
マダム「ここは刑務所よ」
 
!!
 
刑務所でコーヒー…
 
なんとも不思議な気分。

f:id:mashley_slt:20191226003951j:plain

 
でも古い建築を実際目で見て感動した。
 
美味しさ、感動、ワクワク感。
 
一見楽しい旅だが本島はそれだけではない。
 
空き家の多さと植物の強さと
本島は高齢化過疎化により
空き家が非常に多い。
 
チャリで走っていると
空き家

f:id:mashley_slt:20191226180219j:plain

空き家

f:id:mashley_slt:20191226180252j:plain

 
空き家

f:id:mashley_slt:20191226180319j:plain

 
カフェや展示には人がいるが
島民の方にあまり出会わない。
 
やっと出会ったばあちゃんに
ワクワクさんが一言
「第一村人発見!」

f:id:mashley_slt:20191226180415j:plain

 
出会う人の多くが観光客や
工事のおじさんたち。
 
中にはこの空き家を生かして
アートにしている家もある。

f:id:mashley_slt:20191226181016j:plain

 
ただ駐在員さんの話によると
空き家へのいたずらが増えているそう。
 
島の活性化のために人を呼ぶことには
リスクもあるのだと感じた。
 
また空き家を見ていると
植物の力強さに驚く。

f:id:mashley_slt:20191226180557j:plain

 
途中乗り捨てられた車があり
中には木が入り込み侵食。

f:id:mashley_slt:20191226180516j:plain

 
人の作ったものって
なんて脆いんだろう。
 
切なさや虚しさを感じてしまった。
 
海の美しさとゴミ問題と
海があまりに綺麗で海岸沿いを走った。

f:id:mashley_slt:20191226181321j:plain

 
所々ビーチに入ることもできる。
 
海が大好きなワクワクさんは
ずっと海の生物の観察をしていた。

f:id:mashley_slt:20191226181414j:plain

 
楽しそうだね。
 
ワクワク「見てみて!亀の手があったよ!!」

f:id:mashley_slt:20191226181721j:plain

 
あ、ごめんそれ系苦手!!
 
嫁氏は退避。
 
綺麗だなあなんて思いながら
ただぼんやりビーチを歩く。

f:id:mashley_slt:20191226181351j:plain

 
でも綺麗じゃないものも
目に入ってきた。
 
それがゴミ。

f:id:mashley_slt:20191226181814j:plain

 
それも多数のゴミ。
 
特に島の北側の木陰には
プラや金属のゴミが多数。

f:id:mashley_slt:20191226181843j:plain

 
さっきは空き家を見て
植物の強さを感じた。
 
でもこのごみを見たら人の作ったものが
自然へ与える悪影響を強く感じてしまった。
 
嫁氏限界…山をなめたらあかん
フェリーの出発まであと2時間。
 
とりあえず島を半周してみることに。

f:id:mashley_slt:20191226183849j:plain

 
いろんな感情を抱えながら
ひたすらチャリを漕ぐ。
 
山や海が美しいなあ。

f:id:mashley_slt:20191226184140j:plain

 

アートが楽しなあ。

f:id:mashley_slt:20191226183304j:plain

 
空き家を見ると切ないなあ。

f:id:mashley_slt:20191226183953j:plain

 
ワクワクさんは時々海に降りて
おどけて楽しむ。

f:id:mashley_slt:20191226184208j:plain

 
漕ぎながらあることに気づく。
 
え?なんか山登ってね?

f:id:mashley_slt:20191226184026j:plain

 
実際登り坂がどんどん増えてくる。
 
どこまでも登り坂。
 
確実に山だ。

f:id:mashley_slt:20191226184245j:plain

 

もしかしたら一周できるかななんて

思っていたあの時の自分を責めたい。
 
行っても行っても登り坂!
 
そのうち出航まで1時間半となったので
島の真ん中を突っ切ることにした。

f:id:mashley_slt:20191226203625j:plain

 
ワクワク「こっちだよ!きっと!」

f:id:mashley_slt:20191226203730j:plain

 
彼は方向音痴だ。
大丈夫だろうか…
 
そしてどうみても登り坂です。
本当にありがとうございました。

f:id:mashley_slt:20191226203947j:plain

 
嫁氏は限界超えて足がツル…
 
ワクワクさん自転車二台押す。

f:id:mashley_slt:20191226203919j:plain

 
もう無理だ。
このまま空き家とともに朽ちるのか…
 
そう思ったその時
 
下り坂になった!!!

f:id:mashley_slt:20191226204010j:plain

 
そのままビュンビュンくだって
やっと麓に到着。

f:id:mashley_slt:20191226204208j:plain

 
まだあと數十分あるけど
もう嫁氏動けな…
 
ワクワクさん海で遊びだした!

f:id:mashley_slt:20191226204311j:plain

 
元気だなあ。
 
ワクワク「流木拾ったよー☆」

f:id:mashley_slt:20191226204411j:plain

 
うん…
 
ワクワク「見てみて!ガンダルフ!」

f:id:mashley_slt:20191226204359j:plain

 
じゃあ魔法でマッサージに連れて行って…
 
もう一度ゆっくり来たい。電動で
いろんな思いが潮のように渦巻いた
本島の旅だった。

f:id:mashley_slt:20191226205303j:plain


楽しくなったり
ワクワクしたり
感動したり
切なくなったり
物理的に限界がきたり…
 
たった6時間ほどの滞在だったのに
とても一言では言い表せない。
 
ただ一つ言えるのは
嫌な体験はなかったということ。

f:id:mashley_slt:20191226205337j:plain

 
というかむしろもっとゆっくり
色んな感情に身を委ねたかった。
 
楽しいことや感動ばかりでなく
悲しくなったことも含めて。

f:id:mashley_slt:20191226205358j:plain


だから本島にはいつかもう一度
ゆっくり訪れたい。
 
フリッツハンセン庵を手がけたコネクトさんが
来年本島にゲストハウスをオープンする。


その時はまたゆっくりきて
いろんな感情に身を委ねてみよう。
 
そして次回は絶対
電動自転車にしよう。
 
帰りに岡山でぶっかけうどんを食べながら
じわじわと筋肉が緊張しているのを感じた。

f:id:mashley_slt:20191226205142j:plain


翌日筋肉痛になったのは言うまでもない。

 

ワクワクさん元気だね!嫁氏ドンマイ!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

たまには日常から離れるのもいいものです。

 

家づくり  

家に帰った時ホッとしました。

 

みんなのWeb内覧会 

でもまた行きたい。次は電動自転車で。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。

 

本島には綺麗なトイレが各所あるのですが

水栓だけれど下がぱかっと開くような

いわゆるボットンとのハイブリッドな感じがしました。

 

フリッツハンセンのプフはいいお値段しますね(^◇^;)

一般的に売っているプフが1万円前後と考えると

高いかもしれません。

ただ触り心地や座り心地は好みはあれど

やはり良かったです。

 

ログの写真は全て圧縮しています。

それでももう少し軽くしたいのですが

ブログを始めた時よりはだいぶ軽くなりました。

   

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain