My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

明治村旧帝国ホテルへの旅。フランクロイドライトに学ぶこだわりを持って生きること

愛知県に行ってきた

ただいま!

 

ベア「もーうどこいってたんすか?」

ポニ「お土産は?」

f:id:mashley_slt:20191128172216j:plain

 

ちょっと用事で愛知県に行ってたんだ。

 

せっかくだから家具好きとして

いろんなものにまみれてきたよ。

 

建築にまみれ

f:id:mashley_slt:20191128174115j:plain

椅子にまみれ

f:id:mashley_slt:20191128172230j:plain

 

本にまみれる。

f:id:mashley_slt:20191128173717j:plain

 

そんな好きなものにまみれた

愛知県の旅。

 

これから何回かに渡って

そんな旅のお土産話をして行こう。

 

今回は建築にまみれる旅。

 

ポニ「この建物ってまさか…」

f:id:mashley_slt:20191128172345j:plain

 

ベア「MS家にあるあの照明の人だ!」

f:id:mashley_slt:20191128172453j:plain

 

そう、明治村に行ってきたよ。

f:id:mashley_slt:20191128174206j:plain

 

 

自然の中にある文化財の宝庫

名古屋の北、犬山市にある明治村。


自然豊かで巨大なこの博物館には

多数の歴史的重要文化財が保存されている。

f:id:mashley_slt:20191128173803j:plain

 

明治時代は建築、産業など様々な点で発展が起こり

現代の暮らしに与えた影響も大きい。

f:id:mashley_slt:20191128174315j:plain

 

震災や街の発展で失われゆくそんな文化財を

戦後保存しようとスタートしたのがこの明治村。

 

建築的な文化財から

f:id:mashley_slt:20191128174005j:plain

 

機械の文化財。

f:id:mashley_slt:20191128174047j:plain

 

バチモンでなくガチな文化財

散歩をしながら楽しむことができる。

 

山の中にあるので四季も楽しめる。

行った日は紅葉がとても綺麗だった。

f:id:mashley_slt:20191128173917j:plain

 

また平日にも関わらず結構人がいた。

 

社会科見学の小学生やコスプレーヤーさん

MS家のような建築好きまで様々。

f:id:mashley_slt:20191128174141j:plain

 

途中で食べたコロッケうまい。

f:id:mashley_slt:20191128174251j:plain

 

4時間ほど滞在したけど

全然見終わらなかった。

f:id:mashley_slt:20191128174229j:plain

 

そのうち2時間くらい時間をかけて

見た場所がある。

 

それがずーっと憧れていた

旧帝国ホテルの玄関。

f:id:mashley_slt:20191128204504j:plain

フランキーという人

 嫁氏は好きな建築家が何人かいる。

 

その一人がフランクロイドライト 。 

f:id:mashley_slt:20191128180319j:plain
・近代建築の三大巨匠

(あと二人はコルビジェとローエ)

自然大好きっ子

・プライベートはやや難あり

(不倫、浮気相手と旅行)

・浮世絵コレクター

完璧主義でこだわりマン

・建物だけでなくトータルデザイン

旧帝国ホテルの設計

・照明は日本のヤマギワが復刻

・世界の美しい建築「落水荘」設計

 

フランキーと勝手に呼んで彼への愛は

このブログでも何度か取り上げてきた

 

あまりに好きすぎてリビングには

彼のデザインの照明タリアセンを取り入れた。 


芦屋にあるヨドコウ迎賓館にも行った。 


いつか落水荘にも行ってみたい。

 

「落水荘」のすべて [ 三沢浩 ]

 

なぜそんなに好きなのか?

 

一つはいい意味で尋常じゃない

こだわりを持つ人だからだ。

 

例えば室内の装飾は全て彼らしい

シンメトリーな模様をたくさん取り入れる。

f:id:mashley_slt:20191128180346j:plain


今なら機械でできそうなものだけど

当時は手作業で全て作られた。

 

嫁氏もこだわりマンだから

そんな人は大好きだ。

 

もう一つは住まいと自然との関わり

教えてくれた人だから。 


彼が設計した旧帝国ホテル玄関が

今も保存される明治村。

f:id:mashley_slt:20191128180641j:plain

 

嫁氏にとっては聖地巡礼。 

 

寒い中薄着とコスプレ魂で乗り切る

レイヤーさんに負けない熱量で鑑賞してきた。

 

さて行ってみよう!

 

16年の歳月で蘇った建物

まずは正面。 

f:id:mashley_slt:20191128185058j:plain

 

かっこいいい!!!

 

レンガや青銅、大谷石、独特の細かい模様。

f:id:mashley_slt:20191128190033j:plain

 

外観からしてフランキーらしさが漂う。

 

実は明治村に移設された帝国ホテルは

玄関のみ。

 

実際は左右に客室があり

f:id:mashley_slt:20191128185643j:plain


奥にはダイニングがあった。

f:id:mashley_slt:20191128185658j:plain

 

けれど老朽化による取り壊しもあり

あまりに大きすぎて移設だけでも大作業。

 

 実際移動するのに8年。

 

移動作業が終わるまでに8年。

 

計16年かかったとか。

f:id:mashley_slt:20191128185730j:plain

 

壊れた部分も多く忠実に再現するために

成分分析してパーツの一つ一つが作られている。

f:id:mashley_slt:20191128204858j:plain


 そして補修にかかった費用は

約10億円

 

そう考えると

玄関だけでも移動できたのが奇跡だ。

 

さて中に入ってみよう。

f:id:mashley_slt:20191128191047j:plain

和と空間と調和するエントランス

建物内は自由に見られるけど

ボランティアガイドさんによる案内もある。

f:id:mashley_slt:20191128221854j:plain


今年はフランキーの没後60年なので

記念のしおりもいただいた。

f:id:mashley_slt:20191128190612j:plain

 

さて行ってみよう。

 

おおおおおお!

 なんて立体的な空間!

f:id:mashley_slt:20191128190839j:plain

 

ぐるっと見渡してみよう。

↓クリックで再生(音注意)

 

2階や3階に渡り廊下なのような空間

f:id:mashley_slt:20191128191239j:plain

 

そして所々に使われる間接照明や

窓による採光。

 

全部が一体となって惹き込まれるような

立体感を感じる。 

f:id:mashley_slt:20191128193905j:plain

 

アメリカ人フランキーが作ったのに

どことなく和の雰囲気を感じないだろうか。

 

それもそのはず。

 

彼は浮世絵コレクターで日本マニア。

f:id:mashley_slt:20191128193725j:plain

 

彼の建築には日本的な部分が随所に見られる。

 

例えばこのホテルの照明。

f:id:mashley_slt:20191128192925j:plain

 

江戸時代に使われていた行燈

モチーフにしたと言われているそう。

 

COMUSA(S) 日本製 職人手作り 

 

また椅子好きとしても彼の家具は

語っておきたい。

 

帝国ホテルのためにデザインされた

ピーコックチェア。

f:id:mashley_slt:20191128193843j:plain

(一部には座ることができる)


フランキーは自らが手がける建築では

照明から椅子までなんでもデザインした。

 

というのも彼はこう考えているから。

「家具の形状は全体の中で意図され

かつ楽しまなければならない」

f:id:mashley_slt:20191128193928j:plain

 

つまり箱物を作るならそこにある調度品も

含めて調和するものにしたい。

f:id:mashley_slt:20191128194201j:plain

 

そんな彼のこだわりの強さを感じる。

 

またこの椅子の高さにも驚く。

おチビな嫁氏もしっくりくる高さ。

 

そこで実際に過ごす人の使いやすさと

調和を考えるのがフランキーだ。

f:id:mashley_slt:20191128195039j:plain

 

さて2階に行ってみよう。

 

そここだわる?!な2階の装飾

2階には男女に分かれたくつろぐ部屋

と喫茶店がある。

 

ちょっと前から日本の住宅で流行ってる

スキップフロアをこの時代からやってたとは。

f:id:mashley_slt:20191128195104j:plain

 

あとかの有名なポーツマス条約を結んだ

テーブルも展示されていた。

f:id:mashley_slt:20191128194928j:plain

 

ガイドさんによるとこのテーブルを見るために

明治村に来た人もいたそう。

 

すごいこだわり。絶対話が合うわ。

 

こだわりといえばここでも

フランキーのこだわりを感じる。

 

例えばここから見える外の庇(ひさし)

f:id:mashley_slt:20191128200529j:plain

 

フランキーの好きな青銅製。

 

取り外したものがこれ。

f:id:mashley_slt:20191128195354j:plain

 

なんとこれ全部手作業で作られている。

 

今はプレス機などで時間短縮でできそうだが

当時は手で作るしかなかった。

 

そしてさらにこのには秘密が。

f:id:mashley_slt:20191128233522j:plain


 

なんとこの葉っぱの部分は光に当たると

室内の床に葉の陰を作り出すそう。

f:id:mashley_slt:20191128200501j:plain

 

この日は残念ながら曇りで見えなかったけど

その演出に驚愕。

 

いい意味で頭おかC。

 

フランキーの建築にはひたすら

「自然との調和」を感じる。

f:id:mashley_slt:20191128202114j:plain


落水荘や自宅タリアセンを見ても

外と内との連続性を感じる。

 

彼はこう言っている。

「自然を学び自然を愛し自然に寄り添おう。

自然は決して君たちを裏切らない。」

f:id:mashley_slt:20191128202156j:plain


 

子供の頃農場の手伝いをして過ごしたフランキー。

 

彼は自然の力や生物の完成された造形の魅力を

十分に理解していた。 

 

建築は人が作り人が利用するもの。

f:id:mashley_slt:20191128202213j:plain


だからこそ自然とのつながりを

大事にしていたのだと思う。

 

こだわりは辛いけどエネルギー

空間へのこだわり

使う人を考えた調度品へのこだわり

装飾へのこだわり

自然へのこだわり

 

そんなフランキーのこだわりを

存分に感じる建築が旧帝国ホテル。

f:id:mashley_slt:20191128202235j:plain

 

そのこだわりが許されていたか

というとそうではない。

 

あまりにこだわりが強すぎて

予算オーバーで喧嘩してクビになり

完成を見ずに帰国してしまう。

f:id:mashley_slt:20191128205135j:plain

 

あとはお弟子さんの遠藤新さん

引き継いで完成させた。


しかもフランキー

「もっとこここうしよう」

「あそこにあれをつけよう」

とどんどんアイデアを出してくる。

f:id:mashley_slt:20191128202341j:plain

 

ああ、嫁氏はその気持ちすごくわかる!

 

今の時代なら絶対に

できない建築だろう。

 

こだわりがあると時に辛い。 

f:id:mashley_slt:20191128205211j:plain

 

それに振り回されできないと

心が窮屈になる。

 

きっとフランキーもこだわりによって

たくさん辛い思いをしただろう。

 

でもこだわりは活力を生み出す。

f:id:mashley_slt:20191128205241j:plain

 

フランキーは不遇の時代があったけど

晩年盛り返して90歳まで現役だった。

 

またこだわりは人を惹きつける。

f:id:mashley_slt:20191128205308j:plain

 

旧帝国ホテルは60年代

老朽化などの理由で取り壊しが決まる。

 

関東大震災も東京大空襲も乗り越えたけど

都心に建つホテルとしては宿泊人数も少ない。

 

でもこの建物に魅了された人々により

取り壊し反対運動が起こる。

f:id:mashley_slt:20191128215305j:plain

 

結局は壊されてしまうけれど一部を

こうやって体験することができる。 

f:id:mashley_slt:20191128205411j:plain

 

こだわりを持つことは時に辛い。

でも時にエネルギーとなる。

 

そして嫁氏にはやっぱりこだわりって

核になるもので大事にしたい。

 

そんなことをこの旧帝国ホテルで

感じることができた。

f:id:mashley_slt:20191128204538j:plain

 

これはもういつか落水荘に行くしかない。

 

名残惜しさを残しつつ明治村に別れを告げた。

f:id:mashley_slt:20191128205450j:plain

 

そして次に向かうのは

パラダ椅子。

f:id:mashley_slt:20191128215551j:plain

 

名古屋で名作椅子にまみれよう。

 

☆続く↓

 

こだわりって辛さもあるけど必要だよね

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

  

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain