My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

使い心地いい100均ダイソーの木製ボディブラシ。使い方と手入れで長持ち

早めにシャワーを浴びよう

 

ベア「今日は外が雨で暗いね…」

ポニ「早めにシャワー浴びて早く寝ようか」

f:id:mashley_slt:20191012140617j:plain

 

ベア「じゃあ僕が先ね!」

ポニ「待て相棒!ブラシ忘れてる!」

f:id:mashley_slt:20191012140643j:plain

 

ベア「そうだった!これ結構気持ちいから好き」

f:id:mashley_slt:20191012140527j:plain

 

ダイソーさんの木製ボディブラシだね。

嫁氏もお気に入り。

 

1ヶ月半使ってみて100円と言えども

使い方次第で長持ちするんだと思った。

 

 

これまでのブラシカビとの格闘

1ヶ月半前から使用を始めた

ダイソーの木製ボディブラシ。 


昔からシャワーブラシは使っていたけど

引っ越してからの悩みがブラシのカビ

f:id:mashley_slt:20191012150333j:plain

 

プラスチックにしようが何しようが

シャワーブースの中ではすぐカビる。

 

つまりブラシが問題でなく

シャワーブースが問題だった。

f:id:mashley_slt:20191012142342j:plain

 ※ブース自体はカビていません。

 

そこで置く位置を変えて保管することに。

使う前と使うあとはブース外に干しておく。

f:id:mashley_slt:20191012142524j:plain

 

ちょうどカビで取り替え時期だったので

この時変えたのがダイソーのボディブラシ。

f:id:mashley_slt:20191012142357j:plain

 

何をしてもカビるので安くて見た目がいいもの

ということで選んでみた。

 

さて1ヶ月半使ってどうだったのか?

 

f:id:mashley_slt:20191012152215j:plain

 

※ちなみに使い心地には個人差があります。

人によってはお肌に合わないこともあるので

その点ご了承ください。

 

使い心地の感想

まずは使い心地。

 

①程よい刺激

しばらく使ってみたけどやはり

豚毛の程よい硬さが気持ちがいい。 

f:id:mashley_slt:20191012142557j:plain

 

体を洗う道具は好みや体質によって

相性がある。

 

MS家は痛くない程度に程よい刺激がある方が好き。

 

その点このブラシは痛くない程度に

洗ってる感がある。

f:id:mashley_slt:20191012150413j:plain

 

そういうタイプが好きなら向いている。

 

②枝が長いので背中も気持ちがいい

このブラシは全長約45cmと長い。

f:id:mashley_slt:20191012143028j:plain

 

背中に当てると嫁氏の腰まで届くので

全身を洗いやすい。

 

③ヘッドを外して2wayできる

このブラシのメリットは

ヘッドが外せることもある。

f:id:mashley_slt:20191012143053j:plain

 

ボディブラシのデメリットとして上がるのが

背中はいいが近場を洗いにくいということ。

 

でも外して使えるから全身が洗いやすい。 

 

ベア「でも100均でしょ?どうせすぐダメになるんじゃ?」

f:id:mashley_slt:20191012143500j:plain

 

ところがどっこいそうでもなかった。

 

その秘訣は使い方と使った後の

ちょっとしたお手入れだよ。

 

ボディブラシの使い方&お手入れ

①ブラシは当てすぎない

まずいろんなブラシを使って

大事だと思ったことがある。

 

それはブラシを体に強く

当てすぎないこと。

f:id:mashley_slt:20191012150444j:plain

 

これは体を痛めないだけでなく

ブラシを長持ちさせることにもなる。

 

力を入れてこすったブラシは

毛の部分が逆立ってすぐダメになった。

 

だからあわ立てたら優しく体を擦るのがいい。

 

優しくこすっても豚毛ならある程度

洗った感があるから大丈夫。

 

②使ったあとは濯いで吊るす

使ったあとはシャワーで濯いで

毛に絡まった泡を落とす。

f:id:mashley_slt:20191012143829j:plain

 

そしてヘッドを軽くふって水を落とし

体を拭いたタオルで軽くポンポン。

f:id:mashley_slt:20191012143928j:plain

 

あとは湿度が高すぎない場所に

吊るしておく。

f:id:mashley_slt:20191012143942j:plain

 

この後処理はかなりザッとで大丈夫。

これをするとかなりもちが違う。

 

③時々のお手入れ

これは毎日ではなく月1回だけ

気が向いたらやることにした。

 

髪の毛などが絡まっていたら軽くとり

お湯で撫でるように洗う。

f:id:mashley_slt:20191012150136j:plain



そのあとタオルでポンポンしたら

ドライヤーでガーッと。

f:id:mashley_slt:20191012150153j:plain

 

強い熱は毛にも木にもよくないので

あくまで遠くから風を当てる。

 

普段の軽い手入れでも十分だけど

たまにはゴミをとり完全に乾かすと長く使える。

 

さてそうやって大事に使った

ブラシは1ヶ月半経ってどうだったのか?

 

1ヶ月半後のブラシ

結構綺麗。

f:id:mashley_slt:20191012150014j:plain

 

持ち手もヘッドも部分も腐れていない。

f:id:mashley_slt:20191012145836j:plain

 

木製×ブラシという性質上根元に少し

カビが見られるのは仕方がない。

f:id:mashley_slt:20191012150048j:plain


ただ以前ブースに置きっぱにして

木まで腐らせたことを考えるとかなり改善。

 

これはまだまだ使えそうだ。

 

使い方と手入れで長持ち可能

ベア「正直すぐダメになると思ったっす!」

ポニ「でも使い方次第で変わるね!」

f:id:mashley_slt:20191012151310j:plain

 

うん、そうだと思うよ。

 

100均の中には安かろう悪かろうな

商品も中にはある。

 

けれどこれより高いブラシだからと言って

長く持つ保証がないことは色々使って感じた。

 

気に入ったものを長持ちさせる

ポイントは様々。

 

環境もそうだし

使い方や手入れもそうだ。

f:id:mashley_slt:20191012151907j:plain

 

そして大事に使えば100円でも

長持ちさせることができる。

 

100円にそこまでするか?

と思われるかもしれない。

 

確かに高いもの=高いから慎重

安い=安いから気軽に扱う

という心理もある。

 

けれど気に入ったものなら

値段関係なく大事にしたいと嫁氏は思う。

f:id:mashley_slt:20191012151828j:plain

 

この子は100均ゆえ

表面のウレタンもまばら。

f:id:mashley_slt:20191012151742j:plain

 

荒削り感もバンバン感じる。

けれどそこにも愛嬌がある。

 

ボディブラシは消耗品。

 

一生は使えないけれど出来るだけ

長く大事にしていきたい。

f:id:mashley_slt:20191012152040j:plain

 

物も使い方次第だよね

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

 

 

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain