My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

ブリッツのバンブータオルをバスタオルに。フェイスタオルだけで吸水力抜群

洗面所タオル移動

ベアポニ「ただいまー!」

f:id:mashley_slt:20191004165137j:plain

ベア「まず帰ってきたら手を洗おう」

f:id:mashley_slt:20191004165153j:plain

 

ポニ「あれ?タオル変えた?

これうちではバスタオルとして使ってるやつ」

f:id:mashley_slt:20191004165443j:plain

 

手洗い用にしていたニトリのタオルが

8年くらい使っていてゴワゴワに。 

f:id:mashley_slt:20191004165515j:plain

 

流石に手を拭く時冬は引っかかりそうだから

バスタオルにしてるフェイスタオルを持ってきたよ。

 

ベア「じゃあバスルーム用のタオル

減っちゃうじゃないっすか!」

f:id:mashley_slt:20191004165556j:plain


 

実はちょっと前にタオルを数枚買ったんだ。 

f:id:mashley_slt:20191004165620j:plain

 

このバンブー(竹)でできたタオルは

吸水と乾燥が優れてるんだよ。

 

 

フェイスタオルのみの生活

MS家のタオルはこれまで

無印のフェイスタオル。

f:id:mashley_slt:20191004165737j:plain

 

2年前からバスタオルを辞め

フェイスタオルだけで過ごしている。

 

無印のタオル6枚に洗面やキッチン合わせ

お家のタオルは全部で10枚ほど。

 

おチビ2人なのでバスタオルは不要。

洗濯や掃除も楽。

 

↓詳しくはここで 


キッチンや洗面所のタオルは

8年使っているニトリさん。

f:id:mashley_slt:20191004165954j:plain

 

流石に毛羽立ちもひどいので

小屋で雑巾として使うことにした。

 

バス用タオルを数枚を洗面所用にしたので

タオルを買い足そう。

 

ふきんでも使ってるブリッツ

また無印にするか?

はたまた別のにするか?

 

しばらく悩んでいたら

いいもの発見。

 

ドイツのメーカーブリッツのタオル。

 

「45cm×90cm ブリッツタオル ワイドフェイスタオル 」

 

 MS家にではこのメーカーのふきんを使っている。 


 竹?!天然素材!

 

しかも吸水力が普通の3倍?!

 

さらに速乾?!

 

見た目も薄いグレーで

バスルームに合いそう。

 

値段は普段は1,980円とお高いがたまたま

1枚1,000円送料無料だった。

 

悩んだ末にブリッツの

バンブータオルを選んでみた。

f:id:mashley_slt:20191004170353j:plain


 

やや大きめのフェイスタオル

開封した時はやや変な匂いがしたので

一度洗濯すると匂いがなくなった。

 

普通のフェイスタオルより

やや大きめ。

f:id:mashley_slt:20191004170411j:plain


 

ベア「触り心地は柔らかくて気持ちいいっす!」

f:id:mashley_slt:20191004170441j:plain

 

ポニ「普通のタオルより薄いね」

f:id:mashley_slt:20191004170618j:plain

 

三つ折りしても2つ折りのタオルと

厚さが変わらない感じだ。

f:id:mashley_slt:20191004170638j:plain


コンパクトだから収納するとき

かさばらなくていいね。

 

さて問題は使い心地。

 

使ってみた感想

シャワーを浴びて

髪や体をを拭いてみよう。

f:id:mashley_slt:20191004170712j:plain

 

拭くのはこの柄がついた面。

f:id:mashley_slt:20191004170834j:plain

 

頭に載せると結構ガッツリ吸う。

そしてまだ吸い取る余裕がある。

 

吸い付くように吸水するから

ドライヤーも前よりちょっと楽。

 

体を拭く時も柔らかくて気持ちがいい。

これは新しいからかもしれないけど。

 

使い心地はいい感じ。

f:id:mashley_slt:20191004172749j:plain


 まだまだ吸うからシャワーブースを

洗って拭き取り。

f:id:mashley_slt:20191004171025j:plain

 

いつも無印のタオルだと床拭いたら

水が滴るのにまだまだ余裕。

 

吸水力もすごい。

f:id:mashley_slt:20191004171042j:plain

 

じゃあ今までのタオルと比較した

実験してみよう。

 

ちなみに以下の実験はアバウトであり

古いタオルと新しいタオルという

違いもあることをご理解ください。

 

吸水実験

 HPには量りを使った実験が載ってる。

でもないから原始的にやっていこう。

 

無印とブリッツにそれぞれ水をかけていき

滴るくらいになったら辞める。

f:id:mashley_slt:20191004171201j:plain


どのくらい吸水してくれるか試してみよう。

 

まずは無印。

f:id:mashley_slt:20191004171236j:plain


200mlだとまだ余裕あり。

f:id:mashley_slt:20191004171259j:plain

 

裏返して水をさらにかけていく。

 

全部で360mlのところで

水が滴り落ちるようになった。

f:id:mashley_slt:20191004171349j:plain


続いてブリッツ。

f:id:mashley_slt:20191004171407j:plain

 

200mlだとまだまだ余裕。

f:id:mashley_slt:20191004171442j:plain


どんどんいこう。

 

400mlでもまだ乾いているところがある。

f:id:mashley_slt:20191004171507j:plain


全部で590mlのところで

滴り落ちるようになった。

f:id:mashley_slt:20191004171520j:plain


無印との比較は3倍とまでは行かなかったけど

かなり吸収してくれるのがわかる。

 

乾燥実験

さっき使ったタオルを絞っておく。

f:id:mashley_slt:20191004171545j:plain


これをバスルームに吊るして

乾き方に違いがあるか見てみよう。

f:id:mashley_slt:20191004171613j:plain

 

ちなみに手で絞っただけだから

かなり水分が残っている。

 

4時間後

ブリッツはやや乾いてきたが

無印はまだまだじっとり。

f:id:mashley_slt:20191004171803j:plain

 

翌朝

ブリッツは完全に乾いたけど

無印はまだ少し湿っている。

f:id:mashley_slt:20191004171847j:plain

 

さらに数時間後

無印も完全に乾いた。

 

ブリッツは柔らかいけど

無印はパリパリ。

f:id:mashley_slt:20191004172019j:plain

 

普段は乾燥機だから普通のタオルは

干すとこうなるのかと驚いた。

 

普通のタオルより乾きやすく

しかも乾いても柔らかい。

f:id:mashley_slt:20191004172951j:plain


 というわけでブリッツは吸水力や乾燥具合が

優れているタオルだとわかった。

 

ブリッツのデメリット

ポニ「気になることはないの?」

f:id:mashley_slt:20191004172412j:plain

 

もちろんあるよ。

 

①値段

嫁氏は1枚1,000円でさらに

ポイントを使ったので数百円で購入

 

ただ普段はフェイスタオル1,980円。

 

「45cm×90cm ブリッツタオル ワイドフェイスタオル 」

 

バスタオルだと3,500円。

 

「75cm×120cm 大判ブリッツタオル バスタオル」 

 

今まで無印の数百円のフェイスタオルだったから

通常価格なら手が出ない。

 

機能は確かに高いし使い心地もいい。

ただ1,980円は躊躇する値段。

 

1,000円なら喜んで買う。

そこは価値観に寄ると思う。

 

②日本企画の中国製

このタオルはメーカーは確かに

ドイツのブリッツ。

 

ただ日本で企画された日本向けの

中国製の商品。

f:id:mashley_slt:20191004172513j:plain


 別にだからどうってことはない。

 

縫製も綺麗だし海外のタオルは

時々分厚すぎるし大きすぎる。

 

日本人に合わせた大きさや厚さ

というのはいいことだと思う。

f:id:mashley_slt:20191004173025j:plain


 ただ中国製なので値段を考えると

躊躇する人もいるかも。

 

なのでそこを知ってから買うのがいい。

 

 

メリットデメリットまとめ

メリット

・使い心地がよく肌馴染みがいい

・吸水力は確かに高く髪の毛拭くのに向く

・普通のフェイスより大きめでこれ1つで十分

・普通のタオルより乾くのがやや早い

・天然素材

・見た目がスタイリッシュ

 

 デメリット

・通常価格はやや高い

・ドイツメーカーだが

日本企画の中国製で

そこをどう捉えるか

 

1,000円なら大満足のタオル

フェイスタオル暮らしを初めて約二年。

f:id:mashley_slt:20191004173128j:plain


特に支障はなく満足した暮らしだった。

 

ただブリッツを使ってみて

大きさだけでなく吸水力や使い心地

f:id:mashley_slt:20191004173204j:plain

 

つまり使い心地がよくなると

もっとバスタイムが楽しいと感じた。

 

でも正直1,980円なら買わない

っていうか買えない。

 

それはブリッツのタオルが

悪いのでない。

f:id:mashley_slt:20191004173654j:plain

 

MS家のタオルへの

優先順位が低いからだ。

 

高いタオルを買うくらいなら

お金を貯めて椅子を買いたい。

 

ヴィトラ Vitra イームズ エレファント 

 

またそもそもいいタオルを

そんなに使ったことない。

 

だから何がいいのか

まだよく知らない。

 

けれど1,000円で髪を乾かしやすくなり

肌馴染みがいいならアリ。 

f:id:mashley_slt:20191004173612j:plain

 

現在3枚所有。

2人家族で1日2枚使用。

 

だから2日目のバスルームでは

取り合いになる。 

f:id:mashley_slt:20191004173539j:plain

 

あと1枚いつか買い足そうと思うけど

1,000円になってからにしよう。

 

MS家のタオル実験面白かったよ

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

 

 

 MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain