My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

オタクが語る今更インテリア話④男前?インダストリアルインテリアはダサい?いいえ!

ダサい?安っぽい?いいえ!

前回は嫁氏の蛇口への暑苦しい思いを

聞いていただき有難うございました。 


ベア「キッチンの話題になると

ここが好きって言ってくれる人が多い!」

f:id:mashley_slt:20190422194230j:plain

 

嬉しいよね。

ただ一方でキッチンの話題になると

こんな相談を度々いただく。

 

インダストリアルなキッチンいいですね。

なのにどうしてダサくないんですか?

 

お部屋を男前にしたら

安っぽくなりました…

どうしたらいいですか?

 

ポニ「インダストリアルってダサいの?

って言うか男前と違うの?

f:id:mashley_slt:20190422194314j:plain


 

いやいやインダストリアルって

ダサくないよ!

 

もちろん好き嫌いはあるけどね。

 

でもgoogleで「男前インテリア」

と入れるとこんな検索が上位に上がる…

f:id:mashley_slt:20190422194336j:plain


 

それは何故なのか?

そしてダサくなくするには

どうしたらいいのか?

 

それはものとの付き合い方

を変えるべきだと思うんだ。

f:id:mashley_slt:20190422194403j:plain


オタクが語る今更インテリア話第4弾。

↓第一弾 


↓第二弾 


↓第三弾 


今回はインダストリアルインテリア

に迫ってみよう。

f:id:mashley_slt:20190423030740j:plain

 

 

インダストリアル「デザイン」

インダストリアルインテリアというと

打ちっ放しの壁とか

pin

 

むき出し配管の部屋を

想像するかもしれない。

pin

 

でもまずスタートは空間やインテリアより

「インダストリアルデザイン」からだった。

 

インダストリアルって工業っていう意味。

pin

 

昔々手作業で作っていたものを

機械も導入して作られるようになった。

 

20世紀ヨーロッパでは

バウハウスや北欧モダンのように

機械と工芸を融合する流れが生まれた。

バウハウス Weimar Ausstellung 1923

 

買いやすくて品質の高いものを

みんなが手に入れられるようにと。

 

だけどアメリカでは違った。

1920年代に利益を重視した

大量生産大量消費の流れが生まれる。

 

ICM 1/24 T型 フォード 1913年

 

そこで「インダストリアルデザイン」

という言葉が誕生する。

 

この時代のインダストリアルデザインは

特徴的で面白い。

 

例えばこれは鉛筆削り

pin

※ただこれは当時大量製品化されなかったが。

 

それまでと違ってシンプルな

見た目は大衆に受けた。

 

そして大衆が喜ぶものを作った。

 

レイモンド・ローウィ―消費者文化のためのデザイン

 

でも見た目をどうこうすることが多く

使いやすさや中身はまだまだだった。

 

そこでミッドセンチュリーの時代。

 

見た目だけでなくいいものを

買える値段でという流れが生まれていく。

f:id:mashley_slt:20190423025539j:plain


ミッドセンチュリー前もレンガや配管の

空間が住居として使われなかったわけじゃない。

 

ただ空間をデザインするインテリア

というわけではなかったようだ。

pin

 

じゃあなぜインダストリアルインテリアって

レンガやコンクリのイメージなの?

 

インダストリアル「インテリア」

 90年代ニューヨーク。

f:id:mashley_slt:20190423025614j:plain


 

マンハッタンの高すぎる家賃を払えなくなった

アーティストたちが

隣のブルックリンへ移動

f:id:mashley_slt:20190423025639j:plain


 

そこには昔工場だった倉庫や古いアパート

マンハッタンより安くで借りることができた。

pin

 

彼らはむき出しの配管をうまく利用し

アトリエを作る。

pin

 

レンガの壁を直すのでなく

そのまま家の壁に。

 

そこに置くのはシンプルで美しい

工業デザインの家具たち。

 

時にはリペアしカジュアルで気取らず

古いものを活用したスタイル。

pin

 

本当に気に入ったものをものを選び

自分らしさがそこにある。

 

アーティストたちの感性とこだわり

が詰まったインテリアだ。

 

20年前のドラマをではキャリアウーマン

「ブルックリン?ダサい!」と言っている。

 

Sex and the City エッセンシャルコレクション

 

でも10年前くらいから映画やドラマでは

ブルックリン=かっこいいイメージ

 

はじまりのうた BEGIN AGAIN(字幕版)

 

ヴィンテージ感あるスタイルは

古いのに新しいものとして人気となる。

 

日本に入ってきたインダストリアルデザインを

日本の企業が「ブルックリンだ!」

と言い始めた。

 

MS家のインダストリアル

ポニ「MS家のキッチンはレンガないよ!」

f:id:mashley_slt:20190422195444j:plain


 

レンガはマストじゃないよ。

 

それに サビとか古木はないよね。

 

ただアイアンや金属を使い

f:id:mashley_slt:20190422195316j:plain

 

色は黒や金属色、木材など抑えめ

f:id:mashley_slt:20190422195344j:plain

 

基本的にはシンプルなものを置き

f:id:mashley_slt:20190422195154j:plain

 

それでも多少生活感を出して

ゆるめにコーディネート。

f:id:mashley_slt:20190422195232j:plain

 

そしてここに置かれているのは

全ていわゆる工業製品。  

f:id:mashley_slt:20190422195057j:plain

 

グリーンをあちこちに。 

f:id:mashley_slt:20190423033836j:plain

 

そう言う意味でインダストリアルなんだよ。

 

安いから高いからダメなのではない

ベア「じゃお金をかけてシンプルなものを

たくさん集めればいんすね!」

f:id:mashley_slt:20190422195710j:plain


 そう言うことじゃない。

 

SNS見てると100均を上手に活用して

素敵に仕上げる人がいる。

 

戸建てとかマンションとか関係なく

賃貸で鼻血出そうなインダストリアル

作る人もいる

 

じゃあそういう人と

自分の部屋をダサいと

思ってしまう人の

違いは何か?

 

それはものへの扱い方や

考え方の違いだと思う。

 

「男前」「ブルックリン」で広まるも…

「男前」「ブルックリン」と言った

言葉は日本の企業によって広まった。

男前インテリア女前インテリア (NEKO MOOK)

 

みんながイメージしやすい言葉は

日本での市民権を獲得。

 

100均やファストインテリアの

盛り上がりもあってたちまち定着。

 

DIYやリメイクが気軽に行える

風潮が生まれてきた。

f:id:mashley_slt:20190422195625j:plain


その風潮自体はいいことだと思う。

 

インテリアはみんなが楽しめるものだ

と言う空気感ができたから。

f:id:mashley_slt:20190423033342j:plain


 

ただずっとこのままでいいかと

言われるとそうではないと思う。

 

嫁氏は前にも述べたように

安いものが悪いとは思わない。 


嫁氏も掃除用具やDIYの材料は

100均を度々利用する。 


 ただこれだけ選択肢がある現代なのに

安いもの=正義とする風潮を感じる

 

本来ならもっと選択肢があっていい。

f:id:mashley_slt:20190423030834j:plain


 

そしてご自分の部屋をダサいと言われて

相談をくださる方の写真を拝見すると

大抵物が意図なく並んでいる。

 

嫁氏は本人が幸せならそれでいいと思うが

本人が嫌だと感じているなら問題だ

 

100均やニトリを使っても

かっこいい部屋を作る方との違い

はここだと思う。

 

つまり本当に気に入ったものを

置く場所を予め考えて配置するということ。

f:id:mashley_slt:20190423030914j:plain


 

やたらめったら買わない。

 

自分の作りたい部屋をイメージして

考えて買う。

 

日本の外を見渡すと

100円200円にぽんぽんお金を使わず

少しずつ貯めてお気に入りを買う国の

人もたくさんいる。

 

どちらがいいとか悪いとかではないけど

日本のゴミの量を見ると安いだけが

賞賛される風潮は少し変わるべきだ。

 

もちろん安いのがダメなのでなく

選択肢を増やすと言う意味だ。

 

かっこいいインダストリアルの作り方

じゃあインダストリアルを

かっこよく飾るにはどうしたらいいか?

 

まず本物を見ること。

 

本物は発祥の地アメリカの

vintage industrial interiorとか

industorial decor

を英語で検索するとわかる。

pin

 

「ブルックリン」「男前」だと

日本に向けのみだ

 

それだってお手本になるが

ぜひまず本物を知ってほしい。

 

そこでどんなものが使われるのか

どんな風においているのが

自分なりに観察する。

pin

 

その上で何を置くのか焦らず選択する。

少しずつ集めていったものを飾る。

pin

 

そうすれば自分自身も納得するし

「どうしよう!ダサい!」

なんてことは減っていくと思う。

 

そしたら捨てられる家具は減り

ゴミも減ってお金も貯まる。

 

ものとの付き合い見直しませんか

平成はよく言えば皆が手軽にインテリアを

楽しめるような空気感ができた時代だった。

f:id:mashley_slt:20190423034032j:plain

 

一方で物が溢れ安くて質の悪いものも生まれ

買い物に後悔する人が増えて時代でもあったと思う。

 

次は令和。

 

ものとの付き合い方を見つめ直し

あなたなりのスタイルを焦らず

作ってみませんか。

f:id:mashley_slt:20190423034133j:plain


 

もしインダストリアルが好きなら

ものを直したり変化を楽しんだり

長く付き合えるお部屋作りを。 

f:id:mashley_slt:20190423040059j:plain


自分の部屋をダサいなんて思わず

堂々と好きって言える人が増えますように。

 

ベア「インダストリアルって個性豊かだね」

ポニ「変化を楽しめるのもいいな」

f:id:mashley_slt:20190423034533j:plain

 

個性で変化と言えば

もっと個性的で未来を感じる

インテリアがあるよ!

f:id:mashley_slt:20190423035049j:plain


それはまた次回のお話。

 

☆続き:第5弾はスペースエイジ


 ものとの付き合い方見つめ直してみようかな

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20190504125224j:plain


 ↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20190504124437j:plain


↓収納やインテリアのハナシ 

f:id:mashley_slt:20190504124506j:plain

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20190504124554j:plain


↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20190504124655j:plain


↓家具や家電がもっと好きになるオタク話

f:id:mashley_slt:20190504124806j:plain

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

自分の部屋が好きって言える暮らしを。

 

家づくり  

家づくりは焦らず。

 

みんなのWeb内覧会 

とにかく数を見ること。

 

    

MS家のインスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20190504125014p:plain

 

MS家のRoom Clip↓

f:id:mashley_slt:20190504125105j:plain