My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<家づくり>ネットでも実店舗でも買える家具〜番外編〜ヴィンテージ家具を賢く買う

家具選び中古編

ベア「今週は価格帯別の

家具メーカーを紹介してきたよ」

f:id:mashley_slt:20190328235821j:plain

 

 


ポニ「今日は番外編!中古家具だよ!」

f:id:mashley_slt:20190328235806j:plain

 

中古の家具は好き嫌い別れるけど

上手に利用するといい家具を

お得に買うことができる。

 

MS家の家具はほとんど中古。

中古はリペアを楽しめるメリットもある。

f:id:mashley_slt:20190329000110j:plain

 

 

また中古の家具ほどどこで買うかで

大きく値段の差が出るんだ。

 

 

ヴィンテージ家具の傾向

・値段は買う場所で違う

・値段の内訳が店で違う

・中古が大丈夫なら古い家具の

風合いを楽しめる

・中高価格帯以上のいい家具なら

手入れすればずっと持つ

・新品は買えない人でも手頃に楽しめる

・店によっては見抜く目が必要

 

f:id:mashley_slt:20190329040742j:plain

価格帯別家具メーカー特集で

これまで書いてきたのは「新品」

 

なぜその値段か?

物には価格の中身がある。

 

材料費

輸送費

人件費(職人、スタッフ、販売員、営業)

場所代

利益

 

では中古はどうなのか?

だってすでにできているもの。 

f:id:mashley_slt:20190329000422j:plain

 

材料費はかからないはずだし

職人の費用も発生しない。

 

なのになぜ時々中古でも

ものすごい値段があるのか?

 

例えば前回触れたカッシーナのソファは

店によっては中古でも100万円以上。

f:id:mashley_slt:20190329041016j:plain


でも時に同じ商品が10万円以下で

売っている場合もある。

 

コンディションの差もあるが

他に何が違うというのか?

 

それを知ることで中古の家具を

お得に自分のライフスタイルに

合った形で購入できる。

 

 それはズバリどこで買うかだ。 

f:id:mashley_slt:20190329000603j:plain

 

 

中古を買う3つの場所

色々あるけどアクセスしやすいものとして

3つのカテゴリーを紹介。

 

ただその前に1つ言っておくと

北欧家具が年々高騰しているのは

現地での値段が高騰しているのもある。

f:id:mashley_slt:20190329025148j:plain


 

中国がかなり買い占めて

需要に対し供給が追いつかない。

 

その上で他にその値段になるには

どんな理由があるのかお話ししていこう。

 

①オサレなヴィンテージショップ

・種類が多い

・値段は高め

・詳しい店員さんが多い

・丁寧なリペアをする店もある

 

<ショバ代の追加>

関東でいうと代官山や青山,目黒

にあるようなオサレなショップ。

 

こういうお店にあるヴィンテージは

大抵いいものが揃っていい値段がする。

f:id:mashley_slt:20190329025337j:plain


 

なぜか?

人が集まりやすいので立地がいい。

その分ショバ代が家具にも追加される。

 

立地がいいお店はこんな感じ。

 

いろんなアンティークを扱う

ロイズアンティークスさん


ミッドセンチュリーにまみれる

憧れの店Midcentury-Modernさん。


ミナペルホネンの張り替え生地で

綺麗な北欧ヴィンテージを扱うSalut


いいコンディションのヴィンテージを

扱われているLewisさん


<リペア代で上がる>

場所はアクセスが悪いのに

いいお値段の中古家具がある。

 

例えばMS家のデイベッド。

f:id:mashley_slt:20190329025440j:plain


 

これは日本でも北欧ヴィンテージを

扱う大手halutaさんで購入した。


ネットも実店舗もあり神田にもあるが

多くの家具が置かれているのは長野。

 

ウェグナーのデイベッドの中古はよく見かけるが

中古のソファは張り替えた方がいい。

f:id:mashley_slt:20190329025508j:plain


 

リペア好きの嫁氏も

流石に張り替えはできない。

 

halutaさんの北欧ヴィンテージは

中古といえど職人がしっかり

リペアしたもので本当に美しい。

f:id:mashley_slt:20190329025546j:plain

 

しっかりリペアをするということは

その分上乗せになる。

  

人件費、材料費、光熱費諸々のっかり

数万円上がることもある。

 

リペアなしで売っている店もある。

そういうとこで買うと値段が低い場合もある。

 

例えば前に行った神戸の

「北の椅子と」さん。

実店舗もネットも購入可。

https://kitanoisu-to.com/

※その時の様子


未リペアのものもあるので

相場を考えるとお得なものも

ちらほらあった。 

f:id:mashley_slt:20190329025853j:plain

 

あとこれも前に行った香川の

コネクトさん。実店舗もネットも購入可。

※その時の様子

 

こちらはリペアしているものもあるが

お店の人に聞いたらリペアなしでも

売ってくれる商品があるとのこと。

f:id:mashley_slt:20190329025759j:plain

 

だから綺麗な状態を買うか

安く買って自分で直すか

ということだ。

 

②おっちゃんの個人経営リサイクルショップ

・いいものを安く変える場合がある

・価値を知らない店員さんだと安く買える

・お目当てに出会えるとは限らない

・買い手の見る目が必要

 

「もっと安く買いたい!」

そんな人におすすめなのが

リサイクルショップの宝探しツアー。

f:id:mashley_slt:20190329030026j:plain


 

皆さんの街にもおっちゃんやおばちゃん経営の

リサイクルショップがあるかもしれない。

 

そんなところにひょっこり

いいものが紛れ込んでいることもある。

f:id:mashley_slt:20190329030420j:plain

 

例えばワイヤーチェア。

f:id:mashley_slt:20190329030532j:plain


 

リサイクルショップのお兄さんが

売れなくて困っていた

 

お兄さんは本物かどうか

わからないと。

 

しかもこの辺ではヴィンテージの

家具集めている人は多くない。

 

でも嫁氏は座面を見て気づいた。

PAT PENDING(特許出願中)の記載。

f:id:mashley_slt:20190329030846j:plain


 

通常ハーマンミラーの椅子には

こういう刻印がある。

f:id:mashley_slt:20190329030933j:plain


 

でもワイヤーチェアにはない。

そしてこの特許出願中の文字が

入っているのはだいぶ初期のもの

 

キター!!

 

というわけで1万円ちょい

うちの子になった。

f:id:mashley_slt:20190329031230j:plain


 

ちなみに

新品のワイヤーチェアは10万円。


ヴィンテージだと物によるけど

7-10万円くらい。

 

と言っても最近は人気が再燃して

なかなかヴィンテージは出ない

 

家具好きをいっぱい見て

売り手が知らない情報によってお得に買える。

 

嫁氏も間違うことがあるし

まだまだ勉強中。

↓実際間違ったし 


 でも好きになったものを

いっぱい観察してよく知ると

いいものがお得に買える。

f:id:mashley_slt:20190329032148j:plain

 

③オークションやフリマ

・物によって高すぎなことも

安くなることもある

・ポイントは検索ワード

・誰から買うかは大事

 

MS家にはヤフオクやメルカリ

買った子たちもいる。

f:id:mashley_slt:20190329032336j:plain



例えばヤフオクは人気のものは

値段が上がりすぎることもある。

 

でも上手く使えばお得に手に入る。

f:id:mashley_slt:20190329032431j:plain

 

メルカリはヤフオクより安いことがあり

交渉できるというメリットがある。

 

ただ交渉できると言っても

極端に安くなるわけではない。

 

その点はヤフオクの方が物によっては

安くなる余地がまだある。

f:id:mashley_slt:20190329032623j:plain


 

ポイントは検索ワードだ。

例えば北欧のチェストが欲しいとする。 

f:id:mashley_slt:20190329033737j:plain

 

その場合「北欧 チェスト」で

検索する場合が多いだろう。

 

そこで出てくるのはだいたい

・北欧「風」の新品チェスト

・ガチな北欧ヴィンテージチェスト

 

前者は大抵低価格家具だ。

後者はガチなものもあり

そうすると人気が出て

値段がかなり上がる。

 

じゃあどうするか?

「中古 タンス」

「中古 チーク 収納」

など北欧ヴィンテージに

詳しくない人の出品を狙う。

f:id:mashley_slt:20190329034314j:plain


 

どういうことことかというと

北欧家具に詳しい人なら

相場がわかってるから

最初からそれなりの値段をつける。

 

でも出品者自身が詳しくない

出品時の値段も安く検索もされにくい。

 

そうするとライバルも現れず

値段も上がらない。

 

そうして「中古 タンス」

売られていたのがこの子。 

f:id:mashley_slt:20190329034515j:plain

 

普段北欧ヴィンテージチェストは

大きさにもよるけど10万円前後。

 

この子は3万円弱。

 

商品説明には「デンマーク」なんて

言葉一切ない。

f:id:mashley_slt:20190329035000j:plain


 

それでもわかったのは北欧家具の

特徴がはっきり出ているから。

 

買うかどうかはあとは

買い手の判断だ。

 

つまりある程度家具屋さんなどで

家具を見て特徴を知ると

安く買える余地が広がる。

f:id:mashley_slt:20190329035158j:plain

値段は大事だけど
こんな風にどこで買うかで
中古の家具はだいぶ値段が変わる。
 
どこで買うかは
その人が何を求めるかで変わる。

f:id:mashley_slt:20190329035646j:plain

例えば家具に詳しくないなら
安心できて綺麗な状態を
いいお店で買った方がいい。

f:id:mashley_slt:20190329035736j:plain

家具にある程度慣れているなら
おっちゃんのお店やオークションで
吟味して探し出すのも楽しい。

f:id:mashley_slt:20190329035826j:plain


 
今回の特集は家具の値段の
理由も一緒に話してきた。
 
実はヴィンテージはもう1つ
高い理由がある。

f:id:mashley_slt:20190329040004j:plain

リペアをしっかりするでもなく
ショバ代が高いからでもなく
ただ上げる場合があるのだ。
 
しかも合理的な理由で。
 
それについては長くなるので
また今度。
 
ただどんな場合にも言えるのが
値段って大切だけど
それだけで判断しないこと。

f:id:mashley_slt:20190329040239j:plain

安いからとりあえず買うと
本当に気に入ったものでは
ないかもしれない。
 
高いからいいものだと思って買うと
値段不相応のものかもしれない。
 
そしてもう1つ大事なのが
見る目を磨くこと。

f:id:mashley_slt:20190329040341j:plain

 

特別なことはしなくていい。
ただ普段行くカフェやお店で
注意してたくさん家具を見る。
 
そうすれば質感や好みが
自ずと見えてくる。

f:id:mashley_slt:20190329040440j:plain


 
家具は暮らしを
豊かに幸せにするもの。
 
だからこそその値段の中身を考え
いい家具を買って欲しい。 

f:id:mashley_slt:20190329040524j:plain

嫁氏は心からそう思います。

 

家具をたくさんみよう!

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

 

  ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

素敵な暮らしを実現しよう。

 

家づくり  

家具は実際に座って選ぶのがオススメ。

 

みんなのWeb内覧会 

家具を舐め回すように見る。

 

☆はてぶコメント返信。

 

いつも暖かいコメントや

ブックマークありがとうございます。 

 

カッシーナはやはりすごいですよね。

 

嫁氏は地方の家具屋さんで

何回か見たり座ったりしましたが

都会のショールームの前に行くと

ものすごいオーラを感じます。

 

嫁氏をヘッドハンティングですか?!

ぜひして欲しい!

 

 

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain