My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>パリにもウチにも魔法をかけるサヴィニャック展。

僕らを置いて…

ただいまー!

f:id:mashley_slt:20181114010147j:plain

 

ベア「僕らを置いてお出かけか…」

ポニ「いじけてやる…」

f:id:mashley_slt:20181114010205j:plain

 

まあまあ二人とも。

お土産もあるからさ。

f:id:mashley_slt:20181114010046j:plain

 

ベア「どこへ行ったの?」

 

ナウガ親分「兵庫県立美術館だゾォ」

f:id:mashley_slt:20181113235430j:plain

 

ナウガver1「サヴィニャック展にいったんだよ」

f:id:mashley_slt:20181113235450j:plain


サヴィニャック展を見て

インテリアの効果的な作り方も

学んできたよ。

 

 

 

一人で編めるもん

ポニ「奇妙な絵…」

 ベア「自分の頭を毛糸で編んでる!

だけどどこかユーモラス。」

f:id:mashley_slt:20181114005806j:plain

 

この子の形状はシンプルなのに

体の毛糸感や右の毛糸はリアル。 

f:id:mashley_slt:20181114005847j:plain

 

女の子は一人でるんるんと

編み物をしている。

f:id:mashley_slt:20181114005915j:plain

 

「ウット毛糸なら

一人で編めます」

 

毛糸のよさをアピールする

ポスターなんだ。

 

ポスターを描いたのは

レイモン・サヴィニャック

f:id:mashley_slt:20181114010007j:plain

 

日本のインテリア好きさんには

こういうポスターが有名。

f:id:mashley_slt:20181114010307j:plain

 

あとサントリーのこの広告。

見たことある人もいるかも。

f:id:mashley_slt:20181114010343j:plain

 

 衝撃的

ユーモアがあり

一枚の絵だけで

人に訴えるポスター。

 

ポスターの力で

パリに魔法をかけた

サヴィニャック。

f:id:mashley_slt:20181114023724j:plain

 

そんなサヴィニャックの世界を

覗いて魔法をかけてもらおう。

 

入り口で遊ぶ

親分「入り口についたゾォ!」

f:id:mashley_slt:20181114010437j:plain

 

あ!なんかある!!

なんだろう…だんろっぷ?

f:id:mashley_slt:20181113235747j:plain

 

サビニャックごっこだ!

元の絵はこれだね。

f:id:mashley_slt:20181114010548j:plain

 

写真をとってインスタにあげると

ポストカードプレゼント…

f:id:mashley_slt:20181113235841j:plain

 

よし!ワクワクさんGO!!

f:id:mashley_slt:20181113235824j:plain

 

わーい!カードもらえたよ。

f:id:mashley_slt:20181114010626j:plain

 

じゃあ展示室へGO!

 

入り口でサビにゃる

入り口にはでっかい

子供の絵。

f:id:mashley_slt:20181113235927j:plain

 

いろんなとこがサヴィニャってる!

f:id:mashley_slt:20181114000006j:plain

 

ナウガくん!顔合ってない!!

f:id:mashley_slt:20181114000828j:plain

 

じゃあ中に入って魔法を

見に行こう。

f:id:mashley_slt:20181114001042j:plain

 

写真はここまで.

中ではメモを撮りながら

鑑賞したよ。

f:id:mashley_slt:20181114010746j:plain

 

あとは画集を見ながら

嫁氏が味わった魔法を

お話ししよう。

 

①スマイルマジック

若いサヴィニャックには

憧れの人がいた。

 

グラフィックデザイナーの

カッサンドルさん。

f:id:mashley_slt:20181114011637j:plain

アドルフ・ムーロン・カッサンドル - Wikipedia

 

彼はポスターの世界で

活躍していた。 

 

ノールエクスプレスパリ、ワルシャワ

 

ポスターとはそもそも

一枚に伝えたい情報が

入っているもの。

 

彼の作品は明快で力強く

シンプル。 

 

Normandie c.g. Transatlantique French Line

 

30年代に憧れの師匠と一緒に働いた

サヴィニャックは

「絶望した!

あまりに素晴らしく絶望した!」

と称するほど。

 

だから最初の頃は思いっきり

師匠の考え方に傾倒した作品。

f:id:mashley_slt:20181114012818j:plain

(1933年)

 

でも師匠から離れ自身の経験から

次第にオリジナリティが生まれる。

 

それがユーモアだ。

 

例えばこれ。

 「ブルーナを飲んで

温まろう」

f:id:mashley_slt:20181114012943j:plain

 

白くまがビールを飲んだ途端

黒くまに変身していく!

f:id:mashley_slt:20181114013256j:plain

 

体があったまったからだ。 

 

飲めばポカポカというのを

白クマと黒クマという

クマの種類で表現

 

見る人を「何だろう」と

釘付けにし意味がわかると

クスッとなる。

f:id:mashley_slt:20181114030216j:plain

 

爆笑ではなく

スマイルにするマジック

f:id:mashley_slt:20181114015308j:plain

 

注意を引き印象付けるという

広告の役割を見事に果たしている。

 

②色のマジック

サヴィニャックの絵は

シンプルというイメージだった。

 

でも広告だからよく見ると

製品はかなり細い。

f:id:mashley_slt:20181114015518j:plain

 

それなのになぜシンプルという

印象を受けるのか?

 

それは人物の単純化に加え

色使い

f:id:mashley_slt:20181114030156j:plain

 

だいたい一つの絵で3色くらい。

3色以上合ってもトーンが似ている。

 

例えばこれ。

サヴィニャックの成功の発端となった

牛乳石鹸モンサヴォン

f:id:mashley_slt:20181114013946j:plain

 

石鹸の卵色

モンサヴォンの企業カラー紺色 

最後にピンク

 

それまで石鹸は「体を洗う

洗浄物」というイメージだった。

 

それを甘さや優しさを印象付け

石鹸=生活の質を上げるもの

という商品価値にあげようとした。

f:id:mashley_slt:20181114015728j:plain

 

これが大成功。

「僕は41歳のときにモンサヴォンの

牛のお乳から生まれたんだ」

と自ら述べるくらい彼のその後の

制作活動を変える作品に。

 

色の持つ力を理解し

その効果を十分発揮させるための

色の限定。 

f:id:mashley_slt:20181114024127j:plain

 

限定することで

一枚で何を伝えたいのか

はっきり伝わってくる

 

③人を変えるマジック

サヴィニャックの作品は

商業ポスターが多い。

f:id:mashley_slt:20181114020606j:plain

 

広告では見る人を

消費行動に移し

商品に興味を持たせる

ことが求められると思う。

 

だからポスターを見て

「美味しそうだな」

「これを使えば幸せになる」

と感じてもらう必要がある。

f:id:mashley_slt:20181114030310j:plain

 

サヴィニャックの

作品に出てくる

人たちは幸せそう。

 

例えばこれ。

f:id:mashley_slt:20181114020151j:plain

 

日本でもおなじみオランジーナの

ポスター。

 

オランジーナ

 

木にはオレンジの代わりに

オランジーナ。

f:id:mashley_slt:20181114020449j:plain

 

オレンジの代わりに生えてくるくらい

オランジーナって果実感あるよって

ことだろう。

 

そしてそれを飲む男性は

とっても幸せそう。

f:id:mashley_slt:20181114020516j:plain

 

見る人を幸せな気分にし

行動に移させる。

f:id:mashley_slt:20181114025728j:plain

 

そんな魔法をかけてくれるのが

サヴィニャックの力だと思う。

 

家づくりの魔法

展示会を全部見終わった後は

なんだか幸せで愉快で

足取りが軽い気分になった。

f:id:mashley_slt:20181114024439j:plain

 

その日嫁氏は風邪気味で

正直しんどかった…

 

でも見終わるとニヤニヤ

 

まるで魔法みたいだ。

 

見る人の気分を変える魔法だ。

f:id:mashley_slt:20181114024537j:plain

 

またこの魔法は

お部屋作りにも使える魔法

だと思う。

f:id:mashley_slt:20181114030345j:plain

 

まずお部屋の色使い。

3色までだと統一感があり

目指す方向性がわかる。 


ユーモアの魔法。

シンプルなだけよりも

一緒にいてニヤリとする家具 


クスッとなる小物 


そういうものは人を

幸せにする。

 

笑顔で過ごす魔法。

これは強力。

一緒に住む人が笑顔だと

つられて笑顔になる。

 

すると暮らしを楽しめて

掃除もするようになる。 


展示会で魔法をかけられたMS家は

思いっきりにやけながら

会場を後にしました。

f:id:mashley_slt:20181114025905j:plain

 

そしてにやけついでに

お昼は調子に乗って

洋食屋さんへ。

f:id:mashley_slt:20181114030004j:plain

 

肉食べた! 

f:id:mashley_slt:20181114025929j:plain

 

これ柔らかくて今まで

食べた中でピカイチ!

f:id:mashley_slt:20181114030028j:plain

 

ベア「え、まさか…」

f:id:mashley_slt:20181114030555j:plain

 

 安心して!

熊肉じゃないから!

ビフカツね!牛さん!

 

読んでいてちょっとニヤけたよ

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 
 ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

笑って暮らそう。

 

家づくり  

色の限定ってすごく大事。

 

みんなのWeb内覧会 

サヴィニャックの絵はたまに見ます。

  

☆はてぶコメント返信

 

暖かいスターやブックマーク、

コメントありがとうございました。

 

貴重なご意見の数々に感謝いたします。

 

自分が知らないような世界を紹介されると

やはりワクワクするものです。

 

だけどそこに故意の嘘が

あってはいけないと思います。

 

「ばれなきゃいい」

「きづかれなきゃいい」

で作ったものってやっぱり

どこか穴があるものです。

 

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain