My Midcentury Scandinavian home 〜北欧ミッドセンチュリーの家〜

椅子オタク嫁氏と夫氏の暮らしとインテリア話。

<お出かけ>台湾旅行⑦憧れの九份へ行く。やっぱり旅では生活を感じたい

ワクワクさんはモノマネ上手?

ベア「きゃはははは」

ポニ「ぷぷぷ」

f:id:mashley_slt:20181018020049j:plain

 

二人ともなんで笑ってるの?

 

ベア「姐さん!

ワクワクさんが『千と千尋の神隠し

にでてくるカオナシの真似

上手でかなり似てるの!」 

 

ワクワク「センだ!センを出せ!

ポニ「マジで似てる…」

 

『千と千尋』といえば

そのモデルとなった

といわれる九份にも行ったよ。

 

 

 

九份への行き方
九份は台湾では
人気の観光地。
 
でも台北からは結構離れています。

f:id:mashley_slt:20181018021821p:plain

 
行き方は
①タクシー
②バス
③メトロと他(バス、タクシー)
様々。
 
このうち①はちょっと注意。

f:id:mashley_slt:20181018022428j:plain

 
どの場所からも行けて
楽チンではあるけれど
台湾のタクシーは
ぼったくりもあり
 
街中を走っているタクシーは
割と大丈夫そうでした。
 
でも故宮博物館とか 

 
九份のバス停乗り場
待ち構えるタクシー。
 
これらは注意が必要
 
なぜならば街中タクシーは
地元の人も利用するけれど
観光地は観光客しか利用しない。
 
よって「安いよ!」って
日本語で声をかけ乗せた後は
「ちょっと寄り道」
ドライバー馴染みの店に勝手に寄られ
買い物させられることもあるとか。
 
台湾のタクシーは
日本より安いけど
気をつけましょう。
 
仮に乗車したらまずメーターを
押したかを確認を!
 
また一番安くて楽なのが
②バス。

f:id:mashley_slt:20181018022506j:plain

 
1062番バスなら
忠孝復興駅SOGO近くより
一本で行けます。
 
ただ観光シーズンには
人が多くて乗れないことも。
 
今回は人が少なそうだったので
バスで行くことにしました。
 
運転手さんの神業
バス停乗り場では案の定
タクシー運転手さんが
「安いよ!早いよ!」
と流暢に話しかけてくる…
 
しかし我々はNOだ!
 
ではバスで出発!
台北市内から1時間くらい。

f:id:mashley_slt:20181018022745j:plain

 
途中バスが高速道路前の
赤信号で停車。
 
そのときバス運転手さんが
ドアからエスケープ!
 
車内がザワザワ…
 
一体どうしたん1だ?!
 
運転手さん近くの
ガソリンスタンドへ!

f:id:mashley_slt:20181018023043j:plain

 
ベア「なんだなんだ!
仕事が嫌になったのか!?」

f:id:mashley_slt:20181018023114j:plain

 
と思ったら
飲み物片手に帰ってきた!

f:id:mashley_slt:20181018023056j:plain

 
なんと赤信号の時間を計算して
その間に水分補給!
 
しかも運転席についたと同時に
青信号に!

f:id:mashley_slt:20181018023132j:plain

 
神業である!!
 
バスは上がるよどこまでも
その後バスはどんどん
進みます。

f:id:mashley_slt:20181018023230j:plain

 
街中を通り

f:id:mashley_slt:20181018023253j:plain

 
だんだん緑が増えていく…

f:id:mashley_slt:20181018173151j:plain

 
1時間くらい経つと
山際に建物が建っている風景が…
 
どんどん坂を登り
九份入り口に到着!

f:id:mashley_slt:20181018173349j:plain

 
ベア「かなり高いとこ!」

f:id:mashley_slt:20181018173416j:plain

 
ワクワク「わ、ワクワクさん怖い…」

f:id:mashley_slt:20181018173458j:plain

 
ポニ「彼は高所恐怖症だった!
大丈夫か…」

f:id:mashley_slt:20181018173544j:plain

 
まずは中に入りましょう!

f:id:mashley_slt:20181018173610j:plain

 
九份はなぜ観光地?
ベア「提灯がいっぱい!」

f:id:mashley_slt:20181018173645j:plain

 
ここは戦前は金の採掘場所
として活気があったんだ。
 
でも戦後は高山閉鎖により
一時衰退…
 
それが80年代映画のロケ地
使われたことで再び脚光を浴び
観光地化されたんだよ。

 

悲情城市

 
今ではこのノスタルジック
雰囲気を求め世界中から
観光客がやってきている。

f:id:mashley_slt:20181018174039j:plain

 
街の音を聞いてみよう↓

 
お店ぎっしり
ベア「しっかし九份の中って
ひたすら飲食店かお土産屋…

f:id:mashley_slt:20181018174853j:plain

 
しかも坂がすごいね…
これはお年寄りには
きついかもね…

f:id:mashley_slt:20181018175055j:plain

 
とりあえずタピオカ飲んだり
おやつ食べたりしたけど…

f:id:mashley_slt:20181018175715j:plain

 

正直こういう雰囲気は

前回夜市で味わったから

大きな感動はなかった…


しかも夜市での

・謎のスパイスの香り(八角)

・腐ったすごいにおい(臭豆腐)

が再び!!

f:id:mashley_slt:20181018180338j:plain

 

もうこのまま歩いて終わりかな…

そう思った時楽しいことが

始まった…

 

ここに住んでる…?

どんどん登っていくと

お店がなくなり頂上へ。

f:id:mashley_slt:20181018180240j:plain

 

店も終わりか短いな九份…

そう思った時見えたのが…

 

小学校!!!

f:id:mashley_slt:20181018180405j:plain

 

さらにその横には寺院!

f:id:mashley_slt:20181018180453j:plain

 

さらに上にはなんと住宅地!

f:id:mashley_slt:20181018180515j:plain

 

そう九份は観光地なだけでない

住んでいる人がいるのだ。

 

しかも山の傾斜面に沿って

建っているから

ものすごい建て方。

f:id:mashley_slt:20181018180624j:plain

 

ベア「しかも結構家が多い!」

f:id:mashley_slt:20181018180817j:plain

 

こんな急斜面の家で

こんな狭い道路で

常に観光客がいっぱいの場所で

生活している人がいる…

f:id:mashley_slt:20181019003726j:plain

 

そう思うと九份って

なんて不思議で

面白いんだろう

と思った。

 

オモテとウラ

「ノスタルジックを楽しむ」

「懐かしい雰囲気」

「夜店を楽しむ」

 

そういったことが

ガイドブックには書かれている。

ことりっぷ 海外版 台北

 

それももちろん楽しい。

 嫁氏はレトロが大好きだ。

 

でも観光として「オモテ」だけでなく

実際はどんな暮らしなのか

見えると面白いなって思う。

f:id:mashley_slt:20181019003235j:plain

 

だって「暮らし」って

なかなか覗けない貴重なもの

f:id:mashley_slt:20181019003506j:plain

 

オモテはいわばテーマパーク。

店も場所もゲストのために存在する。

 

でも暮らしはそうじゃない。

住まう人のためにあり

もっと人間くさいものを感じる。

f:id:mashley_slt:20181019003605j:plain

 

 だからオモテでなくウラの本質が

見えた時に面白いなあって思うんだ。

 

嬉しい発見

夕方の九份のベストタイムに

迷い込んでお店のウラの

路地に入り込んだ。

f:id:mashley_slt:20181019002353j:plain

 

みんな

「いい写真が撮れる」

スポットに集合し

路地には誰もいない。

f:id:mashley_slt:20181019002604j:plain

 

そこからは「The 九份」な

風景が広がっていた。 

f:id:mashley_slt:20181019002628j:plain

 

この風景は確かに美しい。

懐かしくてノスタルジーで。

f:id:mashley_slt:20181019002837j:plain

 

でもそれより

たぶんここで働く人や

暮らす人くらいしか通らない

この場所を見つけられたことが

なんだか嬉しかった。

f:id:mashley_slt:20181019003119j:plain

 

帰りはまたもやCの国の人たちに

列を追い抜かされバスに乗れず

結局在来線で帰ったのも思い出…

f:id:mashley_slt:20181019003105j:plain

 

☆次回MS家@台湾

お茶の先生に出会って

人生変わる…?!

 

 


 

旅は宝探しも楽しいよね

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

 

 ↓MS家のWEB内覧会  

f:id:mashley_slt:20180323205017j:image

 

↓家の性能について 

f:id:mashley_slt:20180409094048j:image

 

↓家づくりのハナシ 

f:id:mashley_slt:20180323205008j:image

 

 ↓巨匠の製作秘話や名言

f:id:mashley_slt:20180326001158j:image

 

↓リペアやワクワクさんミニチュア

f:id:mashley_slt:20180326001223j:image

 

 ↓旅から暮らしを考える

f:id:mashley_slt:20180326001822j:image

  

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし  

旅で暮らしにスパイスを。

 

家づくり  

ほかの国から学ぶのも家づくり。

 

みんなのWeb内覧会 

ほかの家から学ぶのも家づくり。

  

インスタグラム↓ 

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain