北欧ミッドセンチュリーの家づくり

家具コンシェルジュ嫁氏の暮らしインテリア話

MENU

夏も冬も快適なラグ。自然を感じるアート「ギャッベ」の魅力

ラグそのままでいいの?

ベア「そろそろ暑くなったっす!

絨毯変えなくていいんですか?」

f:id:mashley_slt:20180612120408j:image

 

うちは取り替えるような

ラグやゴザとかないよ。

年中そのまま!

 

ポニ「いくらズボラだからって

さすがに絨毯敷きっぱなしは…」

f:id:mashley_slt:20180612120539j:image

 

いーのいーの!

うちのギャッベさんは

夏も冬も快適な絨毯。

 

イランの女性たちの

家族や自然への思いを感じる

世界に一つだけの絨毯なんだよ。

f:id:mashley_slt:20180612120437j:image

 

 

 

 

ペルシャ絨毯との違い

 

イランの絨毯って言えば

ペルシャ絨毯が有名。

 

でもペルシャ絨毯はもっと目が細い。 

 

でもギャッベはその言葉の意味

「ざっくりした」というように

目が荒いのが特徴。

f:id:mashley_slt:20180612120609j:image

 

そしてギャッベには今は

「ギャッベ」

「ギャッベ風」

「コピーギャッベ」

いろんなものがある。

 

本来のギャッベは職人さんの感性で

デザインが決まる場合がある。

 

 

職人さんというのは

遊牧民の女性たち

  

遊牧民の生活用品

標高2000m以上の山岳地帯では

カシュガイ族という遊牧民がいる。

f:id:mashley_slt:20180612135704j:image

 

300年以上厳しい大自然の中で

家族で助け合いながら生きてきた民族。

 

彼らが共に移動するのが犬、ヤギ、

そしてギャッベの材料羊。

f:id:mashley_slt:20180612142714j:image

 

200匹以上の羊を連れて

年2回移動するという。

f:id:mashley_slt:20180612140430j:image

 

そんな移動中に女性たちが

織るのがギャッベ。

f:id:mashley_slt:20180612140259j:image

 

看板も何もないただ広がる

山や空の大自然に囲まれて暮らす

彼女たちの自然への好奇心と

家族の幸せへの願いが

織り込まれたのがギャッベ。

f:id:mashley_slt:20180612140521j:image

 

ギャッベは遊牧民たちの

生活用品だった。

 

どうやって広まったの?

最近日本でも結構ギャッベを見かける。

 

元々一民族の絨毯が

どうして世界に広まったのか?

 

それはこのおじちゃん

ゴラムレザ・ゾランバリーさんが

世界的ブームを作ったから。

f:id:mashley_slt:20180612011032j:image

 

ゴラムおじちゃんは絨毯やさん。

 

おじちゃんが若い時に持っていたのは

156枚のギャッベだけ。

 

ポニ「そんなに?!うらやましいい!

ギャッベで値段の幅が広いけど

本場のは割といいお値段するよね…」

f:id:mashley_slt:20180612141227j:image

 

ところがどっこい!!

 

1950年代当時

ギャッベ=安物

ペルシャ絨毯=高級

という認識があった!

 

おじちゃんは

「あんな安物ばっか集めて

何がしたいの?」

なんて言われてたそうだ。

 

そんなとき一人のヨーロッパ人が

おじちゃんから全てのギャッベを購入。

 

その次来た時は

1000枚のギャッベを注文。

 

そこから世界に広がっていった

f:id:mashley_slt:20180612141612j:image

 

今やゾランヴァリ社は

イランのファールス州で

石油を除いた部門の

輸出高第1位

 

でも地位を築いたからと言って

横暴なビジネスはしない。

 

例えばおじちゃんは取引するとき

遊牧民を信頼する。

 

ギャッベは品質とサイズで値段が違う。

 

サイズを測る時自分が測るのでなく

売り手にサイズを言わせて

それを信じてそのまま買い取る。

f:id:mashley_slt:20180612140804j:image

「私がずっと絨毯を買ってきた村の女性たちの生活は

以前はずいぶん貧しく彼らの装いもみすぼらしかった。

ところが今では、良質なギャッベを織り、それを売ることで、

生活は格段に豊かになり、子供達も教育をうけることが

できるようになっている、それは私にとっても大きな

喜びだ。」

草木染め絨毯ギャッベ―幸せを紡ぐイランの遊牧民カシュガイ』より

 

彼の働きによりギャッベは

「安物の絨毯」でなく

「アート」としての

価値付けが生まれた。

f:id:mashley_slt:20180612142443j:image

 

そしてそのことで職人である

遊牧民たちの生活が変化。

 

ギャッベが世界中で人気になり

「ギャッベっぽい絨毯」が

安価で流通しているけれど

「ゾランヴァリ・ギャッベ」は

職人が丹精込めて作った

価値あるギャッベの一つ。

 

ギャッベの魅力

①思いを織り込む

ゾランヴァリのギャッベには

「オールドギャッベ」

「プロデュースギャッベ」

がある。

 

「オールド〜」はオーダーによる

「商品」のためのギャッベでなく

純粋な遊牧民の感性で作られた物。

f:id:mashley_slt:20180612141057j:image

 

例えば有名なのが「生命の樹」

f:id:mashley_slt:20180612140918j:image

 

木を神秘的な存在と考え

根っこの現生から空に向かって

枝を天国の階段として表現。

 

MS家のギャッベは「プロデュース〜」

 

モダンな生活様式でも使えるようにと

図案を元に遊牧民たちが織ったもの。

f:id:mashley_slt:20180612141728j:image

 

図案があると言っても一点一点手作業で

同じ物は2つとない。

 

彼らの生活場所にギャッベを置いた写真。

f:id:mashley_slt:20180612141750j:image

 

これを見るとしっくり馴染み

「プロデュース〜」でも

彼女たちの自然への感性を感じる。

 

②素晴らしい色彩感覚

カシュガイ族の女性たちの服装は

非常に華やか

f:id:mashley_slt:20180612010554j:image

 

どの写真でも赤や緑など

何色もの鮮やかな色を自由に着こなし

色彩感覚の豊かさを感じる。

f:id:mashley_slt:20180612010627j:image

 

その感覚がギャッベにも現れている。

 

ギャッベにはいろんな色があって

鮮やかなものが多い。

 

ただ一色のみというのは見かけない。

 

例えば赤だけの絨毯でも

微妙にグラデーション。

 

それは自然の色から

インスピレーションを

得ているからだそうだ。

 

自然にはいろんな色が入っている。

夜も黒でなく青や赤が混じっている。

 

自然を感じながら培ってきた

豊かな色彩感覚を惜しみなく

発揮していると言える。

f:id:mashley_slt:20180612141817j:image

 

③撥水性と耐久性

原料の羊毛は油分を含んでいる。

f:id:mashley_slt:20180612141920j:image

 

だから多少水をこぼしても

弾いてくれる。

 

それからカシュガイ族の織る

ギャッベは耐久性に優れている。

 

彼らの住む地方は寒暖の差の激しい

乾燥した地域。

f:id:mashley_slt:20180612142055j:image

 

だからウール自体が

コシがあって強い。

 

実際「オールド〜」とは30〜100年

使われている物を指している。

もちろん100年以上経ったものもある。

 

つまり大事に使えば

100年いやそれ以上持つことも。

f:id:mashley_slt:20180612120756j:image

 

ちなみにお手入れは掃除機で十分。

クリーニングは約10年に一回。

 

④夏も冬も

ウールのもう一つの特徴は

「熱伝導率が低い」こと。

f:id:mashley_slt:20180612120711j:image

↓熱の伝わりにくさの話 

 

 

冬は暖かく夏は涼しい

 

湿気を吸収して蒸発する時に熱を

奪うから夏は涼しく感じる。

f:id:mashley_slt:20180612120653j:image

 

つまり一年中敷きっぱなしでも

問題ないってこと。

 

お母さんと義母さんの思い

 

富豪でないMS家がこんなにすごい絨毯

どうやって手に入れたのか?

 

それは義母さんからの結婚祝い

f:id:mashley_slt:20180612142337j:image

 

だからこのギャッベには

遊牧民のお母さんたちの想いと

義母さんからの想いも込められている。

f:id:mashley_slt:20180612144530j:plain

(お店に見に行った時)

 

夏も冬も一年中ずーっと一緒に快適に過ごせるギャッベ。

そしてアートとして目で見ても楽しめるギャッベ。

 

そんな風に夫婦でこの家で

ずっと一緒に快適に過ごしていきたい。

f:id:mashley_slt:20180612142157j:image

 

ギャッベの魅力にずきゅん

って思っていただけたら応援クリック

お願いいたします♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

↓各SNSでMS家のお部屋が見れます。

f:id:mashley_slt:20200126223251p:plain     f:id:mashley_slt:20200126223254p:plain    f:id:mashley_slt:20200126223256p:plain