<お出かけ>オーストラリアを思い出しながら暮らしと働き方を考える

まずは感謝を述べたい…

 

昨日もたくさんのコメントとスターありがとうございました!

こんな嬉しいコメントも。

f:id:mashley_slt:20180205140927j:image

ぜひ来てくださいよ!!

兵庫ですが…

遠いですね…

id:aki_saka_1231さんは熊本にお住いのブロガーさん!

 

嫁氏の実家も九州なんですよ。

f:id:mashley_slt:20180205160325j:plain

 

いつもブログから滲み出る暖かさや家族愛に嫁氏はいつもほっこりしています。

ぜひアクセス!

 

オープンハウス終わってからも我が家にくるお客様はウェルカムですよ。

(友達周りにいないんでね…(遠い目))

 

そのときは合言葉をお忘れなく!

「嫁氏は椅子を愛してる」

これが合言葉!

 

というわけで、今年後期の目標は(まだ前期だけど)

人がいっぱいくる家にすること!

 

夫氏「まず友達つくらなきゃね…

 

それな!

友達はみんな県外か国外ですからね…

夫氏「そういえばオーストラリアではどんな暮らししてたの?」

f:id:mashley_slt:20180205123613j:plain

 

じゃあ今日はそれを話そうか?

夫氏「また家づくりと関係なっしんぐ…」

f:id:mashley_slt:20180205144008j:image

 

いや、オーストラリアの暮らしから日本の暮らしを考えてみるよ!

f:id:mashley_slt:20180205134901j:plain

(シドニーのアパートの裏庭)

 

 

 

なぜシドニー?

 

嫁氏は10年ほど前シドニーへ行きました。

f:id:mashley_slt:20180205123734j:plain

 

目的は「現地の企業で働く経験をすること」!

ロースクール目指して法学部で勉強していた嫁はあきらめたのだ!

夫氏「なんで?」

 

リスク高いから!

当初、ロースクール卒業者は半分以上

新司法試験に合格させると言われていた法曹改革。

蓋を開けたら合格者わずか!

しかもロースクール卒業者は3回以内に合格しないと受験資格がなくなる

 

馬鹿高い奨学金を組んでやるには

アホな嫁氏にとってはちょいリスキー

と踏んですっぱりあきらめましたとさ。

f:id:mashley_slt:20180205144158j:image

 

そのとき塾講師してて教育に興味あったから先生になるぞ!

とシドニーへ。

f:id:mashley_slt:20180205123935j:plain

 

夫氏「なんでシドニー?なんで海外?」

f:id:mashley_slt:20180205135113j:plain

 

英語の教員になりたかったんだけど、法学部卒だったし、

留学するお金なんてなかったから

じゃあ働く経験したい!と思って行ったのだよ。

いわゆるワーホリビザってやつ。

f:id:mashley_slt:20180205124301j:plain

 

ワーホリビザでは働いてもいいし、遊んでもいいし、

語学学校に行ってもいいよというビザ。

f:id:mashley_slt:20180205124411j:plain

 

しかーし、嫁氏の目標はただ一つ!

「現地の企業で働くこと!」

f:id:mashley_slt:20180205152114j:plain

(中心街のショッピングモール)

 

現地の企業で働くことで、ビジネス英語力もつくし、

考え方も学べるし、海外ではどんな働き方をして暮らしているのか

自分自身で体験して知りたかったのだ!

f:id:mashley_slt:20180205134401j:plain

 (街の中心地、シティホール)

 

いきなり仕事を見つけるのはなんだから最初はホームスティしながら

友達作りに語学学校へ。

f:id:mashley_slt:20180205124651j:plain

(学校の裏にあるビーチ)

 

勉強した後は毎週末ビーチでBBQ!

楽しかったなぁ。

f:id:mashley_slt:20180205125612j:plain

(横で結婚式やってました)

 

ただ、嫁氏の目標はただ一つ!

「現地の企業で働くこと」!

だから仕事探しもガンガンやった!

f:id:mashley_slt:20180205130408j:plain

(街中には近代的な建物も)

 

英語を使いたきゃ自分で環境を作れ!

 

仕事はたくさんあった。

でもワーホリ向けの仕事って

「日本人相手のおみやげやさん」

「日本食レストラン」

が圧倒的に多い。

 

あるとき、カフェのPCで仕事探ししていていると

f:id:mashley_slt:20180205130011j:plain

隣に座った日本人のにいちゃんが話しかけてきた。

「ねえちゃん、仕事探してるの?

だったら日本人がいないところがいい。

ただオーストラリアにいたいだけなら別だけど、

英語使ったり現地の人と関わりたいなら

いわゆる『ワーホリ向け仕事』はやめときな

俺はワーホリできて今延長で2年目だけど

英語使わないから全くしゃべれないんだよ…

f:id:mashley_slt:20180205153300j:plain

 (ワイン用の畑)

 

そう、海外に行ったからといって英語がしゃべれるわけじゃない!

自分でしゃべる環境を作らないと日本にいるのと変わらないのだ!

f:id:mashley_slt:20180205133816j:plain

(夏になるとバスの運転手さんはサンタになる!)

 

だが仕事を探すもなかなかない…

食いつなぐために、

単発で日本人経営のビデオショップとか

レストランの給仕やったけど

やっぱり英語はあんまり使わない。

f:id:mashley_slt:20180205135326j:plain

(ビーチの近くにはお土産屋さんが多い)

 

これじゃ日本と変わらない!

お金もそこをついてきたし帰ろうか…

f:id:mashley_slt:20180205134038j:plain

 

とおもったそのとき、

応募していた現地企業から連絡が来て採用!!!

 

救いの神はいたのだ!

f:id:mashley_slt:20180205131153j:plain

 (流行っていたアパレルブランド。落ち込んだら見て笑う救いの神)

 

仕事はヘッドオフィスの情報管理。

日本人スタッフもいたが、ほとんどは現地のスタッフ。

しかもポジション的には契約社員のような形!

時給は20ドル以上。

オーストラリアの当時の最低賃金14ドルを考えるとすごいことだ!

 

嫁氏の時代が到来した瞬間であった…

f:id:mashley_slt:20180205152425j:plain

 

ハレルヤ!

f:id:mashley_slt:20180205134142j:plain

 (映画『オーストラリア』のプレミア。生のニコール・キッドマンは美しい…)

 

現地企業で働いてみて

 

日本といろんな違いがあった。

ただ、ここに書くのはあくまで「嫁氏が働いた会社」で

だから全ての企業がこうとは限らない

f:id:mashley_slt:20180205153539j:plain

(シドニースターウオーズ展)

 

①オンとオフをくっきりわける

会社ではみんな定時帰宅

少しでも時間を超えたら「早く帰れ」と急かされた。

時給だったということもあるけど、他のスタッフもそんな感じ。

むしろ残ってやる人は「仕事が遅い」「できない」とみなされる。

f:id:mashley_slt:20180205135434j:plain

(会社帰り。明るいうちに帰れます…)

 

金曜日の5時ぐらいになると

エレベータへの徒競走が行われていた。

 

ゆるい。 

f:id:mashley_slt:20180205160025j:plain

②割と自由

これは嫁氏の会社だけかもしれないけど

音楽を聞きながら仕事する人が割といた。 

f:id:mashley_slt:20180205135900j:plain

(あ、これはロンドンのapple storeです)

 

ヘッドオフィスから他の部署にヘルプで入った時も

個装作業を真剣にやっていたら

「そんなふうにやってたら退屈でしょ?

iPod持ってないの?」

むしろ勧められた。

 

周りを見渡すと、50過ぎのおいちゃんがノリノリで

荷物を詰めていた…

 

あと、ある日同じ部署のジョー(仮名)が会社にこないことがあった。

みんな心配しているとジョーはランチ前に出社!

ジョー寝違えて首痛いんだよね…」

みんな「お前さんまた飲みすぎて道で倒れてるんじゃないかと思ったぜ!HAHA」 

f:id:mashley_slt:20180205140003j:plain

 

ゆるい。

 

③転職はステップアップ

嫁氏が働いている時も転職するスタッフがいたが、

お祝いパーティまでやっていた!

「次頑張れよ、裏切り者!笑」パーティ

盛大に送り出すのだ。

f:id:mashley_slt:20180205132412j:plain

(パーティでは料理がやまもり…こぼれてるし…)

 

また、オーストラリアでは企業に履歴書を出す時「推薦状」

を求められることが多い。

今働いている会社の上司に「こいつはすげーやつだぜ」

と書いてもらわなきゃいけない。

f:id:mashley_slt:20180205153820j:plain

(こいつぁーすげー崖だった!)

 

つまり、転職はステップアップの一つで、

息をするように当たり前のことのように感じた。

f:id:mashley_slt:20180205132645j:plain

(道端では当たり前のようにカートが置きっ放し。家の裏)

 

先のスタッフは転職してからも前の職場に気軽に遊びに来て

ランチに会社の電子レンジを使っていた。

理由を聞いたら、

「今の職場の電子レンジが壊れているんだよね」と。

 

ゆるい。

f:id:mashley_slt:20180205155920j:plain

 

もうちょいスローダウンしないかい?

 

こんな感じで月曜〜金曜まで働き、

仕事の後はビーチや近所を散歩。

f:id:mashley_slt:20180205133330j:plain週末はビーチでBBQ、土曜日は家飲みかバーでパーティ。

f:id:mashley_slt:20180205155204j:plain

(酔って取ったらセブンチェアもどきが映ってた…)

 

たまに野外イベント。

f:id:mashley_slt:20180205133002j:plain

f:id:mashley_slt:20180205133047j:plain

 新年のカウントダウンは大盛り上がり!

↓クリックで再生。音量注意!!

 

そんなゆるゆるな生活だった。

時間がゆっくり流れていた。

f:id:mashley_slt:20180205155816j:plain

 

日本に帰ってくると時間の流れ方が早すぎるとまで思った。

特に教員を始めてからやめるまで毎日があっという間だった。

f:id:mashley_slt:20180205145021j:image

f:id:mashley_slt:20180205145034j:image

(中学生向けのオープンスクール授業)

 

嫁は日本が好きだ。

だから戻ってきた。

でも、ちょっと力を抜いてもいいんじゃないかと思う。

f:id:mashley_slt:20180205145714j:image

(いや、これは力抜き過ぎ…)

 

シドニーでは「仕事が一番」ではなかった。

仕事は日々の生活を送るため、

週末家族や友達と過ごすための手段。

f:id:mashley_slt:20180205154644j:plain

 

もちろん、オーストラリアの働き方を全面肯定するわけでない

失業率は約5%と日本より高い。

ホームレスも日本よりたくさん見かけた。

 

それでも、もうちょっと力を抜いて、

もっと家族や大事な人と過ごす時間があってもいいのではと思う。 

f:id:mashley_slt:20180205152928j:plain

f:id:mashley_slt:20180205153118j:plain

(最初のステイ先)

 

もちろん、お金がいっぱい欲しい人も中にはいる。

価値観はみんな違う。

 

それにお金もある程度大事。

MS家だってローンを早く返せたらどんなにいいか…

肉が食べれたらどんなにいいか…

ラム肉うまかったなぁ…

f:id:mashley_slt:20180205130856j:plain

 

だけど、個人的にはお金がたくさんあっても

家族や大事な人と過ごす時間は帰ってこないと思うのだ。 f:id:mashley_slt:20180205145936j:image

 

働き方を変えていこうとするなら、

「プレミアムフライデー」のような経済活性化のための政策でなく、

「家族の元へ早く帰れるような働き方」

「もっと自分の時間を大事にできる働き方」

そういう暮らし中心の働き方

を考えていくほうがいいのではないか。 f:id:mashley_slt:20180205145644j:image

 

あの場所で過ごしたゆっくりと流れる時間を思い出しながら

そんなことを考えます。

f:id:mashley_slt:20180205130644j:plain

 

〜今日の名言〜

Hugh Jackman(ヒュー・ジャックマン)オーストラリア出身俳優 

 

ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]

When I come home, my daughter will run to the door and give me a big hug, and everything that's happened that day just melts away. 

家に帰るとな、娘がドアのとこまで走ってやってきて

俺にハグしてくれるんだよ。

そうするとその日に起こったこと全部消えちまうのさ。

f:id:mashley_slt:20180205174416j:plain

https://pin.it/ggok4fcl7zah2y

↓ オーストラリアのゆるさもいいねって思っていただいたらクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

 

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

家族や自分の時間を大事にする暮らしが理想です。
家づくり

家づくりは幸せに暮らすための手段だと思います。

目的ではないです。
みんなのWeb内覧会

インテリアを見ると暮らしがちょっぴり見えてきます。

 

〜昨日のはてぶコメント返信〜 

みなさん全員に返信したいのですが、

有難いことにコメントをたくさんもらっているので、

いくつかピックアップして返信します☆

はてぶ、はてぶコメント、スターをくださったみなさんありがとう♪

 

>id:rkssd0717さん ありがとうございます!

褒めても椅子の写真しか載せられませんよ!笑

リノベどうなるのかブログで楽しみにしています!

 

>id:riannkaさん これはまだマシな引き出しです!

二段目、三段目と下に降りるたび、魔境へ入っていきます…

 

>id:sumino72さん よーくわかります!私も昔そうでした!

でもキリがない!と思って、収納ごとに何を入れるかのテーマを決めました。

例えば、「小さいチェストは嫁氏の書類用」「大きなチェストは夫氏の書類と手続き関係」などなど。

あとは、何を入れるか決めたのであれば、「どのくらいまで中身が増えるか」予測して収納の大きさを決めるようにしました。書類であればある程度増えることを予想してちょっと大きめにします。

そして、その容量を超えるぐらいの書類になったらいらないものは処分しています。

 

>id:KihiminHamameさん まず収納から本を出して入れ替えましょう笑

くずし字の本とかワクワクするような本がいっぱいあるんでしょうね♪

 

インスタグラム↓

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

 

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain