〈家づくり〉ドアに一工夫!玄関ドアを海外インテリアに

昨日の昼間のオタク訪問じゃなかった、お宅訪問では

 f:id:mashley_slt:20171215180220j:image

エアコンのダクトや

 f:id:mashley_slt:20171215180842j:image

f:id:mashley_slt:20171215181014j:image

コンセント

 f:id:mashley_slt:20171215180852j:image

玄関の天井

 f:id:mashley_slt:20171215180929j:image

などがついてました♪

昼間観ると我がMS家は立派である!フハハハハ!

f:id:mashley_slt:20171215181038j:image 

f:id:mashley_slt:20171215181056j:image

そして、

ドアキタ───(≧∇≦)────♪

f:id:mashley_slt:20171213214146j:image

かっけー!!

f:id:mashley_slt:20171215181244j:image

ただ、カッケーだけじゃありません!

我が家のドアには二つのこだわりがあります。

 

①「よいデザイン」が「買いやすい値段で」実現できる輸入ドア

我がMS家は「株式会社ナガイ」の輸入ドアを採用。

f:id:mashley_slt:20171213224424j:plain

シンプソン(玄関ドア)

 我がMSが目指す外観コンセプト「ロンドンのアパートメント」

上部にガラスがはめ込まれたドアが多く見られます。

f:id:mashley_slt:20171213234557j:image

Green Door | Green front doors, Front doors and Doors

 f:id:mashley_slt:20171213234431j:image

loveliest red door in london #red #door #london | my very own pins | Pinterest | Doors, Front doors and Gates

 

そこで、ナガイさんの「シンプソン」を採用。

 

このドアのよいところは「よいデザイン」を「買いやすい値段で」という点。

(なんかイームズみたい…)

 

f:id:mashley_slt:20171214211801j:plain

Charles Eames chair | Golden Age of Pipes | Pinterest | Charles eames, Eames chairs and Bauhaus

f:id:mashley_slt:20171214213819j:image

 

通常、本物のアンティークやヴィンテージのドアって 

5万のものから50万円するものまで幅広い値段で売っています。 

 
 

すてきですねぇ。

 

「おっ!これ安いじゃん」と思ってもちょっと待った!!

アンティークやヴィンテージのドアをお手頃の値段で見つけても、

それは「ドア本体」のみの値段

これにドアノブドア枠などつけてもらうと結構な値段になるそうな。

f:id:mashley_slt:20171215181317j:image

それから、日本の住宅の規格に合うかも難しいところ…

(つけたい方は必ず業者さんに相談してくださいね) 

かっこいいですが、金銭的余裕はないし、

そんなのつけた日にゃ玄関ドアが取られやしないかと気になって眠れなくなります

 f:id:mashley_slt:20171214194851j:image

そんな我が家にシンプソンドアはピッタリでした。

運命の出会い!!(これで眠れます)

モールディングの装飾なので、ロンドン感をバリバリだしてくれます。

 f:id:mashley_slt:20171214195246j:image

ただし、本場ロンドンのドアが「内開き」なのに対し、我がMS家ドアは「外開き」です。

 

欧米のドアって基本は「内開き」です。

なぜなら、歴史的に見ると、敵がドアを破ろうと攻めてきたときに内側からドアを抑えて撃退するためでした。

f:id:mashley_slt:20171214142754j:image 

一方、日本は靴を脱ぐ文化であるため、内開きだと玄関が狭くなってしまうんですね。だから「外開き」が多いです。

 f:id:mashley_slt:20171214142822j:image

我が家は玄関で靴を脱がず、横のシューズクロークで脱ぎますが、お客様には広い玄関で脱いでいただきたいので「O・MO・TE・NA・SHI」精神で「外開き」を採用しました。

本気のロンドンにするなら「内開き」なんでしょうが、「O・MO・TE・NA・SHI」精神を捨てたくはありません!!

よって、「外開き」のロンドンドア、黒塗装です!

 f:id:mashley_slt:20171214180517j:image

(作画・嫁)

 

②装飾で変える

先週のこだわり表札に引き続き 

ロンドンアパート度を上げるため、ドアにはちょいと仕掛けを致します。フフフ…

 

 実は、先日楽天でこれを購入しましてね、

 

ジャン!我が家の番地ナンバープレート。いいですね〜♪

 f:id:mashley_slt:20171214142852j:image

(椅子は商品には含まれませんよ!絶対手放すものか!夫氏「誰も取らないって…」)

 

真鍮でできているのでアンティーク感があります♪

f:id:mashley_slt:20171214143033j:image

一つ670円ですごい効果を発揮します!

f:id:mashley_slt:20171214143050j:image

どこにつけるかと言うと、

 f:id:mashley_slt:20171214202825j:image

このようにドアの上に打ち付けて装飾と番地お知らせの役割をもたせます。

 

ロンドンのアパートでは表札がない代わりに、このように番地プレートが掲げられています。

f:id:mashley_slt:20171213211927j:image

https://pin.it/72lur3byz6zjjz

f:id:mashley_slt:20171213212018j:image

https://pin.it/jt5ekkcto7k54j

 

よいですねぇ。

このスタイルを670円×2で実現

 

ドアをロンドン化する方法としては他にドアノッカーをつける方法があります。 f:id:mashley_slt:20171214155932j:image

https://pin.it/5chu5utweo5l4p

 

 

 

 

ただ、我が家は玄関側の装飾が多く、

f:id:mashley_slt:20171214155757j:image

反対側がシンプルなため、バランスがとれなくなるので断念。

かっこいいんですけどね。

f:id:mashley_slt:20171214155815j:image

よってこんな感じになります!

f:id:mashley_slt:20171214181148j:image

いいですねぇ♪

 

我が家のように月一回の丸亀製麺ごはんで大喜びする貧民でも

 f:id:mashley_slt:20171215181503j:image

かっこいいインテリアは実現できます!

「こんなインテリアにしたい」と思ったら、

とことんリサーチして、相談して、工夫して

ぜひあなたのやりたいことを実現してください♪

絶対に方法はあります!!

 f:id:mashley_slt:20171215181428j:image

↓我が玄関のロンドン度の数値がいかほどかちょっとでも気になっていただけたらクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログへ

 

トラコミュやってます↓

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

住んでみてどうかの感想は大事です。
家づくり

ブログ書いてる人はどこのドアか書いてくれる親切な人が多いです。参考にしよう。
みんなのWeb内覧会

最近のドアの種類ってものすごい豊富です。

インスタグラム↓

f:id:mashley_slt:20171127111339p:plain

Room Clip↓

f:id:mashley_slt:20171127114158j:plain